日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
たった40分で2キロやせ..
from 失敗しようがないダイエット特集
あなたの落ち込みも解消し..
from 「宇宙科学の法則」知花敏彦公..
エステティックを学ぶなら..
from 資格試験@合格情報館!【資格..
ecfxpqp
from ecfxpqp
こんにちは、いつもお世話..
from 漢方薬のホミカ薬品店
chart seatin..
from chart seating ..
loterie gree..
from loterie green ..
cruises from..
from cruises from g..
endless summ..
from endless summer..
child destin..
from child destineys
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

誇張法にたすけられた年末年始

やはり12月に入りますと、一年の疲れがでるのか、又は飲み過ぎ食べすぎなのか、ぎっくり腰やぎっくり腰のような背中の痛み、急な頸の痛みを訴える方が結構いらっしゃいます。

改めてこういう時には誇張法に助けられています。実は今年のはじめも誇張法には大きく助けられました。

今年は確か1月5日から営業を開始したと思うのですが、1月3日に患者さんからメールが入って、その方の大学生の息子さんが背中が痛くて夜も寝られないとのこと。そこで申し訳ないが施術をおねがいできないか、というものでした。たまたまその時は酔っぱらっていなかったので、直ぐに連絡をとって、来ていただきました。

お話を伺うと、12月31日に左の背中が痛くなり始め、どんどん痛みがひどくなり、その内動けなくなりました。立っているのがようやくで、座るのには痛みに耐えながらようやく座れるのですが、横になるにはその過程が痛すぎてなれないそうです。31日、1日、2日とソファーに布団を重ねて、なんとかうとうとしていたそうです。正月に病院に行くのも嫌だし、病院に行くとしてもまず施術を受けて動けるようになってから、と思ったそうです。

いらしてみると、なんか案山子のようです。首と左腕はある角度でないと痛みが出るそうです。シャンバーを脱ぐのも、お母さんに手伝ってもらい「いて~」と唸りながらようやくです。とうてい横になれそうにもないので、座ってもらおうと思うのですが、なかなか座れません。身体を支えてあげてなんとか座ってもらいました。しかし座っていても、たまに左腕や頭の角度が少しでも変化すると、強い痛みが襲ってきます。

こういう時はひたすら、誇張法です。とにかく、S2からC5ぐらいまで調整、今度はR1から12まで肋骨を調整します。一年前のことですので、細かい所は覚えていませんが、やっているうちに頭と左腕がすこしずつ動いてきました。下から上、そして上から下と何往復かすると、痛みが少し楽になってきたそうです。そして、息を吸うと痛いというので、寝ていれば太ケイを使いたかったのですが、それも出来ないので、R12の先端の京門を親指でぐっと押さえると、少し息が吸いやすいくなるそうです。少々おさえてそれで終わりにしました。確か、動きが少し楽になっていたと思います。立ちあがるスピードや歩くスピード、そしてジャケットも一人で着れます。

次の日にいらした時は、動きが随分スムーズだったのを覚えています。あのあと、何日かぶりにお風呂にゆっくり入ったら、さらに痛みが減ったそうです。3日連続して施術をしたら、痛みがほとんど無くなりました。

この年末は今度はその電話をくれた方がぎっくり背中みたいになっていらっしゃいました。右の背中の上の方が痛くてしょうがないそうです。首を前後屈させることが出来ません。

この方は仰向けで頭を上に挙げると、ずきっと右肩に痛みが走ります。足を引っ張っても押しても、凹んでいるところを押さえてもほとんど効果ありません。こういう時は座位の誇張法です。ゆっくり起き上がって座ってもらいます。相変わらず首の前後屈はつらいです。D2からC5ぐらいまで物凄いズレています。

何とか良くなってほしいなぁと祈りながら、D5からC5まで誇張法で調整、ゆっくり首を前後屈していただきました。すると「ラク」。今度は頭をテコにしてクラシカルと誇張法のあいのこのような感じで調整すると「ほとんど痛くない」、となりました。

今日、その方がもう一度いらっしゃいましたが、頸は痛くなくなった、とおっしゃっていました。

やはり凸凹も足の牽引も万能ではありません。どうしてもそれでは痛みの取れない方がいらっしゃいます。そういった方には誇張法が最後の砦になります。

今年の年末年始、急性の痛みには誇張法に大変お世話になりました。誇張法を知らなかったら、自分の施術家人生はどうなっていたでしょうか?痛みに苦しんでいる方をただ手をこまねいて見ているだけだったのでしょうか。

やはり出会いとは素晴らしいものです。本当に誇張法を知っていてよかった、と思う2013年の年末です。
[PR]

by kaiondo102 | 2013-12-26 01:17 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://kaiondo102.exblog.jp/tb/21160020
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Isiah at 2013-12-26 08:58 x
誇張法の効果、素晴らしいですね!
来年も色々と教えていただきたいです。
よろしくお願いしますm(__)m
Commented by kaiondo102 at 2013-12-27 01:25
誇張法はほんとういいです。
こちらこそ来年もよろしくお願いいたします!
Commented by サクラ at 2013-12-27 15:23 x
急性の運動器疾患への対応は長野式ではイマイチなんですか?
Commented by kaiondo102 at 2013-12-29 00:35
私の場合は、長野式を手技で応用させていただいているため、やはり鍼ほどの切れ味はありません。それが私が長野式で急性の運動器疾患に対応できていないでは、と思います。

長野式に習熟された鍼灸師の方でしたら、十分すぎるほど対応できると思います。
<< 一年の終わりに考えたこと 今年も治せなかった・・・ >>