日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
たった40分で2キロやせ..
from 失敗しようがないダイエット特集
あなたの落ち込みも解消し..
from 「宇宙科学の法則」知花敏彦公..
エステティックを学ぶなら..
from 資格試験@合格情報館!【資格..
ecfxpqp
from ecfxpqp
こんにちは、いつもお世話..
from 漢方薬のホミカ薬品店
chart seatin..
from chart seating ..
loterie gree..
from loterie green ..
cruises from..
from cruises from g..
endless summ..
from endless summer..
child destin..
from child destineys
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

夏の皮膚病

この夏は異常に暑いのは皆さま御承知の通りかと思いますが、東京でも37度とか38度とか狂ったように暑く、クーラーのない我が施術所も、いよいよ来年はクーラー導入か?と考えさせられてしまう数日でした。

そんな暑さからでしょうか、皮膚疾患に悩まされる方が何人かいらっしゃり、意外と施術で改善したため、その症例を書かせていただきたいと思います。

まず、お一人目は左足のかゆみです。最近腰が痛くて、実家に夏休み帰る前に治していきたいという40代の女性です。腰が痛いだけでなく、4番目と5番目の中足骨の間、ちょうど胆経のラインのところも痒いそうです。靴下をはいているのでどんな具合か解りませんが、ご本人いわくあか切れみたいに細かく皮膚が裂けている感じ、とのこと。押さえても血や浸出液は出ません。そこでその痒い胆経ラインをおさえると圧痛があります。胆経の火穴は懸鐘です。長野式の気水穴処置を応用して懸鐘を押さえながら胆経ラインの圧痛を押さえると、圧痛が消えます。その方法で痒い所の圧痛を全部とって、懸鐘の圧痛も皮膚操作でとりました。その次の週にいらした時は、もう足はきれいになったそうです。

多発性毛包炎といわれた40代の女性。赤いぶつぶつが左の臀部から大腿部の裏にかけて出来てしまったそうで、お医者さんでお薬をもらって塗っているのですが、改善がみられないそうです。この方は、たま~に何かあった時にいらっしゃるのですが、身体に圧痛らしきものがありません。ですから、今回は皮膚疾患=圧痛理論は使えないかな、と思っておりました。しかし、うつ伏せになっていただいて左のお尻のこの辺に出ている、という所を押さえますと、「痛い」。左足の大腿の裏を押さえる「痛い」。お、珍しいです。そこでお尻と大腿部の圧痛を長野式の皮膚病の特効穴である築賓でとりました。仰向けで膀胱経の募穴である中極にも強い圧痛があります。いつもだったら中府を押さえるのですが、今回は免疫力の低下でこうなってしまったと考えられるため、長野先生の免疫ポイントを押さえると中極の圧痛が消えます。中極の圧痛を消してから、軽くポンピング、腹部と胸部のリンパポンプも軽く入れました。次の週にまた、いらしていただきましたが、ご本人いわく「薬が効いたみたいで、きれいになりました!」とのことでした。薬を塗っても効果がないから、うちに来たはずなのですが・・・・。ま、いっか。

薬疹の方もいらっしゃいました。手首をねんざして整形外科でモーラステープというシップをいただいたそうです。そのモーラステープを貼ってもあまり良くならないため、貼らなくなって一カ月立つそうです。その間私の施術所で数回施術させていただき、結構らくになってきました。そんなある日、夏休みに海に行ったら、そのモーラステープを貼った所が真っ赤に腫れあがってしまいました。モーラステープを貼った所は太陽に当ててはいきえないそうです。当てると、こんな感じで真っ赤に腫れあがるそうです。しかし、その整形外科ではそんな注意はなかったそうです。大学病院の皮膚科に行ってステロイドをもらって塗るのですが、効果はないそうです。困ったということで、また私の施術所にいらっしゃいました。

見ると右前腕の下3分の2が真っ赤になって、腫れあがっています。左の腕と比べるとその太さが目立ちます。手首を曲げ伸ばしすると、皮膚が突っ張って痛がゆいそうです。

いつも通り、背中の目立った圧痛をとり、骨盤と背骨を調整、仰向けで瘀血・免疫・副腎を築賓で、中脘を胃経ラインでとり、期門の圧痛を肩グウでとります。リンパポンプ、鎖骨の調整を行います。すると、施術が進むにつれ、腫れがスーッと引いてきます。痛痒さも来た時よりはおさまって、前腕の不快感は無くなり、手首の掌側がかゆいそうです。みると、何箇所か赤くなっています。そこを押さえると圧痛があります。そこで、その圧痛を押さえながら、やはり右の肩グウを押さえます。すると圧痛が消えます。数か所ある圧痛をとって一日目を終了としました。終わると、腕が細くなった~とおっしゃっていました。

2回目にいらした時は、前腕全体の皮膚の状態は正常に戻りましたが、手首の内側が真っ赤に腫れています。やはり痒いそうです。その腫れているところは皮膚が分厚くなっている感じです。同じように施術して手首の内側の腫れている所を摘まみます。すると物凄く変な感じがするそうです。そこでその腫れている所を摘まんだ不快感を肩グウでとっていきました。とりあえず摘まめる所は全部摘まんで肩グウでとると、手首の内側の痒い感じはなくなったそうです。

3回目に来た時は、その手首の内側の赤い所も半分以下に減り、ほとんどかゆみもなくなりました。また、同じように施術をすると、さらに楽になりました。

最後は、施術の途中に右の足首を蚊に刺された50代の女性。最後に頭を操作していると「あ~かゆ~い」といって右の足首を掻き始めます。「蚊に刺されたみたいです」とのこと。そういう時は虫さされの特効穴の奪命が効果的です。ちょうど右の上腕部の外側の真ん中あたりにポコっと凹んだところがあり、それを押さえると結構痛いそうです。あまり強く押さえると、ツボの効果がわかりませんので、あまり痛みを与えない感じで軽く押さえます。10秒位押さえて、「どう?」と伺うと「かゆみがすーっと引いてきた」とおっしゃいます。数分押さえると、完全に蚊に刺された痛みがなくなりましたので、終わりとしました。しかし、その方の奪命を押さえている間に、今度は私の足が蚊に刺されました。自分で奪命を押さえてみたのですが、今一つ効果がありません。どうしてでしょう?

長野式を知っているお陰で、こういった軽い皮膚疾患にも対応が出来るのはありがたいことです。何て経穴は素晴らしいんだろうと、改めて思わされた今年の夏でありました。
[PR]

by kaiondo102 | 2013-08-18 01:19 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kaiondo102.exblog.jp/tb/20223651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 長野式のススメ 最終回 末期がんの方の施術 >>