日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
なんなのか先生 そう、..
by kaiondo102 at 22:29
鍼師先生 誇張法の斎藤..
by kaiondo102 at 22:25
鍼灸>手技>鍼灸と勉強し..
by 整体師改め鍼灸師なんのかなんなのか at 14:49
誇張法でもそうですが、先..
by 鍼師 at 07:55
藤先生 私が軽くやった..
by kaiondo102 at 23:14
鍼師先生 私は虚実か分..
by kaiondo102 at 23:10
拙い鍼灸師の戯言です。 ..
by Isiah at 22:47
要するに氣の流れに沿って..
by 鍼師 at 11:55
久しぶりに私にとって勉強..
by kaiondo102 at 20:50
治療の仕事を人生で初めて..
by kaiondo102 at 20:49
メモ帳
最新のトラックバック
broadway dan..
from broadway dance..
alfred chicken
from alfred chicken
Come and Pay..
from Come and Pay m..
anniversary ..
from anniversary in..
ipod cover
from ipod cover
cooper like ..
from cooper like lo..
subject verb..
from subject verb a..
long distanc..
from long distance ..
alta vista b..
from alta vista bab..
animated smi..
from animated smiley
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

オステオパシー考 1

この業界に入ろうと思ってから気になっていた存在が、一つは長野式であり、もう一つはオステオパシーでした。

これも随分前の医道の日本の記事に、頭蓋オステオパシーのことを知った鍼灸師の方がその凄さに驚くとともに、脳脊髄液の流れは東洋医学でいう腎間の動気ではないかという論文を佐川急便時代に読んだ記憶があります。それから、ワイル博士の「癒す心治る力」や伝説のオステオパスといわれたロバートフルフォード博士の「いのちの輝き」を読んで、オステオパシーには物凄く興味がありました。

ここ数年は長野式に出会い、治療も大きく変化してはきました。治療できる病気の対象が広がり患者さんも増え大変満足してはおりましたが、昨年はじめよりどうもスランプに陥ってしまいました。確かに長野式は凄く、それを手技にも応用ができかなり効果があげられます。しかし、このまま長野式だけで治療していくので良いのかなぁとの思いが大きくなってしまったことが原因です。

理由はおいおい長野式に出会ってシリーズで私の考えを披露させていただきますが、その理由の一つは手が結構疲れるのです。長野式では圧痛を探るとき、だいたい3kgの強さで押圧していきます。患者さんが続くとだんだん肘から先に重ーい感じがたまってきます。私は今のところの予定だと死ぬまで治療に携わりますので、80歳になったらこんなに押せないのではと言う不安がありました。そんな思いを抱えていたある時、からだはうすのホームページから「東北オステオパシー会」の存在をしりました。

よんでみるとびっくり、東北オステ会では誇張法という技術を学びますがそのときに患者さんに使う圧はなんと5gとのこと。講習会でもびっくりしたのですが、ほんとに触るだけなのです。少しでも指に力が入ると、「強い」といわれます。今まで、マッサージのバイトでぐいぐいもんで、均整やっている時もがんがんゆさぶって、長野式でも3kgの圧でからだのあちこちを押しまくっていたのが急に5gと言われても簡単に力を抜くことができません。ましてや5gで押して治るのだろうかからだは変化するのだろうか、という疑問と患者さんには突然触るだけの治療でどう思われるのだろうかという若干の不安がありました。

とはいえ、習ったことはすぐに実戦で試したくなるのが性分、長野式に混ぜて使ってみましたが、結構びっくりするような効果があるだけでなく、手の力を本当に抜ききったほうが背骨をはじめ頭蓋骨やからだあちこちの関節の動きが逆によくわかる、ということを先週やっと体感することができるようになりました。
[PR]

by kaiondo102 | 2007-02-25 23:58 | オステオパシー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kaiondo102.exblog.jp/tb/4694030
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< オステオパシー考 2 長野式に出会って 24 鶴崎先... >>