日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
なんなのか先生 そう、..
by kaiondo102 at 22:29
鍼師先生 誇張法の斎藤..
by kaiondo102 at 22:25
鍼灸>手技>鍼灸と勉強し..
by 整体師改め鍼灸師なんのかなんなのか at 14:49
誇張法でもそうですが、先..
by 鍼師 at 07:55
藤先生 私が軽くやった..
by kaiondo102 at 23:14
鍼師先生 私は虚実か分..
by kaiondo102 at 23:10
拙い鍼灸師の戯言です。 ..
by Isiah at 22:47
要するに氣の流れに沿って..
by 鍼師 at 11:55
久しぶりに私にとって勉強..
by kaiondo102 at 20:50
治療の仕事を人生で初めて..
by kaiondo102 at 20:49
メモ帳
最新のトラックバック
broadway dan..
from broadway dance..
alfred chicken
from alfred chicken
Come and Pay..
from Come and Pay m..
anniversary ..
from anniversary in..
ipod cover
from ipod cover
cooper like ..
from cooper like lo..
subject verb..
from subject verb a..
long distanc..
from long distance ..
alta vista b..
from alta vista bab..
animated smi..
from animated smiley
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

守破離 6

長野式(キー子スタイル)では、症状に関係する圧痛をターゲットとしてその圧痛を解消できるツボを治療点として選びターゲットの圧痛を消失させれば症状は改善される、という理屈になっていると思います。

胃の不調であれば中カンの圧痛、肝機能の異常であれば期門、婦人科系のトラブルであれば気穴(子宮)あるいは水道(卵巣)の圧痛があげられます。また、筋骨格系のトラブルでも腰痛ならば臀部や腰部の圧痛、四十肩であれば三角筋の圧痛、腱鞘炎ならば手首周りの圧痛がターゲットになります。

内科的な疾患や自律神経の乱れによる諸症状であれば、腹部の圧痛を解消していけばほとんどの場合解消します。しかし、腰痛をはじめとするからだの痛みの場合は勿論それで改善するケースも多いのでしょうが圧痛だけを頼りにしてよいのだろうか?と均整法出身の私としては疑問があります。腰痛などは寝ているときの圧痛は触れる限り全部とっているのに立位になってみるとそこまで改善していないなんてことも良くあります。また、四十肩はあまり三角筋の圧痛は関係ない感じがしますし、頚部痛には頚部の圧痛をいくらとってもこれもまたあまり症状の改善には関係がないようです。

背中や肩こりはこれもさわれる限り圧痛をとっているにもかかわらず「どうですか?」と聞いてみると「うーん、まだ残っています」ということも少なくありません。逆に圧痛にさわらず肩を動かしてもらったり、凝った感じや自覚できる痛みをターゲットにそれに関係するツボを操作するとさわっても圧痛が残っているにもかかわらず、「すごいラクになりました~」といわれることもあります。

また、瞳孔の調節が上手くいかないせいでしょうか、まぶしくてしょうがないという患者さんが何人かいらっしゃいましたが、この時は目の周りの圧痛をターゲットを解消させてもほとんど症状は改善せず、圧痛は無視してまぶしさだけをターゲットに目のツボ(橋本先生の目のポイントかヒジュ)を刺激したところそれでいままでにない改善がみられたこともあります。

きっとからだに痛みをおこさせるのは触れるところの筋肉の圧痛ではなく、触れないところの細かい筋肉や深いところの筋肉、あるいは靭帯の緊張が原因だあったり、立位では当然重力がからだにかかってきますので、寝ているときとは違ってくるためではないからでしょうか。

私が圧痛だけを頼りにするこの長野式に疑問を抱いたのは、このまま圧痛だけを頼りに治療をすると名人にはなれないのではというのが最大の理由であります。
[PR]

by kaiondo102 | 2007-07-10 23:56 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kaiondo102.exblog.jp/tb/5853617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 治療家考 1 オステオパシー考 8 なぞのL... >>