日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
なんなのか先生 そう、..
by kaiondo102 at 22:29
鍼師先生 誇張法の斎藤..
by kaiondo102 at 22:25
鍼灸>手技>鍼灸と勉強し..
by 整体師改め鍼灸師なんのかなんなのか at 14:49
誇張法でもそうですが、先..
by 鍼師 at 07:55
藤先生 私が軽くやった..
by kaiondo102 at 23:14
鍼師先生 私は虚実か分..
by kaiondo102 at 23:10
拙い鍼灸師の戯言です。 ..
by Isiah at 22:47
要するに氣の流れに沿って..
by 鍼師 at 11:55
久しぶりに私にとって勉強..
by kaiondo102 at 20:50
治療の仕事を人生で初めて..
by kaiondo102 at 20:49
メモ帳
最新のトラックバック
broadway dan..
from broadway dance..
alfred chicken
from alfred chicken
Come and Pay..
from Come and Pay m..
anniversary ..
from anniversary in..
ipod cover
from ipod cover
cooper like ..
from cooper like lo..
subject verb..
from subject verb a..
long distanc..
from long distance ..
alta vista b..
from alta vista bab..
animated smi..
from animated smiley
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

80オーバーの施術

数か月前から来院を始めた85才のおじいちゃんがいます。娘さんが私のところに定期的に通って下さっていて、その勧めで来ることになりました。娘さん曰く、そのお母様は大病を患って、半分寝たきりで自宅にいて、そのおじいちゃんがほとんど家の事をしているそうです。しかし、最近足が痛くなったり、何かと切れやすく突然怒り出したり、よく転んだり、していたそうです。またその娘さんの弟さんはERのドクターとのことですが、その生き死にと常に対面しているその彼に「最近おやじの身体が透けて見える、もう長くないかもしれない」と言われ、困った、おじいちゃんまで倒れたら私(娘さん)は面倒見切れないということで来院させることになったそうです。

おじいちゃんの最初の訴えは右足の股関節から膝にかけてのズキッとした痛みと両足のこむら返りでした。右足の痛みの方はそのERの息子さんから坐骨神経痛と言われました、とのこと。そのほかに首を右に回旋したときの痛みと、あとは腎臓の調子が悪く定期的に病院に行っているそうです。

80オーバーの方は久しぶりに見ます。とにかく悪くしないように、刺激をなるだけ軽く施術しました。まずうつ伏せで骨盤と背骨を誇張法で調整、仰向けで骨盤をもう一度施術します。一回目は帯脈をつまんだりお腹を押さえたりしたのですが、あんまり痛みがわからないそうです。経絡の操作は一切なしにして、膝と足関節の誇張法、肩関節の誇張法、頸椎はそーっとあと頭蓋骨で終わりにしました。初回の施術が終わると「いや~すごいソフトですけど気持ち良いですねぇ~」とおっしゃってくださいました。

とりあえず週一回来院してみる、ということなので同じ操作を繰り返しました。するとまず頻繁に起こっていた足のこむら返りがほとんど無くなりました。あったとしてもすぐに収まるそうです。坐骨神経痛、といわれた右足の痛みも3回か4回目のときには無くなったそうです。ご本人から、だんだん動けるようにも歩けるようにもなって買い物や家事が楽になりました、とのご報告。うれしいですねぇ。

さらにその何回か後にいらした時は、腎臓の数値が良くなってきたそうです。確かに足のむくみも無くなった感じがします。病院に行ったとき数値の改善を見たお医者さんから「さっさと帰ってよろしい、と大事にされませんでした」とのこと。娘さんからもそれまでは話し合っていると突然怒り出したりしたことがあったのですが、最近は非常に穏やかになって話が出来るようになってきた、と言って下さいました。

本日いらした時、何日か前に同年代の友人と故人を偲ぶ会を時々行うそうなのですが、その時に回りの友人たちから「なんか顔色が良い、若返ったようだ」といわれた、これはきっと整体に通い始めたお陰だ、ととても嬉しそうに帰りがけにお話ししてくださいました。いやぁ、こっちも気分が良いです。

以前も書きましたが、難しい症状が改善していくのもうれしいですが、高齢化に伴う様々な不調が改善し、こうやって日常生活が少し楽になって本人もまわりの方も喜んでくださるのも大変うれしいです。今まではお年寄りには苦手意識が強かったのですが、このおじいちゃんの施術を通して、施術だけでなく人生についても教えられた感じがします。

明後日から尼崎で日本クラシカルオステオパシー協会の国際セミナーがあります。理事たちベタ惚れのあのクリスキャンベル先生がいらっしゃいます。私も通訳ということで頭を切り替えて参加させていただきます。がその前にとても良い時間をそのおじいちゃんから頂いた気がしますので、これで気持ち良く尼崎に行くことが出来そうです。
[PR]

by kaiondo102 | 2015-11-20 00:33 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kaiondo102.exblog.jp/tb/24689241
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 肩の痛みと頭部瘀血 ランナー対凸凹 >>