日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
ご教授ありがとうございます
by 鍼師 at 06:43
ユーチューブにlymph..
by kaiondo102 at 22:23
リンパポンプとはどのよう..
by 鍼師 at 12:00
こちらこそご無沙汰してお..
by kaiondo102 at 22:44
中野先生、ご無沙汰してお..
by キャンベル・ヨシハラ at 20:36
東洋医学は凄いですね
by kaiondo102 at 16:44
きっと先生のおっしゃる通..
by kaiondo102 at 16:44
リンパポンプは、半ば横隔..
by Isiah at 23:47
先生、凄いです!
by Isiah at 23:38
一旦壊れ始めると、あっと..
by kaiondo102 at 13:40
メモ帳
最新のトラックバック
potomac celt..
from potomac celtic..
anti adware
from anti adware
blockers cal..
from blockers calci..
branson coupon
from branson coupon
pep boy auto..
from pep boy auto p..
garden cente..
from garden center ..
1942 adam ad..
from 1942 adam adam..
alaskan cred..
from alaskan credit..
7.62x39 ammu..
from 7.62x39 ammuni..
sbc white pa..
from sbc white pages
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

しびれがとれない・・・

翻訳もひと段落し、子供の高校受験も終わったのでやっとブログを書く気になりました。多くの方が覗きに来て下さいましたが、ほったらかしにしてすみませんでした。

ということで早速症例を。

今年の始めに来られたのは30代半ばの女性でした。5~6年ぶりに来られたでしょうか、その時は腰痛だったそうですがその時以来腰痛は出ていないそうです。今回来られたのは足の痛みとしびれでした。伺うと、数週間前から足が段々痛くなってしびれも出てきたそうです。しびれるのは左足の胆経と下腿の胃経が痛くしびれるそうです。

年齢も30代半ばですし、何回か施術すれば良くなるだろうと思い施術を開始しました。

うつ伏せに寝ていただいて背中の調整を始めたのですが、様子が変です。伺うと身体をのばした状態にすると足の痛みがひどくなるそうです。そこで左を上にして横向きになっていただきました。

胆経ラインの神経痛の痛みは長野式ではL3,4の1側の圧痛をみます。横向きの状態でL3,4の1側を押さえると強圧痛があり、また足の痛みがさらに増すそうです。そこでL3,4の圧痛をとりました。足の様子を聞きますと「痛い」。そこで今度は胆経ラインの痛みのトリガーポイントは小殿筋ですので、その辺りの圧痛を手あたり次第とってみました。とりあえず押さえて痛いのは無くなった時点で、足の調子を伺うと、痛みは変化ありません。仙腸関節をAKAっぽく動かしてみました。痛みは変化ありません。一度試しに仰向けになっていただきました。足が痛むようになってから仰向けで寝たことがないそうです。でもやはり仰向けになると足は痛みます。左の腸骨が超ヘンです。両足を立てると少し楽なので、そのまま左腸骨を調整、帯脈の圧痛を取りますが段々足の痛みが出てきます。困った、足を延ばせないのなら、腸腰筋かな?と思い上前腸骨棘の中に指をさしこむと強圧痛がありますので、手三里で緩めましたが、足の痛みは全然変化ありません。

これは駄目だということで座ってもらいます。座っていると痛みはラクになるそうです。そこで誇張法で背骨を調整します。上まで2回ほど調整したところで、もう一度仰向けになっていただきます。すると痛い。

残念ながら今日はここまで、ということでまた来ていただきました。

3日後にいらっしゃった時は足の痛みもしびれも全然変化していません。座位の誇張法を中心に色々やってみましたが、変化なし。3回目に来られた時は、少し痛みがラクになっているそうですが、しびれは変化ありません。お身体も少し後ろに反らせることが出来ます。施術をしてみましたが、相変わらず仰向けにはなれませんし、しびれもあります。5回目の施術の日、お電話がありました。「痛みはなくなっが、しびれが強いので病院へ行きます」とのことでした。

もう一人は50代女性、左腕のしびれと痛みを訴えて来院されました。

伺うと6年前から年に1~2回左腕が痛くしびれるようになるそうです。普通なら一週間ぐらいで自然に良くなるのですが、今回は2週間たっても変化ありません。左腕の三焦経ラインがおかしい、と手でさすります。

座ってもらい、上を向いてもらうと びりっと痛みが腕に走るそうです。左の斜角筋を押さえると「ぎゃっ」となります。

とりあえずうつ伏せになってもらうのですが、少しすると身体がもぞもぞします。腕の痛みが強くなってきたとのこと。らくな位置を探してもらうのですが、どう手をおいても少しすると痛みが出てくるそうです。そこで仰向けになってもらいました。

仰向けになっても手をもぞもぞします。手を上に挙げておくと少しらくなので、そうしてもらいながら、骨盤・帯脈・瘀血・免疫・肝臓など、腹部の圧痛をとり、肩甲骨周りをゆるめようとあちこち押さえてみても、痛いところがあんまりないそうです。とりあえず、一番凝ってそうな所をゆるめ、天宗をゆるめ、斜角筋をゆるめてみましたが、腕の痛みは変化ありません。凹んでいるところを押さえますが、押さえた瞬間は痛みが無くなるそうですが、押さえている内にまたぶり返してくるそうです。

首と頭を操作しましたが、腕の痛みは変化なし。座っていただいても腕は変化ありません。痛みを我慢してもらいながら、誇張法で背骨を調整しましたが、変化なし。C6が思い切り右に寄っていましたがこれを誇張法で調整しても変化ありません。

甘いものがお好きなので神経痛を甘いものはお友達、という長野先生のお言葉をお伝えしてまた来ていただくことに。

次の日にもいらっしゃいました。仰向けになると腕のしびれは少ないそうなので、骨盤、帯脈、お腹、肩甲骨周り、首、頭を操作しましたが、段々腕をもぞもぞし始めます。どうしよう、と思い三角筋を握って腕をけん引する均整の操作をしてみると、お顔が穏やかになります。その操作が終わると仰向けの状態で少し寝ていても痛みは出ないそうです。「いい感じ」と内心思い、座っていただき背骨の調整を始めると、段々痛みが戻ってきます。困ったと思いましたが、3日後にもう一度来ていただくことに。

3日目に来ていただくと、少しの変化はありました。仰向けの状態では最初から痛みなく寝れますし、腕もご本人いわく「痛みどめのお陰で痛くはない、しびれるだけ」とのことです。前回まであった左の首筋の凝り感もないそうです。

うつ伏せは相変わらずだめなので、仰向けで調整、斜角筋や棘上筋などの圧痛も丁寧にとっていきました。

今度こそいい感じかなと思い、座っていただきます。すると、腕のしびれがないそうです。「いいね」と思いながら軽く背骨を調整して少しすると「だんだんしびれてきました」とのこと。それからはしびれが元に戻ってしまったそうです。

その方、来るのがつらいので来週は様子を見てお電話します(つまり、治らないのでもう来ない)、とのこと。

今年は始まりから2人も施術が上手くいきませんでした。あ~あ、もっと上手くなりたいな~。
[PR]

by kaiondo102 | 2013-03-04 00:38 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kaiondo102.exblog.jp/tb/18715603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のり at 2013-03-04 08:02 x
厳しい症例ですね。変化がないのは辛い。
Commented by kaiondo102 at 2013-03-04 15:55
はい。思い切り凹まされました。
<< kiiko スタイルセミナー 子午相関 2 >>