日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
ご教授ありがとうございます
by 鍼師 at 06:43
ユーチューブにlymph..
by kaiondo102 at 22:23
リンパポンプとはどのよう..
by 鍼師 at 12:00
こちらこそご無沙汰してお..
by kaiondo102 at 22:44
中野先生、ご無沙汰してお..
by キャンベル・ヨシハラ at 20:36
東洋医学は凄いですね
by kaiondo102 at 16:44
きっと先生のおっしゃる通..
by kaiondo102 at 16:44
リンパポンプは、半ば横隔..
by Isiah at 23:47
先生、凄いです!
by Isiah at 23:38
一旦壊れ始めると、あっと..
by kaiondo102 at 13:40
メモ帳
最新のトラックバック
potomac celt..
from potomac celtic..
anti adware
from anti adware
blockers cal..
from blockers calci..
branson coupon
from branson coupon
pep boy auto..
from pep boy auto p..
garden cente..
from garden center ..
1942 adam ad..
from 1942 adam adam..
alaskan cred..
from alaskan credit..
7.62x39 ammu..
from 7.62x39 ammuni..
sbc white pa..
from sbc white pages
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

方向転換

数か月前に来られたのは首の痛みを訴える60代の女性でした。来られる約一カ月前に急に首が痛くなり、整形外科などに行くも特に変化なし。時間が経てば治るかと思いきや、全然その気配なく今度は方から腕までしびれまで出てくる、とのことで紹介でしぶしぶ来院されました。

首の痛みは顔を上に向けた時と、左に向けた時にズキッという痛みが左の首にあり、特に上に向いた時に左肩から左腕までしびれが走るそうです。寝違いみたいなものかな、と思い施術を開始しました。

踁ヒ関節から骨盤、脊柱を調整、肩周りと頸椎、頭蓋骨を調整して座っていただくと痛みなく上に向けるようになりましたので、その日はそれで終わり念のため、また来週いらしていただくことになりました。

次の予約の日、私はきっともう痛みもなく今日で終わりかなと思っておりました。しかし、実際来られると、まだ左の肩から腕にかけては痛みもありしびれもある、とおっしゃいます。顔を上に向けていただくとこの状態では痛みはまったく無くなったそうですが、それによって左の腕の感覚が変化することはありません。その日は前回の調整に加え、左の肩甲骨回りの圧痛を消し、左の中府に圧痛があるので経渠を操作してその圧痛を消しました。すると、施術後は左腕の痛みもしびれも無くなったと喜ばれ、また念のため次の週に来ていただくことにしてその日もお帰りになりました。

次の週、私は今度こそすっかり良くなりました、という言葉を期待していたのですが、期待に反し施術後帰宅してからまた痛みが戻り、3日ばかり悩まされ今は少し軽くなったとおっしゃいます。首を動かしてもらっても左腕の違和感に変化はなく、となると五臓と関係あるのかなと思ってお腹を押さえてみるも、全然圧痛がありません。カルテをもう一度見ると、お母さんに心臓病ありとのこと。私もご本人に最近受けた健康診断の事を伺うと「心臓が弱い」?と言われたとおっしゃいます。

解らないながら脈を診てみると、リウマチの方の脈に似ているような似ていないような。ダン中を押さえるとぎゃっとなります。そこで左天宗を押さえるとここも強い圧痛が、また確か首藤先生の著書にかかれていた乳頭腋下線て名前でしょうか、左のその部分にも強い圧痛がありました。ということは「心臓関係なの?」と思い、左腕のしびれるところを伺うと、心包経のラインを指します。

ということで心臓を考慮にいれながら調整することにしました。全体を調整後、横隔膜の圧痛、ダン中、左天宗、乳頭腋下線をゆるめ、「どう?」と伺うと左腕の痛みはなくなり、しびれもかすかに残る程度とおっしゃいます。労宮に圧痛がありましたのでその部分もゆるめるとしびれも無くなりましたので、また来週ということでその日は終わりにしました。

次の週に来られた時には痛みはなくしびれもほとんど感じない、とのこと。同じような調整をするとしびれも全く無くなったので、何かあったらまた、ということで終了としました。「どうして痛くなったんでしょうか?」と伺われたので、からだ中で圧痛があったのは心臓の反応点だけですし、お母さんにも心臓病があり、ご自身でも健康診断で心臓の事を指摘された事を考えると、夏ですし、多分心臓が疲れちゃってこういう風になったのかもしれません、ということをお話しました。

すると、その方は(結構こんな訳の解らないところに来院するのは疲れる的な事を臭わせていた)「水をしっかり飲んで、良く歩きます(そして二度と来院しなくても良いように)。」ということで帰っていかれました。

もうちょっと上手く患者さんのからだを把握できるようになりたい、と少々複雑な思いの残った症例でした。
[PR]

by kaiondo102 | 2011-08-03 00:33 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kaiondo102.exblog.jp/tb/16363832
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 伊達直人 at 2011-08-03 09:39 x
筋骨格系と内臓系のアプローチが融合された、手技療法として非常に見事な症例だと思います。
この患者さんは、何が不満なんでしょうね?
Commented by kaiondo102 at 2011-08-03 23:11
良くなってもならなくても、こういう訳のわからない整体なんてのは嫌だ、ということらしいです。
<< 上手くいかなかった例 2 上達するために 5 >>