日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
なんなのか先生 そう、..
by kaiondo102 at 22:29
鍼師先生 誇張法の斎藤..
by kaiondo102 at 22:25
鍼灸>手技>鍼灸と勉強し..
by 整体師改め鍼灸師なんのかなんなのか at 14:49
誇張法でもそうですが、先..
by 鍼師 at 07:55
藤先生 私が軽くやった..
by kaiondo102 at 23:14
鍼師先生 私は虚実か分..
by kaiondo102 at 23:10
拙い鍼灸師の戯言です。 ..
by Isiah at 22:47
要するに氣の流れに沿って..
by 鍼師 at 11:55
久しぶりに私にとって勉強..
by kaiondo102 at 20:50
治療の仕事を人生で初めて..
by kaiondo102 at 20:49
メモ帳
最新のトラックバック
broadway dan..
from broadway dance..
alfred chicken
from alfred chicken
Come and Pay..
from Come and Pay m..
anniversary ..
from anniversary in..
ipod cover
from ipod cover
cooper like ..
from cooper like lo..
subject verb..
from subject verb a..
long distanc..
from long distance ..
alta vista b..
from alta vista bab..
animated smi..
from animated smiley
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

たまには徹底的に

7月の始めに紹介で来られたのが高校二年生の女の子です。お母さん曰く毎朝頭痛がひどく、まったく起きれない、とのこと。二年生になってから朝起きれなくてほとんど学校に行っていないそうです。またお腹も毎日キューっと痛くなるそうです。お医者さんには偏頭痛と過敏性大腸炎と診断されているそうです。

うちの子はどうなってしまうんでしょう?とお母さん。ということでせめて2学期からは学校に行けるようになれば良いですね、ということで施術を始めました。

身体を見るとぐにゃっとしています。左の肩が右に比べて物凄く下がっています。大腸炎の人っぽく左の腰方形筋が物凄く緊張しています。左のC2のところ物凄い凝りがあります。偏頭痛は左側の側頭骨の所だそうです。

とりあえずいつも通り施術をします。左右の腰方形筋、D11~12をゆるめます。背骨と骨盤を調整、仰向けで骨盤、瘀血、副腎、免疫、中脘、期門、帯脈もゆるめ、肩井もゆるめます。そしてC2の凝りをとり頸椎と頭を調整して終わりました。

週に2日のペースで来院することになりましたが、だいたい2日の内一日はお腹が痛くなって休みます。それでも7月は一学期の終わりに2~3日、学校に行けたそうです。一度セーラー服で来院したので、思わず「学校行けたんだ!?」と私もびっくりしました。

とはいえ、今一つすっきりしません。夏休みに入る頃になると、食欲が少しずつ出始め、頭痛と腹痛は毎日起きなくなり、今日は頭痛、次の日は腹痛、と上と下で交互に痛くなるようになってきました。

これはもうちっと徹底的にやらなければいけないかなぁ、ということでまず腹痛の解消を目指し何回か調整をしました。前述の調整に加え、あまり高校生の女の子にはやりたくないのですが、鼠径部を浅いところから深い所までゆるめ、骨盤隔膜もゆるめます。あと下行結腸を触ると痛いそうなので、陰陵泉でその痛みをとります。その施術を2回位するとお腹の痛くなることは無くなりました。

次は頭痛です。左の肩周りとC2から風池までの凝りと圧痛が物凄く、また扁桃の圧痛もあります。とりあえず、肩井、肩の小腸経ライン、肩甲骨内縁、天ゆうから東風の扁桃3点、C2も上中下、棘突起内側、椎弓、横突起と全部で9分割ぐらいして、全部サン竹でゆるめていきました。そんな調整を3回ぐらい行うと、8月の終わりぐらいでしょうか、頭痛が週一程度しか出なくなりました。

9月に入ると身体中にあった圧痛はほとんどなくなり、左右の大巨、帯脈ぐらいになり、肩周りの圧痛も無くなり、天ユウからの免疫3点の圧痛も天ユウのみになりました。9分割ぐらいしたC2の凝りもだいたい1~2箇所ぐらいしか痛い所がありません。腹痛は8月半ばからほとんど無くなったそうですし、頭痛は7月までの痛みレベルを10とすると4~5レベルの痛みが週一位来るそうです。2学期になり学校にも行けるようになり、朝、頭痛があってもがんばって登校しているそうです。

さらにしつこくC2周辺の凝りを追いかけていると、9月の半ばから今日まで一日も頭痛及び腹痛を経験していない、と今日とてもうれしそうに報告してくれました。

以前、長野式を教えて下さった鶴崎先生は、どうしても治らない患者さんにはあらかじめ2時間ぐらい枠をとって、足の先から頭の先まで徹底的に治療する、ということをおっしゃっていたのが非常に印象的でした。患者さんにある程度体力があり、病の力が強くなかなか症状が改善しない場合は、症状が軽くなるまで徹底的に一時期やることはとても大事なのでは、と今回の高校生の施術を経験して、まだまだへぼな私は改めてその意を強くしました。

それにしても頸椎と頭を操作だけで頸の凝りがすっきりさせるのはいつになったら出来るのでしょうか?まだまだかな。
[PR]

by kaiondo102 | 2015-09-27 01:01 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://kaiondo102.exblog.jp/tb/24511492
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Isiah at 2015-09-28 23:20 x
昨日はありがとうございました。
一つお聞きしたいのですが、どうしてC2をそこまで細かく分割して弛めていかれたのかが知りたいです。
Commented by kaiondo102 at 2015-09-29 00:49
こちらこそありがとうございました。

凝りがあまりにも大きい為、圧痛のとりこぼしが無いよう、凝りのどこを押さえても痛くないようにするためであります。
Commented by Isiah at 2015-10-05 23:45 x
そうだったのですね!
とても参考になりました、ありがとうございます!
<< ツボvs子宮脱 啐啄同時 >>