日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
たった40分で2キロやせ..
from 失敗しようがないダイエット特集
あなたの落ち込みも解消し..
from 「宇宙科学の法則」知花敏彦公..
エステティックを学ぶなら..
from 資格試験@合格情報館!【資格..
ecfxpqp
from ecfxpqp
こんにちは、いつもお世話..
from 漢方薬のホミカ薬品店
chart seatin..
from chart seating ..
loterie gree..
from loterie green ..
cruises from..
from cruises from g..
endless summ..
from endless summer..
child destin..
from child destineys
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

上達するということ 1

以前、首が動かずあごの下をゆるめたら首の動きがラクになった女子高生、受験勉強の為に肩がバンバンに凝ってしまい、それから2週間に一度ぐらいのペースで来ていました。

とにかく彼女の肩コリには手を焼かされました。普通、高校生ぐらいなら全身を調整して30分ほどで肩コリはほとんどとれるはずなのですが、彼女の場合はそうはいきません。全身を調整しても「まだ痛い」とうことで肩周りを誇張法でありとあらゆる方向と場所からゆるめます。受験日が近くなるにつれてとどんどんひどくなり、片方の肩に10分もかかり肩だけで20分使うこともありました。こういうようにあちらこちらが痛む場合は、必ずどこかに原因があるはずなのですがなかなかそれが掴めません。

ストレスかなと思って横隔膜やダン中など調整してもいまいちですし、目の疲れか頭の疲労かなと思ってかなり歪み始めた頭を丁寧に施術してもだめ、矯正をしているのであごを調整してもぱっとしません。そんな時、ふと仲間が「壊したときの形で調整する」とよく言っていたのを思い出しました。一日中の受験勉強、鉛筆をきっと握りしめている形で毎日を過ごしているのでは、と思い上腕二頭筋を触ってみると「うわっ」と言って痛がります。ということは腕を曲げていることで壊したのかな、と思い上腕二頭筋腱を押さえるとまたかなり痛がります。そこでなんちゃってスティルテクに上腕二頭筋をゆるめて「肩どう」と聞くと「かなりラク」とのこと。そのまま肩井と小腸経のエリアをゆるめると前回わ片方10分かかっていたものがものの一分で「痛くない」と言い、反対側もなんちゃってスティルテクで上腕二頭筋腱をゆるめるとそれだけで肩が随分ラクになり、やはり数分であれほどしつこい肩コリが解消してしまいました。次の週に来た時は、あれから随分ラクだったと言っておりました。

同じく、右腕のしびれと痛みを訴えるピアノの先生もあれこれやってもなかなか改善せず、やはり「壊した形で調整する」という言葉を思い出し上腕二頭筋腱をなんちゃってスティルでゆるめると、その瞬間にしびれがスパッととれたことがありました。その方もかなり喜ばれて「人生でこんなに手が軽くなったのは初めてだ。羽がはえたようだ」とおっしゃってをのまま右の腕のしびれがとれたこともありました。

これらの症例で助けられたのは仲間の「壊した形で調整する」という何気ない一言でした。
[PR]

by kaiondo102 | 2011-03-02 23:18 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : https://kaiondo102.exblog.jp/tb/15598209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tomo at 2011-03-03 08:59 x
最近、シビレについて疑問を持ってます。世間でよく使われる言葉だからこその患者の表現なのではないか?と思い。たぶん、シビレと言う言葉がなければ、別の表現であり・・・つまり患者も術者も言葉に踊らされてる?特に整形外科医とその情報を聞いた術者。頭の中白紙の状態で治療に臨めば・・・ほとんどが、いわゆるシビレではないような感じがします。手に関しては、上腕二頭筋の筋膜を調整すると消失することが多いように感じてます。それでも頚部からって言えるのか疑問です。
Commented by kaiondo102 at 2011-03-03 22:49
私も安易に頸椎からと決めつけるのはどうかと思います。いってみれば、椎間板ヘルニアと腰痛の関係に似ているのかもしれません。

まあ、6日に色々とビールでも飲みながら話しましょう。
Commented by kaiondo102 at 2011-03-04 23:03
ありがとうございまーす
Commented by 伊達直人 at 2011-03-06 22:52 x
冗談はともかく・・・使い過ぎも問題ではありますが、使わなすぎの方が、施術者は手を焼くように感じます。凝ったのは弛めることは出来ますが、力のないのを第三者が何かをするのは難しく、そういう方には運動でもしてもらう方が良い場合があるように感じます。
また、遠隔から攻めたり、間接法を用いることが多いと思いますが、どうしても患部を直接操作しないと変わらない場合も多々あります。その辺をどうやって見極めるか・・・。
Commented by tomo at 2011-03-07 08:37 x
きのうは楽しい時間をありがとうございました。
首の調子がいいです。頚部周囲の緊張がとれたおかげで、アトピーの方も調子いいです。交感神経の緊張が胸鎖乳突筋と密接であることを身をもって体験することができました。ありがとうございました。渡英までお互い体調には気をつけましょ~(・ω・)ノでは!
Commented by kaiondo102 at 2011-03-07 16:58
伊達先生

その見極めがまだまだ私は甘いです。回りまわってやっと探すことができる、ということばかりであります。でも、簡単に上達しませんしのんびりと楽しみながら経験を重ねていくしかないですね。

tomo先生

こちらこそありがとうございました。昨日も楽しく飲めました。

体調のほう少し改善して良かったです。ポイントは側頭骨のような気がしたのですが。

本当に体調を崩さずお互い楽しくイギリスを楽しみたいですね。
Commented by tomo at 2011-03-08 08:22 x
右側の顎関節症の患者が来ました。胸鎖乳突筋の緊張が強かったので、さっそく?w側頭骨にアプローチ・・・なっちゃって誇張法を行い後頭骨、下顎骨緩めましたが、緊張が取れませんでしたが、
C1を操作したら、緊張が軽減しました。ヨカッタwと思うと同時に勉強しなくては~と思いました。(・ω・)ノ長野式で素人に最適の本があれば、ご紹介下さい。簡単な全体像が分かる本があると助かります。次の講習までに勉強したいので・・・よろしくお願いします。では!
Commented by のり at 2011-03-08 08:35 x
報告遅れてすいません。治療後ビールを飲んだおかげで昨日は二日酔い気味で身体の調子は良くありませんでした…
今日は背中など辛くない感じです。
K君ありがとう~またお願いします~
Commented by kaiondo102 at 2011-03-08 22:30
tomo先生

長野式の全体像の解る本ですか。うーん難しいですね。長野先生の本は難しいし。今度、松本先生の過去の論文をお貸ししますのでコピーして読んでみるとよいかもしれません。

のり先生

また、来月ぱーっとやりましょう。
Commented by 鍼灸師見習い at 2011-03-10 18:32 x
痺れとかかゆみとかはなかなか難しいですよね…
自分も実践はなかなかうまく行ってませんが、
「反応点治療」にそのあたりのメカニズムが結構書いてあって面白いです。

ずっと手技と鍼灸の繋がりが見えませんでしたが、
筋筋膜系の勉強したらスッキリしました
Commented by kaiondo102 at 2011-03-10 23:16
鍼と灸と手技、古くから使われてきたこの治療手段ですが、その刺激の違いはなんぞや、というのが私の古くからの疑問です。

でも、治療としては同じところを狙っているのは間違いない気がします。
<< 最近 肺炎の後 >>