日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
たった40分で2キロやせ..
from 失敗しようがないダイエット特集
あなたの落ち込みも解消し..
from 「宇宙科学の法則」知花敏彦公..
エステティックを学ぶなら..
from 資格試験@合格情報館!【資格..
ecfxpqp
from ecfxpqp
こんにちは、いつもお世話..
from 漢方薬のホミカ薬品店
chart seatin..
from chart seating ..
loterie gree..
from loterie green ..
cruises from..
from cruises from g..
endless summ..
from endless summer..
child destin..
from child destineys
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

うつと頭部瘀血

頭部瘀血という考え方が長野式にはあります。これは頭部の循環が上手くいかず、頭部のてっぺんに圧痛があったり、あるいは頭皮がむくんでブヨブヨしている状態です。松本先生はこの状態はうつになりやすいし、多くのうつの患者さんをアメリカで治療しているそうです。そして、松本先生との共同研究ということで頭部瘀血の状態を改善してどのように鬱の患者さんの状態が変わるか、ということで横浜の精神病院で臨床実験が行われ、非常に良い結果が出ているとのことです。

頭部瘀血は長野式の処置ですと、脾経と心包経の気水穴処置及び、頭部の圧痛点への鍼となりますが、私の現段階での結論ですと、手技では誇張法の頭頂骨の操作がそれにあたります。頭頂骨の操作をしますと、てっぺんの圧痛が消えたり、頭のむくみがなくなります。ですから、私も頭部瘀血の所見がある方には必ずこの操作を入れるようにしています。

私の施術所にも結構うつの方がいらっしゃいます。もちろん外出できる程度のうつですので、入院を余儀なくされるほどはひどくない方たちです。そんな方達の訴えのなかに、頭がもやもやする、黒いもので覆われている感じがする、頭が上から押さえつけられている感じがする、というものがあります。この状態も非常にうつの方たちにはつらい状態とのことですが、頭頂骨の操作を行うとかなりすっきりしたり、そういった不快感が無くなったりするようです。

25歳のこの4月から就職を控えた大学生の男の子。小学校高学年から精神的に不安定で、社会不安障害とうつと診断されているそうです。私のところにそもそも来たのは右肩の痛みでしたが、初めていらした時から何かありました。とにかく物凄いしゃべるのです。自分の身体のこと、こころのこと、学生生活のこと、子供の時のこと、社会に対する不信などなど、初対面の私に対し、まくしたてるという感じで話しをします。とにかく落ち着かせなければ、ということで右肩はあまり念頭におかず、施術をしました。

交感神経の興奮を抑えるために背中の緊張をとり、呼吸を深くし、眉間の力をぬかせることを目標としました。

長野式の膀胱経の気水穴処置の応用で、火穴である崑崙の圧痛をとります。骨盤と背骨を誇張法で整え、仰向けで帯脈、瘀血、副腎、期門、横隔膜の圧痛をとり、頸椎と頭蓋骨の調整をしました。あと、息が吸えない時には、太ケイを押さえて呼吸を深くしました。

こんな施術を2回ほど行うと、まずまくしたてることが無くなりました。ご家族からも「落ち着いた」と言われるようになったそうです。引き続き施術をして今年に入ると、それまでは他人の視線が物凄い気になっておかしくなりそうな気分が無くなったそうです。

そんな一月の半ばに、施術の予約をキャンセルされました。その時は風邪気味、ということでしたが、電話の調子がうつの方のキャンセルの電話の典型的な感じでしたので、次に来れるかな?と心配していたら次の週にはいらしゃいました。すると、やはりキャンセルした時は、うつっぽくなって頭の中に黒いものが渦巻いて、とてもつらかったと教えて下さいました。そして今日もまだ頭の中がつらい、黒いものがまだ渦巻いていると言います。

その日はいつもの通り施術をしましたが、なんか頭がむくんでいる感じが気になります。頭皮全体がぶよぶよしています。そこで誇張法の頭頂骨の操作を行いました。じーっと手を当てていると、頭のむくんでいる感じが減ってきます。コメカミやおでこの骨の形がそれまではむくみで見えにくかったのが、はっきりとしてきます。頭皮のむくみも減って、頭蓋骨の感触がします。

施術が終わると、「頭の中がすっきりしました」とのこと。次の週にいらした時も少しむくみ感があり頭の中が重い感じが少ししましたが、やはり頭頂骨の操作を入れる施術をすると、頭の中がすっきりしたそうです。

それからまた数回施術を続けていますが、今のところ頭がむくむ感じもありませんし、頭の中の黒いものも、時たま渦巻きそうになるのですが、息を吐くことで何とか自分で対処出来るようになった、と教えてくれます。

このまま就職までもっと元気になっていただき、無事社会人としてやっていけるようになれば、とあと1ヶ月半施術を続けさせていただこうと思います。
[PR]

by kaiondo102 | 2014-02-10 01:54 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kaiondo102.exblog.jp/tb/21401097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Isiah at 2014-02-10 08:32 x
おはようございます。
私の所にもうつ症状の方がいらしているので、今回の内容はとても参考になります。早速取り入れてみたいと思います。いつもありがとうございますm(__)m
Commented by kaiondo102 at 2014-02-11 00:27
その結果がどうだったか、また教えてください。
<< うつと頭部瘀血 2 鍼と手 >>