日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
なんなのか先生 そう、..
by kaiondo102 at 22:29
鍼師先生 誇張法の斎藤..
by kaiondo102 at 22:25
鍼灸>手技>鍼灸と勉強し..
by 整体師改め鍼灸師なんのかなんなのか at 14:49
誇張法でもそうですが、先..
by 鍼師 at 07:55
藤先生 私が軽くやった..
by kaiondo102 at 23:14
鍼師先生 私は虚実か分..
by kaiondo102 at 23:10
拙い鍼灸師の戯言です。 ..
by Isiah at 22:47
要するに氣の流れに沿って..
by 鍼師 at 11:55
久しぶりに私にとって勉強..
by kaiondo102 at 20:50
治療の仕事を人生で初めて..
by kaiondo102 at 20:49
メモ帳
最新のトラックバック
broadway dan..
from broadway dance..
alfred chicken
from alfred chicken
Come and Pay..
from Come and Pay m..
anniversary ..
from anniversary in..
ipod cover
from ipod cover
cooper like ..
from cooper like lo..
subject verb..
from subject verb a..
long distanc..
from long distance ..
alta vista b..
from alta vista bab..
animated smi..
from animated smiley
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

自分の動かないところを動かすこと 2

治療をしていてふと骨の動きがまったくわからなくなってしまうことがたびたびありましたが、自分のからだをよく観察していると必ずといってよいほど、手先に力が入っています。逆に骨の動きがよくわかるときは指先には一切力が入っておらず、患者さんのからだに手がふわーっとのっているような気がします。

確かに重い病気の方、長い間病気を患っている方、精神的にかなり疲れている方の骨の動きは確かに悪い感じはあります。しかし、そういう方々を調整するときに限って骨の動きがわからないため、なんとかわかろうと力を込めてしまい、逆に動きがわからなくなってしまうようです。

では、指先に力を込めないようにするにはどうせればよいのでしょうか。やはりこれは太気拳や野口体操の理屈を応用して、手を動かすときは足の動きやおなかを動かす感じで使い、立禅の時のように肩を落とし、腕で紙風船を破れないように抑える感じで動かします。また、文章で表現するのは大変難しいのですが、力の方向を抑えている一方向だけではなく、抑えているところからくる反発の力を中心に感じながら抑えるとさらに力の抜けが良いようです。

それでも不思議なのは指先に力を入れての5gと指先に力をいれずからだを動かした5gは同じ5gなのにどうしてこう感覚が違うのでしょうか?指先に力が入っているときはまるで患者さんの骨が5gの圧を拒否している感じがしますが、からだを使っての5gの圧は患者さんのからだが受け入れてくれるような感じがします。まるで背骨やそれをとりまく筋膜に意思があるようです。

均整法を勉強し、それを使って治療していたときに自分の均整法の技術が通用せずかなり悩みました。テキストのとおりこの場所を3段で押してとそのとおりにやっておりましたが、当時私がやっていたのはただの真似事であったようです。真似事をしていただけで均整法が通じず均整法に見切りをつけてしまいましたが、いまから考えるととても恥ずかしいことでもありました。

この力をいれず力を入れる方法、治療だけでなく太気拳の組手に応用できないものでしょうか。最近、100キロ近くあるレスリングの選手や総合をやっていた人たちが道場に来ていますが、いざ組手をやるとそれこそぶっとばされ紙くずみたいにぐしゃっと丸められポイッと捨てられる感じです。なんとかそれをこの力をいれず力をいれる方法で逆に100キロのやつらをぶっとばしてみたいと思っているのですが、はたしていつ上手いくでしょうか???
[PR]

by kaiondo102 | 2008-09-21 17:13 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://kaiondo102.exblog.jp/tb/9135242
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のり at 2008-09-22 21:22 x
力を抜くこと…とても大切なことだと私も思います。ただ力を抜くだけではダメなんですね。う~ん難しい~。治療全般に言えると思うのですが肩に力が入っている時はいい結果がでないような印象があります。
Commented by kaiondo102 at 2008-09-23 23:23
のり先生

力が入ると確かに良い治療ができません、が難しい患者さんやどうしてもここで決めなければいけない患者さんの時、力が入ってしまうんですよね。平常心とはむずかしいものです。
Commented at 2008-09-26 19:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kaiondo102 at 2008-09-29 16:18
ががが先生

肉厚な方ですか。そういう方は棘突起がどこにあるのかわかりずらいですし、背骨がくっついていたりすると本当にわかりにくいです。
<< 側頭骨の痛み 自分の動かないところを動かすこと 1 >>