人気ブログランキング |

日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
home interio..
from home interior ..
myspace anim..
from myspace anime ..
attraction f..
from attraction fatal
antioch apar..
from antioch apartm..
himno nacion..
from himno nacional..
cell phone a..
from cell phone ant..
addiction dr..
from addiction drug..
gourmet hous..
from gourmet housew..
canada downl..
from canada downloa..
lock make pi..
from lock make pick..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

上半身の痛みには

先日のブログで夏の疲れか「痛い痛い」という感じで来られる方が多く、座位の誇張法で調整をしていくと結構いい感じで痛みがとれているというご報告をさせていただきました。勿論、一度で完璧に痛みをとってあげることは私では無理なので何回かいらしていただくと、特に上半身に痛みがある方は、それが肩であっても腕であっても首であっても肩甲間部であっても皆さん上胸椎から下頸椎にものすごく乱れがあるように見受けられます。S字状を描いているというかノの字を描いているか、とにかく首が肩の上にしっかりのっていない感じがします。そういった方を骨盤、から順に下から調整していくと歪みがものすごく気になる椎骨が出てきます。私の目にはそれは頸椎の6番のような気がするのです。

例えば患者さんの痛みが右側になると、頸椎の6番の棘突起は左にずれているように見えますし、逆に左に痛みがあると右にずれているように私には見えます。それで、その6番を中心に調整していくと、特に首から上胸背部、肩や腕といった上半身の痛みがかなりラクになるようなのです。

夏休み明けに左の肩が痛い、痛いといっていらっしゃった50代の女性、最初は座位の誇張法でラクになり、次に頸椎6番の調整でその日は左の肩から背中にかけての痛みがなくなったとおっしゃいました。そして忙しいからとしばらくいらっしゃらず、先日一カ月ぶりに来院されました。するとまた、左肩が痛くなり、背中まで痛みが走るとおっしゃいます。そこでうつ伏せで調整していると「肩がだんだん痛くなってきた」とおっしゃいますので、仰向けになってもらうと痛みが減るそうです。そこで、骨盤、浮肋骨、左の肘を誇張法で調整し、痛みの具合を伺うと「さっきよりラクになった」とのこと。そこで頸椎を調整しようと思い、首をゆっくり捻ると左にはいくけど右には向きづらいとおっしゃいます。そこで頸椎6番を触ると棘突起が右にいっているような感じがしますので、右手の中指で頸椎6番の皮膚を右にずらしながら、頭が落ちないように気をつけてそーっと向きづらい右に捻っていくと今度は痛みなく頭を動かすことができます。そこでしばらく保持して、今度は頸椎6番なしに右に向いてもらうと今度は痛みなく向けるそうです。すると「肩が痛くない」とおっしゃいます。そのまま頸椎を誇張法で調整、後頭骨と側頭骨を調整、座っていただくと左肩から背中への自発痛はないそうです。しかし、左手を後ろに回すのは無理とのことなので、今度は座位で頸椎7番から5番まで調整すると左手は後ろに回しやすくなり、それから肩鎖関節を調整するとさらに回りやすくなりました。

こんな感じで以前、四十肩的な痛みには肩鎖関節を中心に考えていましたが、最近は自発痛が肩鎖関節ではとれないことも多いため、まず、頸椎6番を中心に念入りに調整すると自発痛がかなりラクになるので、そこから肩鎖関節を調整すると患者さんも満足して施術を終えることが出来るようです。

また肩から腕にかけてのしびれと痛みが合わさったような方にもまず、誇張法で6番を調整するとかなりラクになり、それから〆に6番の横突起を押しこむ誇張法で操作するとさらにラクになるようです。寝違いのような首の痛みも先ほどのようにまず、仰向けの状態で頸椎6番を操作しながら首を回旋できるようにして、もう一度座位で調整するとかなり改善するようです。また、肩こりのひどい方、肩甲骨の間がどことなく痛い方にも頸椎の6番を調整すると患者さんも満足して帰っていただけるようです。

この頸椎6番の調整を発見し、それまでは骨盤から頸椎まで一個ずつがんばって誇張法で調整していたものをだいたい頸椎7番か胸椎1~2番から調整していくだけで効果が出せるので時間短縮にもなりとても最近重宝している椎骨です。

均整法では頸椎6番は鞭打ちや肘の急所、甲状腺の調整点、呼気中枢と呼ばれています。ですから首の痛みには納得がいきますが、肩や肘だけでなく上腕から前腕までの症状、背中の症状までどうしてここで効果がこんなに出るのか非常に不思議です。

理由はなんであれ、とてもよい場所を発見できました。

by kaiondo102 | 2010-10-24 23:53 | 長野式とオステオパシー | Comments(2)
Commented by のり at 2010-11-20 08:29 x
先日勉強会で話した臀部の痛みが取れない患者さんの件です。
胃の気様に前脛骨筋へ処置してから臀部の治療をするようにしましたらウソのように改善しました。
先生アドバイスありがとうございました。
Commented by kaiondo102 at 2010-11-20 23:35
やっぱ、胃の気は大事っすね。でも、そんなアドバイスしましたっけ???
<< いざ、イギリスへ その後の犬 >>