日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
たった40分で2キロやせ..
from 失敗しようがないダイエット特集
あなたの落ち込みも解消し..
from 「宇宙科学の法則」知花敏彦公..
エステティックを学ぶなら..
from 資格試験@合格情報館!【資格..
ecfxpqp
from ecfxpqp
こんにちは、いつもお世話..
from 漢方薬のホミカ薬品店
chart seatin..
from chart seating ..
loterie gree..
from loterie green ..
cruises from..
from cruises from g..
endless summ..
from endless summer..
child destin..
from child destineys
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

I Have A Dream 2

バブル真っ盛りの大学生の頃、売り手市場の就職戦線で私が入社したのはまだ始まって数年の有機農産物を宅配する、という訳のわからない会社でした。本当は通訳になろうと思っていたのですが、実際に仕事をしてみると自分には合わないのでやめよう、と思ったのがもう大学4年の夏。大手の会社の就職活動はほとんど終了していました。「どうしよう」と思いながら新聞の求人を見ていたらこの会社の広告が非常に印象的で、また海外勤務もあるとのことで早速応募しました。

求人広告に出ていた海外勤務はまったくのウソで、研修-営業を経てなぜか商品開発の部署に放り込まれました。その会社の売りは農薬や化学肥料を使わない有機農産物が売りでしたが、私は何故か水産商品の開発をやれ、といわれ素人3人で訳も分らずあちこちで恥ずかしい思いをしながら日本全国の漁港を回り、商品の開発をやっていました。

今でこそ市民権を得て、有機野菜というのは普通のスーパーにおかれたりするようになりましたし、ネットでも購入することが出来る非常に当たり前の物となりましたが、1990年当時はスーパーで見かけることはまず無く、基本的には私の居た会社やその他の団体、あるいは生協から特別に購入する以外、方法はありませんでした。

そもそもこの農薬や化学肥料を使わない有機農業というのが日本で始まったのが1960年代から70年代の初めのころでした。高度経済成長の伴う水俣病やイタイイタイ病を始めとする公害に対する反省とともに、レイチェルカーソンの「沈黙の春」及び有吉佐和子の「複合汚染」という2つの本によって、ほんの一握りの農家の中から化学肥料と農薬に依存する慣行農業に対して「このままで良いのか」という疑問から有機農業が日本で始まりました。もちろん、農薬による農業従事者への健康被害が大変大きかったのもその原動力の一つであります。

同時に都市生活者の間からも公害や光化学スモッグの経験から、安全な食品を求める動きが芽生えました。そして安全な農産物を作りたい農家と安全な野菜や果物を食べたい都会の消費者が手を結び、お互い助け合いながらの有機農産物の流通が日本で始まりました。

しかし、有機農業の始まりはそれは大変だった、と聞きました。ただでさえ閉鎖的な日本の農村コミュニティにおいて、それまで皆がやっていた慣行農業といわれる農薬や化学肥料を普通に使う農業をやめて、新しい有機農業を始めることは本当に困難なことでした。周りに攻撃され、変人・狂人扱いされ、村八分になりながらも、有機農業のやり方を貫き通した少数の農家がいました。

そんな状況下で、圧倒的に有機農産物を作る農家が少ないので、消費者がそれを手に入れるのは大変でした。都会の消費者が「援農」といって農家に手伝いに行ったり、あるいは共同購入といって隣近所数家族でグループを作り、そこへ有機農産物を届けてもらい、あるいは取りに行ったものをもってきて皆で分ける、というちょっとメンドクサイ方法を取らなければ手に入れることのできない野菜であり果物でありました。

このメンドクサイやり取りに異を唱えたのが私のいた会社の創設者でした。有機農業を盛んにするには消費者を増やさなければいけない、そのためには欲しい消費者が手軽に購入できるシステムを作らなければいけない。ということで、それまでは共同購入一本やりだった有機農産物の購入方法をがらっと変化させ、個人宅配というシステムを作りました。それが1988年、バブル真っ盛りのころでした。

これが大当たりしました。潜在的に安全な農産物を求める消費者の数も相当多かったのと、ちょうどチェルノブイリの原発事故とバブルの恩恵を受け、私のいた会社は急成長しました。それこそ毎月お客さんがどんどん増え、ボーナス以外にも金一封がどかんと出たこともありました。それと同時にそれまで協同購入一本やりだった諸団体も個人宅配を始め、これも大当たり、有機農産物への需要は大きく増えました。同時に農家側も有機農業を始める農家だけでなく、農協全体で有機農業を推進する所も出てきました。さらには農水省も有機農業をようやく認めました。1990年の初頭、私がその会社に在籍していた頃は、それまで日陰者であった有機農産物に光がようやく当たり始めた時期でした。

なんでこんな全然関係なさそうな有機農業の簡単な歴史を、この治療ブログで書き連ねたかといいますと、この有機農業の日本における萌芽-発展の歴史は、私たちがやっている東洋医学、オステオパシーを始めとする代替療法がより日本の中で盛んになる一つのヒントになるのでは、と思うためであります。
[PR]

by kaiondo102 | 2014-07-21 02:31 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kaiondo102.exblog.jp/tb/22581224
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shounan at 2014-07-26 07:47 x
続き早く読みたい(笑)どういう展開になるのか楽しみですー。
Commented by kaiondo102 at 2014-07-26 23:07
たいしたことないから、あんま期待しないでくださ~い。
<< ある意味便利・・・ 低位安定 >>