日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
なんなのか先生 そう、..
by kaiondo102 at 22:29
鍼師先生 誇張法の斎藤..
by kaiondo102 at 22:25
鍼灸>手技>鍼灸と勉強し..
by 整体師改め鍼灸師なんのかなんなのか at 14:49
誇張法でもそうですが、先..
by 鍼師 at 07:55
藤先生 私が軽くやった..
by kaiondo102 at 23:14
鍼師先生 私は虚実か分..
by kaiondo102 at 23:10
拙い鍼灸師の戯言です。 ..
by Isiah at 22:47
要するに氣の流れに沿って..
by 鍼師 at 11:55
久しぶりに私にとって勉強..
by kaiondo102 at 20:50
治療の仕事を人生で初めて..
by kaiondo102 at 20:49
メモ帳
最新のトラックバック
broadway dan..
from broadway dance..
alfred chicken
from alfred chicken
Come and Pay..
from Come and Pay m..
anniversary ..
from anniversary in..
ipod cover
from ipod cover
cooper like ..
from cooper like lo..
subject verb..
from subject verb a..
long distanc..
from long distance ..
alta vista b..
from alta vista bab..
animated smi..
from animated smiley
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

手が動かない

今月から来られているのは、ご自身は10年前に一回しか来られなかったのに、その後何かあるたびに患者さんをご紹介して下さる60代後半の女性です。

主訴は手が動かないということです。そもそもの始まりは、昨年家の片づけを一生懸命にやったら、左手中指が痛くなって、お医者さんに行ったら腱鞘炎と診断されたそうです。その治療のために中指の拳の所の関節(MP関節ですか?)に手の平側から、痛くなるたびに痛みどめの注射を打ち続けたそうです。しかし何カ月か経つとその注射を打っている手の平が腫れてパンパンになって、痛みもさらにひどくなってしまったそうです。注射を打っていた整形外科では、うちでは面倒見れないということで、大きな病院に紹介されたところ、感染症にかかっていて手の中が膿だらけになっていたそうです。そこで急きょ手術をしてその膿を取り出して縫って一件落着かと思っていた所、今度はその縫った傷跡は痛いし、縫ったせいか中指だけでなく親指を除いた四指が痛くて動かなくなり日常生活は右手一本で生活されていたそうです。

リハビリを半年続けるも、全然変化なく、左手は握れないし、握るには右手を使ってよいしょと曲げ、しかし一旦曲げてしまうと今度は手の平を開くことができなくなってしまいます。そこでようやく私の施術所に10年ぶりに来て下さりました。

手の平を見せていただくと、左手の労宮の1cm上から中指の第二関節の少ししたまで縫った後が見えます。そこは触られるだけで物凄くいたいそうです。左手を動かしてもらいましたが、右手を使ってようやくグーにするも中指は手の平を触ることが出来ません。そうしたら今度は右手を使って指をひらいていきます。

早速施術をしました。お身体は物凄く変な感じです。上胸背部が左の方にぐーっと引っ張られている感じで横ずれしています。感染症と長期にわたる抗生物質の投与で脾臓に負担をかけたのでしょうか、左の下部肋骨が凹んでいます。

早速施術をしました。いつも通り、背骨と骨盤を整え、凹んでいる所を押さえ、息が通ってきた感じがしたら仰向けになってもらいました。この時点で左手を握っていただくと、少し指が動きます。いかにも下町のおばちゃんのその女性「あれ~少し動くわ~」と喜んでくださいます。

仰向けで骨盤、帯脈、瘀血、免疫、中脘、左右の期門の圧痛をとり、右肩が四十肩っぽく万歳すると痛むのを、右の大転子が凹んでいるのを押さえると上がります。しばらく押さえると肩が万歳した時の痛みが減ってきたので、左手に取り掛かることに。

この時点でさっきよりももう少し指が握れるようになりました。肩甲骨内縁を押さえながら、指の動きやすいところを探しました。すると肩甲骨下角の少し上を押さえると強圧痛プラス指の動きが少し良くなります。そのままそこを緩めると、またさらに指が動くようになりましたが、まだまだ握れるところまではいきません。

傷の痛みをとってみよう、ということで傷を触りながら、肩偶を押さえると痛みが軽減しますので、押さえた所の痛みが取れるまで肩偶を刺激、拳の関節のちょっと上まで傷の痛みを取っていきました。

これで握ってもらうのですが、まあちょっと良くなったかな?という感じ。その女性も、リハビリ半年やっても駄目なんだからいいです、とおっしゃいますが、もう少し施術を続けます。

とりあえず、凹んでいるところを全部押さえました。まず右の大転子、左の腸骨陵、左の下部肋骨、右の肩、と下から上へ順々に押さえていくと、右の肩を押さえた時に一番、左手が動きやすくなるとおっしゃいます。そこでしばらく右肩を左に軽く押さえます。

30秒ぐらいすると、その女性が「あれ?」とか言いながら自分で左手を握り始めます。指が段々手の平に近づくようになってきて、それまでは曲がると戻らなかったのが、自力で戻せるようになりました。とにかく飽きるまで右肩を押さえてみました。すると5分ぐらいするころには、グーパーがほとんど出来るようになり、右手を反らそうとすると、その拳の関節部が痛みが出るぐらいになりました。さらに数分押さえると、グーパーが随分らくになり、指を反らしても痛みがなくなったそうです。

あれ~、動くわ~と改めて喜んでくださりながら、週一回のペースで来院していただくことになりました。

2回目にいらしたときは、リハビリの先生にもよくこれだけ良くなったとおほめの言葉をいただいたそうです。指の方は1日したらまた動きが悪くなってきたそうですが、私の所に来る前が10だとしたら半分ぐらいに痛みや動かしにくさがなってきたそうです。また、それまでまったく左手を使うことが出来なかったのですが、今は自然に左手で色々家事をしているそうです。

今まで3回いらっしゃいましたが、施術をすると痛みがなくなり、また数日すると動かなくなるというのを繰り返し、今は3ぐらいに減ってきております。施術は毎回同じで、最後は右肩を押さえて終わるというのを続けています。完全に元に戻ることはないかもしれませんが、不自由なく使えるようになっていただけえばと思います。

長野先生の臨床DVDに、同じような症例がありました。確か、コックさんが、包丁で右手をグサッとやってしまったかで、動かないものを長野先生が逆側の上四瀆を使った筋緊張緩和処置で雀啄すると、だんだん右手が動くようになって、松本先生と村上先生が驚かれている症例でした。この症例も私にとっては印象的でありましたが、逆側の全然関係なさそうな所に鍼をして動きを改善するのがカッコよくて、いろいろ頑張ってみたのですが、なかなか上四瀆が探せず上手く使えませんでした。

今の症例は同じようにメスで切られて動かなくなった左手が、右肩を押さえることでどんどん動くようになってくれました。昨年の眼に続く、プチ長野先生が少しできた症例であり、私にとっては、改めて凸凹操法が効果がある、と証明できて、全然関係のない反対側を操作して効果を上げることのできた「俺ってかっこいい~」的なうれしい年明けの施術でありました。
[PR]

by kaiondo102 | 2013-01-29 00:09 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : https://kaiondo102.exblog.jp/tb/18476727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のり at 2013-01-29 08:14 x
凄すぎです!
Commented by Isiah at 2013-01-29 13:53 x
日曜日は勉強会に参加させていただいてありがとうございました。
左手の痛みが右の肩で減るなんてビックリです。早く私もそんな風に出来るようになりたいです!
Commented by kaiondo102 at 2013-01-29 21:42
のり先生

これもたまたまで~す。

isiah 先生

こちらこそありがとうございました。上手くいった症例だけ乗せていますので、くれぐれも誤解なさらないように。
Commented by のり at 2013-01-30 08:12 x
凄すぎです。日曜日に治療して頂きましたが軽くタッチしてるだけで身体が変化してきたの分かりましたし。その内触らずに治療するようになったりして。
Commented by kaiondo102 at 2013-01-30 22:43
咳はどうでしたか???
Commented by のり at 2013-01-31 08:10 x
落ち着いてます。ありがとうございました。
Commented by kaiondo102 at 2013-01-31 21:39
それは良かったです。飲みすぎに注意!!!
<< 子午相関 2 長野式のススメ 3 >>