日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
なんなのか先生 そう、..
by kaiondo102 at 22:29
鍼師先生 誇張法の斎藤..
by kaiondo102 at 22:25
鍼灸>手技>鍼灸と勉強し..
by 整体師改め鍼灸師なんのかなんなのか at 14:49
誇張法でもそうですが、先..
by 鍼師 at 07:55
藤先生 私が軽くやった..
by kaiondo102 at 23:14
鍼師先生 私は虚実か分..
by kaiondo102 at 23:10
拙い鍼灸師の戯言です。 ..
by Isiah at 22:47
要するに氣の流れに沿って..
by 鍼師 at 11:55
久しぶりに私にとって勉強..
by kaiondo102 at 20:50
治療の仕事を人生で初めて..
by kaiondo102 at 20:49
メモ帳
最新のトラックバック
broadway dan..
from broadway dance..
alfred chicken
from alfred chicken
Come and Pay..
from Come and Pay m..
anniversary ..
from anniversary in..
ipod cover
from ipod cover
cooper like ..
from cooper like lo..
subject verb..
from subject verb a..
long distanc..
from long distance ..
alta vista b..
from alta vista bab..
animated smi..
from animated smiley
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

あーねむれない

子供さんが中学受験をするという患者さんにその名前を言うと神奈川県内の人はほとんど知っているという、いまではある程度有名といわれる私立の中高一貫校に私は中学の時まで通っておりました。その学校では夏前になると全校生徒の中から選ばれた昨年度の良い作文の文集を配りました。

今でもよく覚えているのですが、中学一年か二年の頃に読んだ作文で高校三年生の先輩が書いたものがありました。内容はその人が大学受験に向けて夜中まで勉強をしていたが、なんか疲れて散歩がしたくなって真夜中の道をぶらぶら歩いていたというものです。向こうに工業地帯の工場や煙突の赤やオレンジの明かりが見える川沿いの道を散歩をしている内に来年の受験のことから自分の将来、異性のこと、など将来に対する不安が胸いっぱいに膨らんできて、自分はこれからどうなってしまうのだろう?というものでした。しかし、人気のない夜の道を歩いている内に「一歩一歩やるしかない、きっと自分の先輩達もこういう悩みを抱え、それを乗り越えてきたのだろうから」という思いが芽生え、夜が明けるとともに家路に着いたという内容のものでした。

この先輩の文章を読んだ時は結構ショックを受けました。中学校一年と言えばまだまだ子供。とはいえ、もうまもなく自分も大人になるためこれから色々な関門が待ち受けている、ということが漠然と感じられもしました。一体、自分にはどんな人生が待ち受けているのだろうか?何がおきるのだろうか?少ない人生経験と狭い価値観しか持ち得なかった当時の私にとっては難問でありました。

その頃からでしょうか、夏の夜が眠れなくなったのは。眠れないので部屋の窓から外の様子をボーっとうかがっていると、それまでしていた音ー水を流す音だったり、人が会話する声だったり、テレビやラジオ音なのでしょうか、が少しづつ静かになってきます。そして、12時をまわることには(いまから20年前ですから)あたりはシーンとして、ときおり車やオートバイの音がするぐらいになります。その静けさのなかで、中学生だったころには深夜放送を聴いたり、小説をよみふけっておりました。

高校生になってアメリカから一時帰国している時はまた、9月から始まる新学期からの一年間に「長いなー」と半分不安とうんざりと楽しみでねむれませんでした。

それから20年、受験もし、仕事ももち、家族もでき、いっぱしの大人に年だけ考えればなっております。そして、自分の子供達がまもなく思春期に入ります。彼らは私や先輩のように将来への不安で押しつぶさせそうになるのでしょうか。出来損ないの父親である私には彼らの助けに少しでもなることができるのでしょうか。そして、あの文章を書いた先輩はどういう人生を送ることになったのでしょうか。

そんなことを考えているとまた、今年の夏も眠れそうにありません。さぁ、これから夜が明けるまでなにしようかなぁ。
[PR]

by kaiondo102 | 2006-08-15 00:46 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kaiondo102.exblog.jp/tb/3076574
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 踏みつける 長野式に出会って 14 均整法... >>