人気ブログランキング |

日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
home interio..
from home interior ..
myspace anim..
from myspace anime ..
attraction f..
from attraction fatal
antioch apar..
from antioch apartm..
himno nacion..
from himno nacional..
cell phone a..
from cell phone ant..
addiction dr..
from addiction drug..
gourmet hous..
from gourmet housew..
canada downl..
from canada downloa..
lock make pi..
from lock make pick..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ベルリンオステオパシーカンファレンス

11月17日から19日までベルリンで行われたオステオパシーカンファレンスに日本クラシカルオステオパシー会長のお伴通訳として参加してまいりました。伺うところでは、オステオパシーのカンファレンス(学会というのかな?)ではヨーロッパでもっとも大きいものであり、物凄い人数の参加者でした。多分600~700人くらいは来ているのではないか、とのことでした。
f0076071_16430535.jpeg
f0076071_16434204.jpeg
最初の2日の午前中はアメリカのDOやヨーロッパのオステオパスが一人30分で講演をします。オステオパシー博物館で有名なジェイソンハクストンさん、あとは有名なアメリカのクチェラ先生やスタイルズ先生、ノルウェーのフォッサム先生、ICOのマービンウォルドマン先生、他にも沢山錚々たるメンバーでありました。
f0076071_16441519.jpeg
午後及び最後の日の午前、午後はそれぞれの先生に分かれてワークショップです。ほとんど講義のワークショップもあれば実技中心のワークショップもありました。

通訳として参加させていただきましたが、とても楽しい三日間でありました。講義は次から次なので内容もほとんど覚えられませんが、クチェラ先生の呼吸循環モデルはたいへん面白かったです。またクリスチャンフォッサム先生の講義も流石見せてくれます。

ワークショップは会長と私は別々のに参加しました。会長は最初の2日間はアメリカのDOのほとんど講義のワークショップに参加してしまったためお辛そうでしたが、最後の一日は午前中はたまたま私と一緒のクチェラ先生のワークショップ、午後はフォッサム先生のワークショップで講義と実技が本当にうまい感じで組み込まれているので、大変満足されておりました。

私は最初の二日はフォッサム先生ご推薦のアリゾナの大学病院のオステオパシー手技治療部門の一番偉くほとんど手技だけで治療している先生の実技中心のワークショップでした。カウンターストレインの主に使っており、その技法をもって筋骨格系の痛みだけでなく内臓や筋膜、リンパ系に対してもアプローチされている先生です。長野式を学んだ経験から、私はずっとカウンターで背部兪穴を緩めれば内臓の治療になるのでは、と思っておりましたが、やはりやっている先生はいらっしゃるようです。
f0076071_16451888.jpeg

その先生が初めてカウンターを内臓やリンパの治療に用いたそうでした。カウンターのテンダーポイントとチャップマン反射点、そして経穴は重複するとことが多い、とのこと。あらためて東洋医学は進んでいるな、とその講義を受けて思いました。フォッサム先生ご推薦だけあって、素晴らしい先生でした。空軍時代に日本に来られたこともあって、懐かしそうに「また行きたいな~」とおっしゃっていたのが印象的でした。一人体調の悪い参加者がいましたが、カウンターで数か所リリースして、上胸椎をドックでさらっとアジャストします。流石臨床経験40年の動きでありました。

最後の日の午後はあの有名なロバートフルフォード先生の晩年の5年間指導を受けた、これまたアメリカでは珍しいオステパシーの手技だけで開業しているDOのワークショップでありました。フルフォード先生の生涯と学びと治療の遍歴、実際にフルフォード先生がその晩年に用いられていたテクニックを教えていただきました。フルフォード先生のワークショップでの治療動画なども見させていただきました。きっと日本のフルフォードファンの先生方は絶対に出席したいワークショップではなかったでしょうか。
f0076071_16461136.jpeg
その先生もとっても良い先生でした。やはり手技だけで勝負されているだけあって、フルフォード先生以外にも沢山の事を学ばれているようです。参加者も10人弱とのんびりでしたので、その先生から「どこで何年くらい臨床やっているのか?」と質問されたことをきっかけ色々お話させていただきました。

日本の整体のことも少しお話させていただいたら、そこから松本岐子先生は知っているか?という話になり、実は私は松本先生のお弟子さんから長野式を学び、鍼でやらず手技でやっていることをお伝えしたら「メールくれ」と名刺をいただきました。その先生のご兄弟が鍼灸師で松本先生の治療ビデオを見たことがあるそうです。先生は「キーコは素晴らしい!!!」と絶賛しておりました。本場のDO絶賛されるキーコ先生、長野式を学んだ私も大変うれしく誇らしく思いました。

ベルリン滞在中は会長にお世話になっただけでなく、JOPAというオステオパシー団体の会長先生にもお世話になりました。本当に素晴らしいい3日間でありました。とても楽しかったですが、日本に帰国してすぐに現実に引き戻されました。

ですがそういった素晴らしい先生方からお話を伺うたびにクラシカルオステオパシーや均整、東洋医学の素晴らしさを逆に感じてしまう旅でもありました。


by kaiondo102 | 2017-11-26 16:38 | セミナー 海外 通訳 | Comments(2)
Commented by Isiah at 2017-12-05 13:52 x
お疲れ様でした〜
是非その時のお話が聞きたいです!
Commented by kaiondo102 at 2017-12-10 01:09
是非そのうち!
<< フルフォード先生のテクニック クラシカルオステオパシーのすすめ 7 >>