日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
なんなのか先生 そう、..
by kaiondo102 at 22:29
鍼師先生 誇張法の斎藤..
by kaiondo102 at 22:25
鍼灸>手技>鍼灸と勉強し..
by 整体師改め鍼灸師なんのかなんなのか at 14:49
誇張法でもそうですが、先..
by 鍼師 at 07:55
藤先生 私が軽くやった..
by kaiondo102 at 23:14
鍼師先生 私は虚実か分..
by kaiondo102 at 23:10
拙い鍼灸師の戯言です。 ..
by Isiah at 22:47
要するに氣の流れに沿って..
by 鍼師 at 11:55
久しぶりに私にとって勉強..
by kaiondo102 at 20:50
治療の仕事を人生で初めて..
by kaiondo102 at 20:49
メモ帳
最新のトラックバック
broadway dan..
from broadway dance..
alfred chicken
from alfred chicken
Come and Pay..
from Come and Pay m..
anniversary ..
from anniversary in..
ipod cover
from ipod cover
cooper like ..
from cooper like lo..
subject verb..
from subject verb a..
long distanc..
from long distance ..
alta vista b..
from alta vista bab..
animated smi..
from animated smiley
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

根本治療と局所治療 4

私自身色々な治療法を学んでも、なかなか思うように治せない経験は自分の中学時代を思い出させられます。

ひ弱だった中学時代、強い男になることに憧れたことがあります。珍しく中学ではボクシング部のある学校だったので、そこに入部しました。ちょっと基本を学びますと、なんかすごく強くなった気がしました。先輩のスパーリングを見ていても「俺でも以外とやれるかもしれない」と内心妄想しておりました。数か月経ったある時、「おい、スパーリングするぞ」ということで初めて殴りあうことになりました。シャドウボクシングではそれなりの形になっていましたので、善戦できるかなと思いラウンドが始まりました。始まってみるとそれまでの妄想は吹き飛びました。自分のパンチがあたりません。あたらないというより、パンチを当てるにはこちらの顔面にもヒットする位置まで近づかなければいけません。それが怖くてできません。2ラウンドくらいやったと思いますが、ある程度先輩が私に殴らせた後で(一発も当たりません)反撃されました。ボコボコにされました。最後はボディに一発くらい、あまりの痛みで立てませんでした。あの時以来、ヘッドギアを付け、クローブをはめられ、マウスピースを口に入れる行程は本当に私にとって恐怖の瞬間であります。

なかなかボクシングで強くなれなかった私はある日、本屋さんで松田隆智という中国武術をやっている先生の本を見つけました。読んでみるとひ弱な私にはぴったりなことが書いてあります。形さえ学べばどんな才能のない私のような弱者でも強くなれる、秘伝を学べば最強だなどなど。中2病の私の妄想を掻き立てる内容でありました。一人で密かに形を真似してみたこともあります。でもスパーリングでは先輩にボロボロにされ続けました。

それから20数年後、実際に中国拳法を始める事になりました。初めて数年間はかなり真面目にやりました。毎晩公園に行って2時間くらいは色々やっていました。気が出ればどんな相手にも勝てるはずでした。しかし気なんて出ませんしそう簡単に強くなることは出来ません。強い人はこの世にゴマンといます。100キロもある人に組手でぶっとばされ、若い体力のあるレスリング選手には簡単に持ち上げられてしまいました。

均整を学び始めた頃、長野式を学び始めたころ、同じように中2病を発症しました。これさえ学べばどんな人でも治せるようになる・・・とやはりまた妄想してしまいました。しかし現実はボコボコにされる連続でありました。そして40歳過ぎたあたりから何事もそう簡単に上手く、強くはなれないと実感し、ようやく長く患っていた慢性中2疾患を克服することが出来ました。


[PR]

by kaiondo102 | 2016-10-03 23:51 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kaiondo102.exblog.jp/tb/26220650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Isiah at 2016-10-10 14:59 x
先生の赤裸々な話が大好きです!
私はこのブログを読んで自分が今まさに中2疾患なことに気付きました(汗)
Commented by kaiondo102 at 2016-10-10 23:05
> Isiahさん
きっと男は基本的には死ぬまで中2病は克服できないでしょう。
<< 11月の国際セミナー 根本治療と局所治療 3 >>