人気ブログランキング |

日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
home interio..
from home interior ..
myspace anim..
from myspace anime ..
attraction f..
from attraction fatal
antioch apar..
from antioch apartm..
himno nacion..
from himno nacional..
cell phone a..
from cell phone ant..
addiction dr..
from addiction drug..
gourmet hous..
from gourmet housew..
canada downl..
from canada downloa..
lock make pi..
from lock make pick..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

取捨選択

かれこれ10年弱いらしている現在60過ぎの男性、そもそもの来院は膝の痛みからでした。ですがそれからご両親を見送られてすぐうつになり、体重が激減、疲労感も強く、ふらふらになってしまいました。しばらくすると咳が始まりました。最初はマイコプラズマ肺炎と診断されたのは今から3~4年前のこと。その当時施術はしましたが、何をやっても変化がありません。一度オステオパシーのリンパポンプをやると咳が止まらなくなってしまったこともあります。

奥様がその後体調を崩しその看病もありここ数年いらしておりませんでしたが、今年のはじめからまたお願いしたいということで奥様と二人で来院され始めました。聞くとうつは大分回復したが身体のあちこちが痛い、そして咳も相変わらずとのこと。最初はマイコプラズマ肺炎だった診断は現在は咳喘息と言われているおっしゃられます。ご本人は咳は私の施術に期待はしておらず、身体のあちこちのコリと痛みを何とかして欲しそうでしたが、リベンジと思い私は密かに咳をなんとかしようと思い施術を開始しました。

施術はD3,と深谷喘息点をゆるめ骨盤と背骨、あおむけで骨盤、帯脈、瘀血、副腎、中脘、期門、免疫という感じ行いました。咳の患者さんに使うような太谿や公孫は深呼吸をしてもらうとすぐに咳き込むので使いませんでした。気になるのは息が吐けないこと。吐こうとするとすぐにゲホゲホします。胸郭が吐く息に合わせて縮みません。この胸郭が収縮することを目標にしました。

数か月これで施術するも全然変化しません。毎週毎週お腹の圧痛をとりますが、相変わらず咳は出続けます。夏になり冷房があちこちで入り始めるとさらに悪化します。仰向けの状態で咳がひどくなりますが、咳が止まらないことも度々ありました。

いい加減お腹の圧痛をとっても全然変化しませんし、私も咳は諦めモードになってきて夏を過ぎたころからお腹の圧痛をとるのをやめてしまいました。その代りあまり時間も手間もかからない火穴の圧痛だけは取るようにしました。然谷、大都、魚際、労宮と息が吐けないので公孫だけは圧痛をとるようにして、あとは背骨と骨盤と帯脈、頸椎、頭で終わりにしました。施術の時間も減ります。咳の改善も私の中ではあきらめてました。

そんな施術を数か月続けるとふと胸郭の動きが吐く息に合わせ少し収縮するようになってきた感じがします。仰向けになったとき、咳が出ることも減ってきました。患者さんも最近咳が以前ほど出ないので苦しくない、とおっしゃりました。さらにそれから数か月経ちますが、以前のように気管支が裏返るような咳はほとんど無くなりました。夏前を10とすると3くらいに咳の頻度が減ってきた感じがします。ご本人も最近はよく夜も眠れるようになったと嬉しそうに報告してくださいました。

腹は生命の元なり、故に百病はここに宿る、という言葉がありますように、日本の漢方でも鍼灸でも経絡指圧でもお腹をゆるめることが治療で重要視されます。私もそれにならって長野式を学びお腹の圧痛をとることにここ10年以上一生懸命になっておりました。お腹を改善させることこそ患者さんの身体を治癒に導くことが出来ると信じて参りました。

しかしここ一年ほど実はお腹をゆるめなくても人様の身体は改善するのでは、という思いが少しずつ自分の中で膨らんできました。整形外科的疾患には今年になってからお腹を緩めることはほとんどなくなりました。腹痛や生理痛、咳といった身体の中の問題もお腹の圧痛をとっても改善しないことも度々経験し、逆に火穴をゆるめたりした方が効果的なことも多々経験しました。さらには内臓は私があれこれお腹の圧痛をとるよりも、横隔膜がしっかり動いて呼吸によってしっかりとマッサージされた方が実は身体にとって自然で良いのかもしれないという気もしてきました。さらに出来る限り施術の手数は少なくしていった方が身体は治るのではないか、という気もしてきております。

そんなことを仲間内の勉強会で話をすると、野口先生は大人は手足を使った方が効果的であるとおっしゃっていたという話を仲間から聞きました。経絡治療でも五行穴といって大事なツボは手足にあり、お腹や背中の募穴や兪穴といったものは補助的に使うという話も聞きます。

長野式を学ぶことによって自分がここ10数年追い求めてきたお腹の圧痛をとることこそ患者さんの改善につながるというこれまでの路線を変更するのは勇気がいることであり、10数年かかってようやく自分が思っているほどお腹をゆるめることの必要性が少ないという事実に向き合うのは正直残念でもあります。ですが手数も減るし時間も短縮できるのでちょっとホッとしているというのも事実であります。

でも改めて施術は刻々と変化していくな、と思わされた今年の年末でありました。


by kaiondo102 | 2016-12-21 01:41 | 臨床雑記 | Comments(2)
Commented by 森本 at 2016-12-22 20:30 x
相変わらずの素晴らしい臨床の数々参考にさせて頂いております。

開業からやっと5ヶ月目です。

ツボにはすごく助けられています。

私も最近中野先生と同じでお腹の圧痛をそれほど重視しなくなりました。

緊張してる方や、薬を飲んでる方、実証体質の方は圧痛ででないパターンが多くあったからです。

中野先生のブログを見て長野式の気水穴を最近多用しています。

また火穴に圧痛がでない場合は軽く指を回して可動を見て原穴や気水穴を応用しています。

指を使う職業の方は指の可動で判断しツボを押すと非常に効果がありました。

最近は脈診をやるとかなり予後がよいようです。

お腹の圧痛があっても脈差、脈状を大体整えておくと良いみたいです。

と言っても適当脈診ですが。

整体師はもっとツボを取り入れるべきだと思います。
Commented by kaiondo102 at 2016-12-23 22:39
そうなんですか、5か月になりますか。これからも先生なりのツボの使い方を見つけて下さい!
<< 上手くいかなかった今年の症例 頭痛の症例 >>