日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
私は長野先生のような治療..
by kaiondo102 at 08:46
先生のブログを読み、以前..
by Isiah at 23:56
ご教授ありがとうございます
by 鍼師 at 06:43
ユーチューブにlymph..
by kaiondo102 at 22:23
リンパポンプとはどのよう..
by 鍼師 at 12:00
こちらこそご無沙汰してお..
by kaiondo102 at 22:44
中野先生、ご無沙汰してお..
by キャンベル・ヨシハラ at 20:36
東洋医学は凄いですね
by kaiondo102 at 16:44
きっと先生のおっしゃる通..
by kaiondo102 at 16:44
リンパポンプは、半ば横隔..
by Isiah at 23:47
メモ帳
最新のトラックバック
potomac celt..
from potomac celtic..
anti adware
from anti adware
blockers cal..
from blockers calci..
branson coupon
from branson coupon
pep boy auto..
from pep boy auto p..
garden cente..
from garden center ..
1942 adam ad..
from 1942 adam adam..
alaskan cred..
from alaskan credit..
7.62x39 ammu..
from 7.62x39 ammuni..
sbc white pa..
from sbc white pages
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アトピー性皮膚炎を考える 1

私も物心つくころからアトピーに悩まされ、高校の3年間アメリカに居る時と佐川急便でセールスドライバーをやっていた時以外、ずーっとアトピーと付き合っておりました。24歳の時に、仕事のストレスと取引先とのお酒の席の多さでアトピーが物凄くひどくなり、全身に噴き出てしまい、大変な目にあったこともあります。それ以降も顔や頸、手や腕にしょっちゅうアトピーが出ておりました。言ってみればベテランのアトピー患者であり、皮膚科の治療から漢方や鍼灸の治療色々受けた経験ももっております。しかし40を過ぎてここ2年ぐらいでしょうか、今はほとんどと言って良いほど症状は出なくなりました。なんででしょう???免疫力の低下かな??

とはいえ、約40年間はアトピーと付き合ってきたのですから、この病気に関しては色々言わせていただいても良い立場にあるので、今回はアトピーの事について少し書かせていただきたいと思います。

まず、通常の皮膚科の治療ですが、私は子供のころ足しげく皮膚科に通っていた記憶があります。ステロイドの軟膏を塗られ包帯でぐるぐる巻きにされたこともあります。ですが、このステロイド、私からすれば本当に治せるの?という感じがしました。確かに包帯でぐるぐる巻きにされた時は、さーっとアトピーは無くなってしまいます。すごーいと思っているのもつかの間、子供ですから塗るのを忘れるとすぐにかゆくなって、あっという間に皮膚は元の状態に戻ります。ステロイドを塗って肌の状態が改善しても、なんか自分の本当の皮膚でない感じがします。いってみればロウを薄く伸ばしたような感じで、皮膚が呼吸出来ない感じがしました。かゆみは無いのですが、この状態も結構不快です。

また、ステロイドを塗ってアトピーのある部分が良くなっても、すぐ他の所にかゆみが出てそこがアトピーになります。例えば、肘の内側の直径5cmぐらいがアトピーだったとすると、ステロイドを塗っているところは良くなるのですが、その直径5cmの周囲がかゆくなってアトピーが出てきます。また肘の内側が治ったとしても、次は手首がかゆくなったり、膝がかゆくなったりと、他の部位にアトピーが広がります。

ステロイドを塗っていると皮膚は改善するかもしれませんが、体調自体が悪くなります。身体が冷えたり、疲れやすくなります。確か大学一~二年の時、物凄く良いといわれる皮膚科に何カ月か通ったことがあります。確か最初は包帯でぐるぐる巻きにされました。言うとおりに来ないと治んないよ!と脅され、通いました。錠剤も呑みました。一カ月ぐらいした時でしょうか、なんか調子が悪くて舌の具合が変だったことがあり、鏡で舌をみたら、緑色していたのを良く覚えています。そんなこともあって、その高圧的な皮膚科に通うのはやめました。

アトピーのかゆみというのは、蚊に刺された時とは違い、身体の奥底からやってくる感じがします。ですからステロイドを塗ってその時一旦かゆみが引いても、少しすると倍返しみたいな感じで、強烈なかゆみが襲ってきます。

子供心に、ただ軟膏を塗るだけで本当にこんなので良くなるのか疑問でしたし、大学のその皮膚科以来、現代医学のお世話になるのは止めてしまいました。その選択は自分にとっては正しかったと思います。

先日、もうすぐいらして一年ぐらいになるアトピーの方と施術中にこんなお話をさせていただきました。その方のアトピーは半年ぐらいの施術を1~2週に一度続けて、症状は無くなりました。しかし、調子が悪くなるのは湿度が高くなる時だそうです。ですからこれから無事に過ごせるかどうか要注意です。その方も私と同じような体験をされていたそうです。そこでステロイドに頼らないでアトピーを改善したい、ということで私の施術所にいらっしゃるようになりました。

同病相哀れむではありませんが、やはりステロイドを使った治療を受け、同じように感じているんだ、思いました。

アトピー性皮膚炎には標準治療というのが存在するようです。調べますと、強い(あるいは症状に合った)ステロイドを使って、段々弱いのを使い、スキンケアに注意をするというものなのでしょうか?でもこのやり方で本当に良くなるのでしょうか?私のように他の場所やその周辺にアトピーが飛び火してしまうことはないのでしょうか?弱いステロイドを使い始めたら、またアトピーが出てくることはないのでしょうか?一番協力なステロイドが効かなくなったらどうするのでしょうか?免疫抑制剤も使うそうですが、アトピーが治っても感染症になる可能性は高くないのでしょうか?そのためにワクチンを打ったり抗生物質を飲んだりして、何らかの副作用というものは出ないのでしょうか?

不思議です。
[PR]

by kaiondo102 | 2013-05-27 01:09 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kaiondo102.exblog.jp/tb/19587231
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アメリカ→イギリス→日本?? 垣間見た未来 >>