日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
私は長野先生のような治療..
by kaiondo102 at 08:46
先生のブログを読み、以前..
by Isiah at 23:56
ご教授ありがとうございます
by 鍼師 at 06:43
ユーチューブにlymph..
by kaiondo102 at 22:23
リンパポンプとはどのよう..
by 鍼師 at 12:00
こちらこそご無沙汰してお..
by kaiondo102 at 22:44
中野先生、ご無沙汰してお..
by キャンベル・ヨシハラ at 20:36
東洋医学は凄いですね
by kaiondo102 at 16:44
きっと先生のおっしゃる通..
by kaiondo102 at 16:44
リンパポンプは、半ば横隔..
by Isiah at 23:47
メモ帳
最新のトラックバック
broadway dan..
from broadway dance..
alfred chicken
from alfred chicken
Come and Pay..
from Come and Pay m..
anniversary ..
from anniversary in..
ipod cover
from ipod cover
cooper like ..
from cooper like lo..
subject verb..
from subject verb a..
long distanc..
from long distance ..
alta vista b..
from alta vista bab..
animated smi..
from animated smiley
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧


お医者さんのオステオパシー

昨日、私の実家の近くの精神病院でうつ病の治療に長野式の鍼灸が選択されることになったと書きましたが、今日たまたまクラシカルオステオパシー協会のホームページを見たら、会長先生が新しくオステオパシー専門のクリニックをオープンされたとの記事を読みました。

私はクラシカルの初級コースをうけただけですが、内科医でもある会長先生のクラシカルに対してだけでなく、人を治療することへの情熱もぴんぴん伝わってきました。その先生がそれまで開業されていた内科の医院を閉院され、オステオパシーの治療のみのクリニックをオープン、その勇気には頭が下がります。

私なんざ、開業して約3年患者さんが来なくていろんなところから借金をかさね、夜はマッサージのアルバイトなんていう生活を続けておりましたので、新規に開業する怖さは身にしみてわかっております。また、整体や針灸などライバルも多いなか、順風満帆にはそう簡単に行かないかもしれません。

しかし、オステオパシーを学び西洋医学の限界を知った先生はそのまま内科医をつづけるのは潔しとされず、自分にうそをつかなくてすむ道を選ばれたのでしょう。

長野式の創始者、長野潔先生は医学に洋の東西はない、とおっしゃっていたそうです。精神病院で長野式が取り入れられ、内科医の先生がオステオパシー専門のクリニックをオープン。それまで東西の医学を隔てていたベルリンの壁が少しずつ崩されている感じがします。日本に医療も新しい時代に突入しつつあるのでしょうか。

私も是非、そのクリニックに治療をうけに行かせていただきたいと思っております。影ながらご健闘をお祈りしたいと思います。
[PR]

by kaiondo102 | 2008-03-31 17:35 | Trackback | Comments(0)

病院で長野式

長野式研究会から時折セミナーの案内をいただきます。その中に今年から横浜市の病院の精神科でうつ病の患者さんを対象に長野式によって治療するスペースができるそうです。

聞くところによるとその病院の精神科のお医者さんがハーバード大に留学中、腰痛を松本先生に治療してもらったことがそもそもの話のはじまりであったそうです。うつ病が国民病といわれるアメリカにおいて松本先生は尾骨の治療や頭部の治療などでかなりの効果をあげているとのこと、きっとその精神科の先生も松本先生の治療を見学、ご自身の鍼灸治療の効果もあり実際に病院内で長野式を取り入れることになったのでありましょう。

実際、私のような治療院にも結構うつ病の方はいらっしゃいます。もちろんすぐに来なくなる方もいらっしゃいますが、ご家族の協力もあってコンスタントにいらっしゃってくださる患者さんは少なくとも私の治療院に来る前よりは確実に心もからだも調子が良いよいです。薬を飲まなくてもよくなったり、精神科の先生から改善ぶりを評価され「その治療法があっていてよかったですね、是非続けてください。」といわれたり、それまで考えられなかったアルバイトまで始められた方もいらっしゃいます。

しかし、これは私の治療院に限ったことではなく、まっとうな治療をおこなっている治療院では結構日常茶飯事のことではないかと思われます。よく考えてみればあたりまえですよね、からだと心は一体です。からだの調子がよくなって自律神経のバランスがとれてくれば治ったといわないまでも快方に向かうことは当然でありましょう。しかし、患者さんやそのご家族も現代医療だけ頼るのもどうかと思う人も多く、そうなると当然、精神科や心療内科での治療以外の方法を求め我々のような治療院にも目をむけるのでしょう。そして実際に治療を受け満足されているというのは表向きには出ないもののかなり多いのではないかと思われます。

この度、そういった専門の病院で東洋医学が治療の一つの選択として採用されるのは素晴らしいことではないかと思います。そして、実際の効果をあげ少しでも多くのまだ東洋医学を知らない迷える患者さんやそのご家族の希望の光になれればと期待をしているところです。

ちなみにその病院、私の横浜の実家から目と鼻の先にあり、その裏山で小学生のころよく遊んでおりました。そこで長野式、不思議なご縁を感じます。
[PR]

by kaiondo102 | 2008-03-31 00:40 | Trackback | Comments(0)

子供たちとクラシカルオステオパシー

大人にクラシカルオステオパシーだけで施術を終わらせることは初級コースしか受けていない為、自信がありませんが子供たちへの施術は結構お役に立たせてもらってます。

基本的にはクラシカルの基本の身体調整にちょこちょこっと気になるところを誇張法や長野式で調整するやり方ですが大変効果があります。

先日来たのは踵の痛い10歳の男の子。数週間前から痛み始め、からだが冷えたり学校が終わって疲れが出たりすると踵が痛み歩くのもつらくなるそうです。紹介してくださった方からは帰国子女の子で日本の学校にもなかなかあわず精神的にもきついとのこと。なんとクラシカルの本場イギリスにいたそうです。整形外科に通うも効果がないので困ってしまったそうです。

顔を見ると目の下にくまがあります。冷えると痛むということは腎のトラブルでしょうか。踵の真ん中辺りを押さえると「痛い」という所が数箇所あります。そのままクラシカルの身体調整を行いました。終わったところで踵を押さえると「あっ、さっきより痛くない」。長野式でおへその横の腎の反応点である盲ユの圧痛を復溜でとり、膝を誇張法で調整。小指が曲がっていたので少し伸ばして立ってもらいました。「どう?」と聞くと「全然平気、痛くない」ととっても嬉しそう。お連れのお母さんにこれまた嬉しそうに「とても気持ちが良かったよ、寝そうになった」と話しています。見るとくまも随分薄くなっていました。

今日来たのはその男の子を紹介してくださった方の4歳の息子さん。お母さんの予約でしたが、昨日鉄棒に頭をぶつけて、と見るとおでこの左側にでっかいたんこぶ。触ると痛く服を脱ぎ着するのも大騒ぎ。以前もこの子は一ヶ月間セキが止まらなかったのがクラシカルの調整で止まったことがありました。お母さんの施術の前に診ることに。

とりあえずクラシカルの基本調整を行います。背中をみると背骨の何箇所か左によっています。以前、左の首の痛い10歳の男の子を診た時、背骨がこれまた何箇所か痛い左によって、そこを調整したら痛みが無くなったことがありました。そこで左のおでこをぶつけたショックなのかな、と思い左にずれた背骨を誇張法で調整します。背骨がそろったところで仰向けになると、お母さんが「たんこぶが!」とびっくりしています。あれほどぼこっとしていたたんこぶが随分フラットになっています。ちょっと強めに押しても痛くないそうです。最後に前頭骨を誇張法で動かし終了。自分で触ってもらっても「平気」だそうです。お母さんの施術が終わるころにはぶつけたあざまでかなり薄くなっていました。

他にもお腹が痛く食欲が無かった子や風邪でセキの子など子供たちにはこのクラシカルの基本調整かなり効果があります。施術の時間もだいたい10分ぐらい。子供たち全員この手技は気持ちよいそうです。そして、施術が終わって後の子供たちのうれしそーな顔がなんともいえません。

このクラシカルの身体調整、からだ全体の調子をあげるのにはかなり効果的な感じがします。東洋医学でいう本治法にあたるもののような感じがします。これでうちの子の登校拒否もなおらないかなぁ???
[PR]

by kaiondo102 | 2008-03-20 00:19 | オステオパシー | Trackback | Comments(0)

痔と骨盤隔膜

2週間に一度健康管理でこられる患者さんが最近、痔が気になるとのこと。

痔といえば長野式で考えると、季節は春ということから肝臓のうっ血→門脈のうっ血→直腸静脈のうっ血→痔の発症という感じになるのでしょうか。松本先生の著書でも痔の反応は左の下腹部のオ血として出、孔最でその圧痛をとるとありました。

また、靭帯性関節ストレインの本には骨盤隔膜のトラブルの一つに痔があげられていました。

そこで骨盤隔膜をゆるめることで痔がどう変わるか試してみました。

いつも通りクラシカルで全体を調整、骨盤と脊柱を誇張法で調整します。特に骨盤を丁寧に調整すると腹部の圧痛が消失あるいは大幅に軽減することが多いので骨盤は少し時間をかけます。「いま、お尻の感じどうですか?」とすこし肛門に力をいれてもらいます。「まだ、違和感はあります」とのこと。そこで痔はお尻のどちら側か聞くと、右とのこと。そこで右の骨盤隔膜の調整をしてみました。

ぐっと指先で坐骨から指をすべらせ骨盤隔膜を押すと結構痛みがあるとのこと。骨盤隔膜の痛みをとるには通常ですと胆経の風市か野口整体のひえのポイントを押さえますが、今回は痔の特効穴である孔最を使ってみました。右の腕の内側の肺経のラインを肘下のあたりからおさえていくとぽこっと虚している感じの場所があります。押さえると気持ちが良いとのこと。そこでそこを孔最として押さえながら骨盤隔膜をもう一度押さえてみました。すると痛みがなくなるだけでなくとても気持ちが良く、痔の患部に効いている感じがするとのこと。そこでしばらく孔最と隔膜を押さえていると「気持ち良い感じがなくなった」とのことなので押さえるのをやめました。

その次に来られたときはだいぶん痔の調子が良いそうなので同じ施術をもう一度行いました。そして今日来られた時に痔のことを伺うと最近は全然問題なしとのことでした。

その人の治療をしながらふと、開業したてのころ腰痛を訴えこられていた方がその日は痔が痛くてしょうがないと困っていて、私も何も出来なかったことを思い出しました。今年で開業して9年が過ぎようとしています。長い時間をかけ数多くの失敗とくやしさを経験して初めて、治療という技術は上達していくものなのでしょうか。
[PR]

by kaiondo102 | 2008-03-16 00:02 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(0)

経絡と誇張法

拇指腱鞘炎に肩鎖関節の調整が効果があったので今度は指先や手首の調整で体幹に近いところがどう変わるか試してみました。

まずは四十肩。いってもそんなに痛いわけではないそうですが、腕を上げきると痛みがあるそうです。四十肩といえば誇張法では肩鎖関節。そして肩鎖関節は大腸経。そこで人差し指から調整してみました。

人差し指の第二関節がとても固く、動きがでるまですこし時間がかかりましたが、動くようになってから腕をあげてもらうと少しラクに上げることができます。そこで大腸経の線上の手根骨、舟上と大菱形骨を調整するとさらにラクになります。最後は肩鎖関節。あっという間に動きだします。腕を上げてもらうと痛み無く上げること出来るようになりました。

次はピアノの先生の腕の痛み。特に右の肘を中心に右腕全体が重く痛いとのこと。肘はちょうど三焦経のあたりが痛むそうです。最近練習をがんばっているせいか、小指も腱鞘炎ぽくなっているそうです。小指の腱鞘炎から肘の痛み、そして腕全体の痛みにつながるのかなと思い、まずは小指を調整。続いて小指側の手根骨を調整。どう?と聞くとあんまり変わらないとのこと。そこで三焦経だと薬指だから薬指を調整、その後三焦経上の手根骨を調整します。薬指を調整しているとグツグツと靭帯でしょうか、音がします。また、患者さんの肘に何かが響いてくるとのこと。
動いたかなというところで「どうですか?」と聞くと肘も腕全体も随分ラクに。そこで最後に誇張法の肘の調整をすると、腕の違和感はなくなったとのこと。

さらに卒業証書を書きすぎたという書道の先生。肩が凝ってしょうがないそうです。肩凝りはちょうど肩甲骨の小腸経のあたり。ということは小指の調整からやってみました。この先生の小指も調整中、グツグツと音をたてます。手首の骨を調整、おまけに肘を調整し「どうですか?」と聞くとスッキリしたとのこと。

さすが、三千年の歴史をもつ経絡理論。本当に便利だなぁと感じます。
[PR]

by kaiondo102 | 2008-03-10 00:09 | 長野式とオステオパシー | Trackback | Comments(0)

経絡と相関関係と誇張法

最近、調子が良いのは出産後の女性の腱鞘炎。近くに母乳のケアをしている助産院があり、そこから良く、患者さんを紹介してくださいます。

先日もそこから患者さんが来られました。両手とも腱鞘炎で、特に右がひどいとのこと。

クラシカルで四肢、誇張法で骨盤と背骨、長野式で腹部をゆるめ、左手から誇張法で念入りに施術。手首の手根骨を調整して、左手を動かしてもらうと「あと7割残っています」とのこと。そこで親指を調整。すると、「あ、さっきより良い、あと5割ぐらい」。そこで人差し指を調整。すると痛みがあと3割ぐらいになるとのこと。

次に右手首の調整。手根骨を調整しても「う~ん少しらくかな」。親指を調整すると「まだ8割残っている」。人差し指では「あっ7割ぐらいに減りました」。私も内心「今日はこんなところかな」と思い、終わりにしようと思い、頚椎、後頭部を調整後、ふと肩鎖関節をいじってみました。動きが良くなったかな、というところで手首を動かしてもらうと「あっ半分ぐらいに痛みが減りました」と驚いていました。

最近、拇指の腱鞘炎には手根骨だけと拇指だけでなく、人差し指の調整も入れるようにしています。理由は確かに痛むのは拇指を動かした時ですが、痛みの場所はちょうどトウ骨の大腸経のライン。肺と大腸は表裏の関係にあたります。そこで大腸経の人差し指を調整してみると拇指だけ調整した時より腱鞘炎の治りが良い気がします。そして、今回取り入れたのは肩鎖関節。なんとなく以前から気になっていたのですが、ここはちょうど大腸経の走向にあたります。きっと大腸経の流れを改善する効果があるのかもしれません。

さらにこの考えを背骨まで拡げると、大腸経のユ穴はちょうどL4.L4は均整法でいうと骨盤型といって関節をコントロールするといわれている椎骨にあたります。すると、拇指腱鞘炎の調整の流れは、特にL4、とその関連椎骨である、T8,4そしてC7を念入りに調整、その後、肩鎖関節、そして、患部という流れも考えられます。

斉藤先生が作られた誇張法、ワーナム先生がまとめたクラシカルオステオパシー、亀井先生の均整法、長野先生の長野式。どれをとっても一流の治療技術であり創始者は天才的な治療家ではありましょうが、同じことをやっても生徒である我々が同じ結果を出すのは不可能であるでしょう。

オステオパシーに均整法や経絡の考えを取り入れることによって、少しでも創始者の先生方々の治療効果に近づければ、と思う今日この頃です。
[PR]

by kaiondo102 | 2008-03-03 00:17 | 長野式とオステオパシー | Trackback | Comments(2)