日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
なんなのか先生 そう、..
by kaiondo102 at 22:29
鍼師先生 誇張法の斎藤..
by kaiondo102 at 22:25
鍼灸>手技>鍼灸と勉強し..
by 整体師改め鍼灸師なんのかなんなのか at 14:49
誇張法でもそうですが、先..
by 鍼師 at 07:55
藤先生 私が軽くやった..
by kaiondo102 at 23:14
鍼師先生 私は虚実か分..
by kaiondo102 at 23:10
拙い鍼灸師の戯言です。 ..
by Isiah at 22:47
要するに氣の流れに沿って..
by 鍼師 at 11:55
久しぶりに私にとって勉強..
by kaiondo102 at 20:50
治療の仕事を人生で初めて..
by kaiondo102 at 20:49
メモ帳
最新のトラックバック
broadway dan..
from broadway dance..
alfred chicken
from alfred chicken
Come and Pay..
from Come and Pay m..
anniversary ..
from anniversary in..
ipod cover
from ipod cover
cooper like ..
from cooper like lo..
subject verb..
from subject verb a..
long distanc..
from long distance ..
alta vista b..
from alta vista bab..
animated smi..
from animated smiley
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

一歩ずつ

以前、アトピーのことでこのブログにも書いた、25歳の男の子のことですが、この冬はかなり調子が良くなってきたそうです。

原点に戻って、身体の隅々に気を配る施術をし始めたのは昨年の夏前ぐらいでしょうか。すると昨年の夏はあんなに暑かったにもかかわらず、アトピーが悪化せず過ごすことが出来ました。そして顔が真っ赤でガサガサだったのが少し赤いかな?ぐらいの肌色になり、お顔の皮膚もしっとりとしてきました。そして面白かったのが、髪の毛が柔らかくなってきたことです。それまでは顔の皮膚同様、乾燥してバサバサした感じでしたが、お顔が良くなってきたのと同時に、髪の毛までしっとりとしてきました。

そのまま週一で一生懸命施術をし、寒いこの冬を迎えました。いつもの冬なら乾燥が激しくて、体中が痒くなって、最もつらい季節だったそうなのですが、この冬はかゆみが少なく、かなり過ごしやすいそうです。身体が楽になるに従って、活動したくなってきたそうです。外出すると、排気ガスやたばこの煙を吸ったりすると、外出から帰って数日はアトピーが物凄くひどくなり、家から出ることが出来なかったそうです。しかしこの冬は外出しても、次の日にかゆみは少しでるものの、その次の日には収まり、元気になってきたと実感できるようになってきたそうです。

この子の施術は、いってみればフルコースでした。うつ伏せの状態で、長野式の理論を応用して背部の圧痛を全部とっていきました。肺、瘀血、肝、脾、腎と上から下まで圧痛をチェックして、築賓でとります。そこから背骨と骨盤を誇張法的に調整、仰向けになります。腹部の瘀血、免疫、副腎、帯脈、中脘、期門、中極の圧痛を左築賓、右肩グウでとり、肝臓・脾臓のリンパポンプ、軽く肩関節と鎖骨を調整してから、頸椎、頭蓋骨、そして胸郭のリンパポンプで終わる、という流れです。

真面目にやり始めたころは、施術の時間も1時間近くかかっていました。圧痛もなかなかとれませんし、肺や腎はその痛みが1側から4側まで大きく拡がっています。胸椎3番も大きく落ち込み、胸郭もきゅーっと縮んでいました。お腹の圧痛も強くなかなかとれません。特に長野式で腎虚を表す帯脈の過敏が物凄く強かったです。頭蓋骨もかちかちで、ものすごいいびつでした。

しかし、毎週、毎週、圧痛をとっていると、少しずつ変化が見えてきました。それまで押さえると「ぎゃっ」という感じだったのが、段々痛みが軽減してきました。圧痛も1側から4側までと大きく拡がることなく、肺と腎は3,4側に、他は2側に狭まってきました。圧痛がとれるまでの時間もかなり減りました。

また、帯脈も「ぎゃっ」と言っていたのが、そこまで過敏な反応もなくなると、胸郭が広がってきた感じがします。それまでは横幅も厚みも無かった胸郭が、まず最初に横幅が出て、最近は厚みが出るようになってきました。

胸椎3番の落ち込みは施術する前はあるのですが、背中の圧痛をとって、背骨を誇張法で調整した時点で、ぐっと盛り上がります。背骨なんか触っていると冷たくて硬くて石のような感じだったのですが、最近潤ってきた感じがします。頭蓋骨のいびつな感じも、前より減ってきました。

また、以前このブログに書かせていただいたリウマチの女性も、一年半近く週一で来ていただいております。この女性もフルコースの施術でしたが、ある時「昔よりどこ押されても痛みが少なくなってきた」とおっしゃられました。それから、9年ぶりに風邪をひいた後、ぐぐっとお身体の感じが変わりました。今では、外に買い物にもいけるようになってきたし、家事も随分出来るようになった、とおっしゃられます。

毎週、毎週、せっせと圧痛をとっていくのは、正直「疲れるなぁ」と思う時もありました。その時は痛くなくなっても、また次に来られた時、前回と同じように痛がられたりすると、気が重くもなりました。もちろん症状なんか全然変化しません。しかし、それでもあきらめず毎回同じように施術をしていくと、少しずつ身体が変わっていってくれるようです。そしてある時を境に大きく変化くれるようです。

施術のはじめというのは、いってみれば病気の力が強いのかもしれません。ですから、なかなか身体は変化しませんし、症状も変化しません。しかしそれでも施術を続けていると、少しずつ病気の力が弱くなり、施術に押され始めます。そこでさらに施術を続けると、今度は身体の治ろうとする力が強くなって、症状にも大きく変化が見られる感じがします。

マービン先生は、治癒には何年もかかることがある、とおっしゃられました。またワ-ナム先生は治療とは玉ねぎを外側から一枚ずつはがしていくものだ、とおっしゃられたそうです。さらに澤田健先生は病気になった道のりを今度は逆に同じ長さ戻っていく、とおっしゃっていたの鍼灸真髄の中で目にした記憶があります。

どうしても、患者さんには早く治っていただきたいですし、患者さんもそう思っていらっしゃると思います。ですが、難しい病気はなかなか治るものではないし、それ相応に時間がかかるのでしょう。しかし、しっかりと施術を続けていけば、改善の可能性は少なくないのかもしれません。

あきらめず、しつこく施術に来て下さったこのお二人に、今後私が様々な病気と向き合うに当たって、色々教えを受けた感じがした症例でした。
[PR]

by kaiondo102 | 2014-01-24 01:01 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kaiondo102.exblog.jp/tb/21318524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Isiah at 2014-01-24 08:00 x
めげずに続けていく・・・大変ですけど、とても大切なことですね。いつもためになるブロクありがとうございます。
Commented by kaiondo102 at 2014-01-24 23:34
こちらこそ、先週の日曜日はお誘いいただき、ありがとうございました。色々と考えるきっかけになりました。
<< 鍼と手 おとぎ話 >>