日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
なんなのか先生 そう、..
by kaiondo102 at 22:29
鍼師先生 誇張法の斎藤..
by kaiondo102 at 22:25
鍼灸>手技>鍼灸と勉強し..
by 整体師改め鍼灸師なんのかなんなのか at 14:49
誇張法でもそうですが、先..
by 鍼師 at 07:55
藤先生 私が軽くやった..
by kaiondo102 at 23:14
鍼師先生 私は虚実か分..
by kaiondo102 at 23:10
拙い鍼灸師の戯言です。 ..
by Isiah at 22:47
要するに氣の流れに沿って..
by 鍼師 at 11:55
久しぶりに私にとって勉強..
by kaiondo102 at 20:50
治療の仕事を人生で初めて..
by kaiondo102 at 20:49
メモ帳
最新のトラックバック
broadway dan..
from broadway dance..
alfred chicken
from alfred chicken
Come and Pay..
from Come and Pay m..
anniversary ..
from anniversary in..
ipod cover
from ipod cover
cooper like ..
from cooper like lo..
subject verb..
from subject verb a..
long distanc..
from long distance ..
alta vista b..
from alta vista bab..
animated smi..
from animated smiley
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

長野式とオステオパシー 4

長野式の経穴の操作によってなかなか改善しなかったものが、頭蓋オステオパシーを使って改善の兆しをみせたケースが他にもあります。

以前もこのブログに書きました化学物質過敏症の方の症例です。

やっと視界が広がり、歩いている時に色々なものにぶつからなくてすむようになってから、なかなか改善が見られませんでした。特に目の上(サン竹周辺)の不快感とともに、お医者さんでの検査もなかなか改善が見られませんでした。

しかし、ある時その方は目の上が疲れると目じりを後ろによく引っ張ることがある、と教えてくださいました。ちょうどその動きは頭蓋オステオパシーでいう蝶形後頭底の操作にそっくりです。そこで全身を整えた後、サン竹の圧痛を確認しコメカミの部分を耳のほうに(ちょうどキツネのような目になる)引っ張り、サン竹の痛みを確認してみました。すると随分ラクとのこと。長野式ではサン竹の痛みは脳下垂体のトラブルか蝶形骨の歪み、目の異常をあらわし、曲垣や少海などで圧痛をとりますが、この方に関してはこれらのツボもあるいは肩グウやヒジュといったツボを試しても圧痛がそれまでとれたことがありませんでした。

サン竹の圧痛が軽くなるとのことで、しばらくコメカミをずーっと引っ張ってみました。すると鼻の通りがよくなり目の上の圧痛がかるくなってくるそうです。5分ぐらい引っ張ってみると、サン竹の圧痛が随分減り、目がすっきりしてきたそうです。

そんな手探りな調整を続けて二回の後、病院での検査がはじめて少し改善したそうです。

頭蓋骨の動きが分るようになるには、東北オステオパシーの斉藤先生いわく「毎日やって2年はかかる」とのことでした。もちろん頭蓋骨の動きの制限を的確に感じ、その制限が完全に無くなるまで操作を続けるというのがオステオパシーの本道であるのでしょう。しかし、長野式の圧痛の意味をしり、それと頭蓋オステオパシーの操作と組み合わせることによって、微妙な頭蓋骨の動きをまだよく分らない私のような初学者にとっても頭蓋骨の操作が出来るのではないのでしょうか。

まだ習い始めたばかりのオステオパシーですが、私にとっては長野式より鋭い感覚が要求されます。頭蓋骨の動きは2年、頚椎の操作は10年かかるともいわれました。しかし、出来るようになるまで患者さんの病気は待ってくれませんし、その間に治療院の経営ができなくなるでしょう。
しかし、上手く長野式と組み合わせることによって鋭い感覚が得られるまでの近道ができたような気がします。
[PR]

by kaiondo102 | 2007-01-29 16:54 | 長野式とオステオパシー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kaiondo102.exblog.jp/tb/4466579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 長野式に出会って 22 鶴崎先... 長野式とオステオパシー 3 >>