日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
なんなのか先生 そう、..
by kaiondo102 at 22:29
鍼師先生 誇張法の斎藤..
by kaiondo102 at 22:25
鍼灸>手技>鍼灸と勉強し..
by 整体師改め鍼灸師なんのかなんなのか at 14:49
誇張法でもそうですが、先..
by 鍼師 at 07:55
藤先生 私が軽くやった..
by kaiondo102 at 23:14
鍼師先生 私は虚実か分..
by kaiondo102 at 23:10
拙い鍼灸師の戯言です。 ..
by Isiah at 22:47
要するに氣の流れに沿って..
by 鍼師 at 11:55
久しぶりに私にとって勉強..
by kaiondo102 at 20:50
治療の仕事を人生で初めて..
by kaiondo102 at 20:49
メモ帳
最新のトラックバック
broadway dan..
from broadway dance..
alfred chicken
from alfred chicken
Come and Pay..
from Come and Pay m..
anniversary ..
from anniversary in..
ipod cover
from ipod cover
cooper like ..
from cooper like lo..
subject verb..
from subject verb a..
long distanc..
from long distance ..
alta vista b..
from alta vista bab..
animated smi..
from animated smiley
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

長野式に出会って 24 鶴崎先生セミナー3

鶴崎先生のセミナーに出席して、長野式の治療を実際見ることによって長野式は手技に応用が十分可能であることがわかりました。

私が理解するに、長野式(キー子スタイル)ではまず、腹部の圧痛をターゲットとして狙い、その圧痛の解消が本治法にあたると考えられます。もちろん背部の圧痛も緩めていきますが、鶴崎先生そして、後日出席した松本先生のセミナーでの治療を見るところ、腹部の治療が重要視されています。腹部のどこに圧痛があるのかによって、この患者さんの主訴のバックグランドが分ります。例えば、主訴が腰痛であっても、右の肋骨の下及び左の下腹部に圧痛がまず認められれば、肝実(肝臓の機能亢進)とオ血がその患者さんのバックグラウンドとされ、それが原因で腰痛が発生したと考えます。そして、肝実とオ血をまず解消することにより患者さんのからだ全体の調子を整えそれから腰痛の治療に向かいます。もちろん軽度の腰痛であれば肝実とオ血を解消するだけで腰痛が大幅に軽減あるいはなくなってしまうことがあります。また、主訴が膝の痛みであるとか、肘の痛みや肩の凝りであってもまずお腹を整え、その後にそれぞれの主訴の治療をしていきます。これも直接痛いところに鍼を打つといったやり方ではなく、例えば膝の痛みだったら膝周りの圧痛点を探し、そこをマークして、足三里を探し、そこで膝周りの圧痛が消えるようであればそこを治療点とし、鍼をしていきます。肩凝りであれば、肩のどこが凝るかによって治療点が変わってきます。肩井であれば、陰稜線、C7脇および小腸経のラインであれば肘の少海が治療点となります。くどいようですがこれもまた、それぞれ肩井がゆるむところ、C7および小腸経のラインがしっかりゆるむところを探します。
また、内科的な疾患であれば、腹部を整えることが本治法でもあり、主訴に対する標治法にもなっていきます。

そして、なんといっても手技に応用が可能だと思わせたのが、そのターゲットを解消させるのに手をまず使うことです。例えば天枢をゆるめたければ、右手で天枢の圧痛を確認、患者さんに「痛いですか~」と聞き、痛みを確認したら、今度は左手で中封を押さえもう一度天枢を同じ強さで同じ方向に押し再び「今、痛いですか~」と聞きます。患者さんの答えが「痛くない」であればその左手の押さえているところがその患者さんにとっての中封であり、ここに鍼をしていきます。そこで思ったのが、「そのまま押さえてればいいじゃん」ということです。鍼の使えない私にとってはそのままターゲットと治療点を両方押さえ、ターゲットの圧痛がなくなるまで押さえていれば良いのでは?指で押さえてそのツボの位置が正しくて効果があるか確認しているならば、鍼や灸を使わずとも十分鍼灸の理論を手技に応用ができるのでは?とセミナーの治療を見ながら考えておりました。

このセミナーに出て、長野式は自分が考えていた理想の治療に大変近く、長野式を治療にとりいれることによって、はじめて患者さんの治療が恐くなくなりました。そして、治る治らないにせよ、整形外科的な疾患だけでなく、内科的なもの、精神的なもの、婦人科的なものと、ありとあらゆる患者さんの訴えに対応できるようになりました。そのせいか、患者さんも増えやっと治療院の経営も安定してきました。

鶴崎先生のセミナーでは、長野式だけでなく松本先生の新しい理論を分りやすく説明してくださり、治療も間近で見ることができます。また、松本先生にはしにくい質問もわかりやすく、真剣に答えてくださいますので、長野式に興味のある方は是非おすすめしたいセミナーです。
[PR]

by kaiondo102 | 2007-02-19 00:12 | 均整から長野式へ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kaiondo102.exblog.jp/tb/4638761
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< オステオパシー考 1 長野式に出会って 23 鶴崎先... >>