人気ブログランキング |

日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
home interio..
from home interior ..
myspace anim..
from myspace anime ..
attraction f..
from attraction fatal
antioch apar..
from antioch apartm..
himno nacion..
from himno nacional..
cell phone a..
from cell phone ant..
addiction dr..
from addiction drug..
gourmet hous..
from gourmet housew..
canada downl..
from canada downloa..
lock make pi..
from lock make pick..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


やはり大腸経は?

先日、歯の痛みが肩鎖関節の調整で止まったということをご報告させていただきましたが、今日来られた患者さんはここ数日、顎の痛みに悩まされているということでした。

聞くと、以前にも似たような感じの痛みがあり、歯医者さんでは左の上の奥歯に原因があるとされ奥歯を抜くも痛みは変わらず、大学病院やカイロにいっても治らなかったとのこと。そうこうしている内に自分の子供の体調が悪くなり、看病している間に痛みがなくなったそうです。しかし、それから一年経ち、ここ数週間痛みがあり、ごはんを食べるのも苦労しているそうです。

クラシカル、誇張法、長野式と頭以外を調整、どう?と聞くと痛みは変わらないとのこと。そこで先日の歯の痛みの経験から肩鎖関節を調整してみました。前後の動きが整ったかなというところで「どう?」と聞くと随分らくとのこと。その後、後頭骨、側頭骨、上顎骨、下顎骨を調整すると「痛みがなくなりました」とのことでした。

肩鎖関節で顎の動きが変わるなんて、いったい肩鎖関節だけでいくつの場所に効くのでしょうか?今後も楽しみです。

by kaiondo102 | 2008-04-17 23:08 | 長野式とオステオパシー | Comments(0)

あ~治らない

長野式を学ぼうとも、誇張法やクラシカルオステオパシーを学ぼうとも、この仕事をやっている限り悩まされるのは患者さんを治せないということではないでしょうか。

以前このブログに書いた海外旅行で大怪我をして背骨の手術をして日常生活が満足にできなくなって私の治療院に来られた患者さん。結構改善して患者さんも私も大喜びしていたのですが、ここ半年また調子がよくありません。患者さんいわく、足のしびれもひどくなり腰のつかまれているような痛みもあり、一年前より調子が良くないかもと訴えられます。

こういうことを患者さんから言われると私もいたたまれなくなり、あれこれ一生懸命考え治療をさせていただくのですが、なんとも進展がありません。患者さんも変だ変だとおっしゃり続け半年、とうとう来られなくなってしまいました。

それだけではありません。紹介された腰痛と左半身のしびれに悩まされるご夫婦、この方たちも一回目の施術ではほとんど改善せず、首をひねられながら帰られていまいました。

そんなことがここ数ヶ月けっこう続いております。

自分は平凡な治療師とは重々承知しておりますが、それでもかなり凹みます。改善しなかったことで頭が一杯になり、他の方の施術にも集中できず、かなり改善したとしてもあまり嬉しくなくなってしまいます。

あ~もっと腕が良くなりたい、と真剣に思ったこの春でした。

by kaiondo102 | 2008-04-13 16:48 | 臨床雑記 | Comments(2)

歯の痛みには

先日来た20歳の大学生の女の子、全身のじんましんを訴えこられました。心当たりを聞くと、友達と会ってお酒を飲んだのか、あるいは親知らずを抜いたときに抗生物質を飲んだのか???、でもよくわからないとのこと。

クラシカルオステオパシーで全身を調整、誇張法で背骨の気になるところを調整、右の季肋部の圧痛が強いので、長野式の解毒処置、築賓と肩グウで腹部をゆるめました。どう?と聞くとかゆみが半分ぐらいに減っているとのこと。しかし、親知らずの痛みがまだ気になるそうです。

親知らずを抜いた場所を聞くと、左の下の歯とのこと。下の歯には腕の大腸経の偏歴を使いますが、大腸経なので肩鎖関節はどうかなと思ってだめだったら偏歴を使えばいいやと思い、まずは肩鎖関節を調整してみました。

動かしやすい方に動かして前後のバランスが整うこと数十秒、「歯の痛みはどう?」と聞くと「減ってきた」とのこと。そのままもう少し調整、再び「どう?」と聞くと「痛みは無い」とのこと。

やはり肩鎖関節は大腸経なのでしょうか?まだ一例だけなので絶対効くとは言えませんがとりあえず今回は効果がありました。

各関節の誇張法が経絡の調整にもなるのでしょうか?不思議です。

by kaiondo102 | 2008-04-07 23:40 | 長野式とオステオパシー | Comments(5)

ここをやったらどこに効く

いまでは治療技術として均整法は使っていないものの、いまでも重宝しているのが均整法の患者さんのからだの観察と相関関係です。

特に、仲間うちでの勉強会では誇張法の個々のテクニックはその場所だけでなく、相関関係的にみるとからだの他の部分のどこに効くのだろうということが話題になります(私を含め約4名が東北オステオパシーに参加中)。

その中で、最近気がついたのは、肘への調整で肩の巻き込みがとれるということです。仰向けに患者さんが寝るとどちらかの肩がベッドから離れていること(両方の場合もあり)があります。結構そちら側の肩や首が痛かったり、凝ってたりすることも多いものです。特に肩甲骨の際が凝っていたり痛い場合、この肩の巻き込みをとるとその痛みが大幅に減ってきます。

以前でしたら長野式的に肘の内側にある少海をおさえ、肩の圧痛を消しておりましたが、少海は肘の関節の近くになります。ちょうど誇張法の肘のテクが尺骨から上腕骨を引き離すとのことでしたので少海の代わりにならないかと思って何人かの患者さんに試してみました。

すると、肘の誇張法で腕の動きが変わるとそれまで浮かび上がっていた肩先が落ちて、肩甲骨内縁の凝りや痛みがどうやら軽減するそうです。重症のケースですとここから少海を使って圧痛を消していきますが、そこまでひどくない場合ですとこの肘への操作だけで肩の凝りが無くなることもあるようです。

均整法の相関関係や経絡のつながりと誇張法のテクニックをあわせると、個々の関節だけに効かせるのではなく他の場所にも効果を出すことが可能なようです。これから色々発見があれば折に触れご報告させていただきたいと思います。

by kaiondo102 | 2008-04-05 23:43 | オステオパシー | Comments(0)