日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
ご教授ありがとうございます
by 鍼師 at 06:43
ユーチューブにlymph..
by kaiondo102 at 22:23
リンパポンプとはどのよう..
by 鍼師 at 12:00
こちらこそご無沙汰してお..
by kaiondo102 at 22:44
中野先生、ご無沙汰してお..
by キャンベル・ヨシハラ at 20:36
東洋医学は凄いですね
by kaiondo102 at 16:44
きっと先生のおっしゃる通..
by kaiondo102 at 16:44
リンパポンプは、半ば横隔..
by Isiah at 23:47
先生、凄いです!
by Isiah at 23:38
一旦壊れ始めると、あっと..
by kaiondo102 at 13:40
メモ帳
最新のトラックバック
potomac celt..
from potomac celtic..
anti adware
from anti adware
blockers cal..
from blockers calci..
branson coupon
from branson coupon
pep boy auto..
from pep boy auto p..
garden cente..
from garden center ..
1942 adam ad..
from 1942 adam adam..
alaskan cred..
from alaskan credit..
7.62x39 ammu..
from 7.62x39 ammuni..
sbc white pa..
from sbc white pages
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

10歳のパニック

パニック障害は私も良く施術させていただきますが、感じとしてはうつの方よりも回復が早いような気がします。大体20代から40代の女性が多いのですが、以前お一人だけ20代半ばのマッチョな男性を施術したことがありました。

今回パニックっぽい症状を訴えていらっしゃったのは10歳の男の子です。聞くと電車に乗ったりすると胸がしめつけられて息苦しくなるそうです。これではどこにも遊びにいけない、ということで来院されました。

身体を見ると胸郭が固く扁平なのが気になります。腹筋の緊張も強く漢方でいる神経質なタイプのお腹をしています。まったく落ち着きがありません。身体をすぐにごそごそ動かしたり、施術ベッドの色々を触りたがったり、とにかくじっとしていません。胸郭をふくらませて、腹筋の緊張をゆるめながら、交感神経の緊張を落ち着けること、という方向性で施術することにしました。

うつ伏せで骨盤、背骨、胸郭の凹みを調整します。まったくじっとしておりません。彼が動く合間を縫って施術を進めていく感じになります。仰向けになってもらいます。お腹を押さえると瘀血と副腎の反応が強いので、それを消し、帯脈を摘まみます。すると「それ気持ち良い~」とのこと。帯脈の気持ち良い感じを復溜でとります。左の帯脈の快反応をとると、少し胸郭が膨らみます。右の帯脈もおなじく気持ち良い~ですのでその反応をとるとさらに胸郭が膨らみます。この辺でじたばたしていたのがすこ~し落ち着いてきました。

サン竹で季肋部の圧痛をとるとさらに落ち着きます。首を調整、頭がかちこちなので側頭骨と後頭骨、頭頂骨を調整、頭を触られていると段々ウトウトし始めます。もうしばらくウトウトしてもらうべく両手に後頭部を載せること数分、今度は寝息を立て始めました。

1~2分、かわいい寝息を聞いたところで終了、「どう?」と聞くと「よくわかんない、でも眠い」とのこと。

その日の夕方お母さんから電話があって、施術の後急に調子がよくなって、近くの電気屋によってきた、そういえばデパートみたいなビルの中もダメだったけど、きょうは大丈夫だからまた治療をお願いしたい、ということでした。

週一の施術を4回続けると一回ごとに落ち着いている時間が長くなり、寝息もすぐに聞こえるようになってきました。胸郭も膨らみ腹筋の緊張もとれ、頭のかた~い感じも減ってきました。パニック的な症状もでないので、またなんかあったら来て、ということで終了にしました。

あれだけ落ち着きがなかったのが、ある時を境に急にうとうとしだすこのアップダウンの激しさは、自律神経にかなりの乱れがあったのでしょうか。聞くところによると、学校にも行けないそうなので、フリースクールみたいなところに通っているとのこと。パニックになったら電車も乗れないので、そこも行けなくなりますが助かりました、とお母さんもおっしゃってくださいました。

何はともあれ、良くなってくれてとてもうれしかった症例でした。
[PR]

by kaiondo102 | 2015-04-16 00:51 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://kaiondo102.exblog.jp/tb/23905395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Isiah at 2015-04-16 21:23 x
とても興味深い内容です。
落ち着かない状況下で変化を出せるというのは、余程的確に刺激が出来ないと上手くいかないのでは、と思うと同時に自分が出来るかどうかは甚だ怪しいだろう・・・です。

まずは日々の積み重ねを続けていくようにします。
Commented by しんりゅうどう at 2015-04-17 07:51 x
いつもながら素晴らしいですね。

私がパニック発作を起こした十数年前に、お会いしていたら、私の人生変わっていたでしょうね。
Commented by kaiondo102 at 2015-04-17 23:06
藤先生
このフッと変化する時をとらえるのが大事なのかもしれない、と思います。

しんしゅう先生
10数年前でしたら私は今より全然何もできなかったと思います・・・・。
<< イギリスだ!! 最近の凸凹症例 >>