日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
なんなのか先生 そう、..
by kaiondo102 at 22:29
鍼師先生 誇張法の斎藤..
by kaiondo102 at 22:25
鍼灸>手技>鍼灸と勉強し..
by 整体師改め鍼灸師なんのかなんなのか at 14:49
誇張法でもそうですが、先..
by 鍼師 at 07:55
藤先生 私が軽くやった..
by kaiondo102 at 23:14
鍼師先生 私は虚実か分..
by kaiondo102 at 23:10
拙い鍼灸師の戯言です。 ..
by Isiah at 22:47
要するに氣の流れに沿って..
by 鍼師 at 11:55
久しぶりに私にとって勉強..
by kaiondo102 at 20:50
治療の仕事を人生で初めて..
by kaiondo102 at 20:49
メモ帳
最新のトラックバック
broadway dan..
from broadway dance..
alfred chicken
from alfred chicken
Come and Pay..
from Come and Pay m..
anniversary ..
from anniversary in..
ipod cover
from ipod cover
cooper like ..
from cooper like lo..
subject verb..
from subject verb a..
long distanc..
from long distance ..
alta vista b..
from alta vista bab..
animated smi..
from animated smiley
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

裏攻め

私の個人的な考え方でありますが、誇張法が非常に効果的なのは5gというよわーい圧を使うことで身体が無意識の抵抗が起こらず、それによって椎骨が動いたり、その周辺組織が緩むのでは、とずっと思っております。ということは肝心なのは無意識の抵抗を施術で患者さんの身体に起こさない、ということが種々の技法において重要になるのかもしれません。

痛みというのは筋肉や靭帯、筋膜といった軟部組織の緊張により起きている、と考えられます。ですから腰が痛い人に前屈や後屈などその緊張している筋肉を引き延ばす動きをすると痛みが出ます。また緊張部位を上からぐっと押さえると痛みを患者さんは感じます。もちろん自発痛がある場合もありますが、私が診る痛みを訴える患者さんの多くは安静時には自発痛を訴えません。腰痛であれば痛みが出るのは何かの動作をしている時であり、安静にしていると痛みを感じることはありません(もちろんその姿位によります)。ですが、身体はいくら安静にしていても必ず動きが存在します。その動きの一つは呼吸の動きです。

呼吸をすることによって身体は必ず動きます。息を吸えば身体が膨らみ、吐けば縮みます。ですが呼吸をすることで痛みを感じる事が少ないのは何故なのでしょうか(もちろん息をすると痛いという方もいらっしゃいます)?

その一つは呼吸というのはある意味無意識の運動であります。この無意識の動きには身体は反応しにくいのかもしれません。また身体は外側からの圧迫には過敏に反応しますが、呼吸のような身体の内側からの動きには警戒感が少なく抵抗をしにくい、とも考えられます。ということは内側から何らかの動きが与えられるような操作をすれば、緊張部位はあまり抵抗せずに緩んでくれるのではないでしょうか。

といっても身体の中に手を突っ込んで腰の筋肉を内側から押さえることは出来ません。ということで考えたのが、例えば背中や腰が痛い場合には、その反対側のお腹から軽い圧迫を与えてみたらどうだろう、ということでやってみました。

左の背中から腕の外側にかけての痛みを訴える50代男性。うつ伏せで左の胸椎4~6の2側を押えると「ぎゃっ」とベッドから飛び上がります。これぞ本物のジャンプサイン。いつも通り骨盤と背骨を整えるとジャンプサインは無くなります。ぐっと押さえてみても痛みを訴えません。

仰向けになっていただきます。左の肩甲骨から手をそこに差し込み押さえてみるとまだ痛みます。そこで胸骨に手を当て、その痛い所に向けて軽く反対側から圧迫をかけます。イメージとしては差し込んでいる手が当たっている筋肉の裏側で胸骨からの圧迫の圧が止まる感じです。しばらくその状態でいると背中の緊張が解けていきます。

起き上がっていただくと左の背中は来た時より随分楽になりました。ですがまだ痛みは残っていますので、凸凹をやるとさらに楽になって終わりました。

40代女性、ぎっくり腰。前屈も後屈もダメ。骨盤と背骨を施術、そうすると前屈は楽になりますが後屈は変化なし。仰向けで帯脈、肩甲骨頸椎、頭を操作起き上がってもらうと起き上がれません。左の仙腸関節の所が痛みます。そこで手を差し込んでPSISに指をひっかけ5g牽引、下腹部に手を当て仙骨を裏側から下方(ベッドの面の方)へ動くように圧迫。なんとなくフワッとしたら手を離し起き上がっていただくと、さっきより随分らくです。後屈も随分出来るようになりました。凸凹と腰椎の誇張法をやるとさらに楽になりました。

まだまだこの裏筋攻めは研究の余地がありますが、効果がありそうな感じがします。いかに身体の無意識の抵抗を起こさせず身体を緩めるか、色々な方法が考えられそうです。







[PR]

by kaiondo102 | 2018-05-28 01:16 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kaiondo102.exblog.jp/tb/29815516
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 中極の効果 交感神経の抑制 >>