人気ブログランキング |

日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
home interio..
from home interior ..
myspace anim..
from myspace anime ..
attraction f..
from attraction fatal
antioch apar..
from antioch apartm..
himno nacion..
from himno nacional..
cell phone a..
from cell phone ant..
addiction dr..
from addiction drug..
gourmet hous..
from gourmet housew..
canada downl..
from canada downloa..
lock make pi..
from lock make pick..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


アメリカでは

昨年末、アメリカに住んでいる方が里帰りで日本に来られ、其の方のお姉さんのご紹介で私の施術所に来院されました。

主訴は右の腰痛ど胸椎6番の右横の痛み。施術は順調に終わり、腰痛と背中の痛みもなくなったそうです。そこで其の方、「アメリカではどこに行ったらよいのでしょうか?」と聞かれます。日本でも治療院選びは難しいものですが、アメリカなんてもっとわかりません。

「アメリカにはオステオパシーというのがあって私が腕を回したり背骨を整えていたのはオステオパシーというものの技術です(厳密に言えば誇張法は日本製、クラシカルはイギリスですからアメリカのものではありませんが)」と言ったところ、「それはカイロなんですか?」と聞かれました。

伺うとアメリカ(カリフォルニア)にもう20年近く住むもオステオパシーなんて言葉は聞いたことがなく、カイロはあちこちに看板が出ているそうです。しかし、何をされるのかわからないのでなかなかからだが痛くても飛び込めないそうです。其の方のお体を長野式からみると肝実ですし、胸椎6番の右はオステオパシーのチャップマン反射では肝機能亢進のサインです。其のことを説明しこの痛みはただ単に使いすぎとかではなく、東洋医学的に考えると肝臓の疲れも考えられるため、体全体を診れる方に見てもらったほうが良いかもしれませんと説明しました。じゃあどういったところが?と聞かれるのでインターネットに日本伝統鍼灸といれて検索して治療院を探すのもひとつの手かもしれません、とお話しました。

以前、アメリカ人の方が講演で日本滞在中に古傷の首を痛められ、其の通訳のかたに連れられて私のところに来たときに「オステオパシー」といっても「なんか聞いたことがある」程度の認識でした(ちなみにこの方はハーバード大学の先生だそうです)。また、私がよく見ている「greys anatomy」というアメリカのTVドラマのDVDや「ER」にもオステオパシーの名前が出てきたことがありません。いまから20年前私がアメリカに住んでいたときは医師というとMDを指し、DOなどは聞いたことがありませんでした。

アメリカのオステオパシー事情とはどうなっているのでしょうか?日本のオステオパシーの団体の説明を見るとオステオパシーは西洋医学と同じようにアメリカでは幅広く患者さんの支持を受けているとされ、アメリカの有名といわれるオステオパシードクターが日本に来られ国際セミナーを行っています。でも一体、本国ではオステオパシーとはどの程度の認知度があってどの程度一般大衆から支持されているのでしょうか???

オバマさんに大統領が代わって少しアメリカも物騒でなくなったら、アメリカにもう一度行ってそのあたりを確かめてみたい、と就任演説を見ながらそう思いました。

by kaiondo102 | 2009-01-22 23:12 | オステオパシー | Comments(5)

ああ、難しい

昨年の年末には大変ショッキングなことがあいつぎました。

ある程度コンスタントに来てくださってい方々が次々に重い病気が見つかってしまったのです。

お一人は数年前から股関節と腰、背中の痛みで来られていました。最初は一週間に一度来ていましたが、痛みも随分なくなり今では2、3週間に一度ご自身が気になるときに来ていました。そんな感じで昨年の10月、お腹が痛いとのことでまたいらっしゃいました。お医者さんに行っても薬も効かず原因もわからなかったのですが、上腹部の痛みをとるとその時は痛みがなくなるのですがまた、数日たつと痛みが戻るということで数回連続で来ていました。その間、またお医者さんに行くとエコーで膵炎かもしれないといわれ、あす精密検査ですとのことでした。詳しいことがわかったらまた来ますとのことでしたが、一ヶ月ほどなにも音沙汰がありません。嫌~な予感がしていましたが12月中旬久しぶりに来院「どうでした?」ときくと、膵臓はなんとも無かったのですが、肝臓にガンがみつかってもう手術も出来ない状態で抗がん剤の投与をしてきたそうです。其の方も相当ショックであったでしょうが、私もガーンと頭を殴られたような感じがしました。

もうお一人はリンパのガンの方。同じ病気を持つ方が来られていて調子がよくなったので紹介でこられました。この方は約一年、一週間に一度来られていましたが施術を受けるとお腹の張りがなくなり、咳き込むことも少なくなり、秋には鼻炎にも悩まされることが無く11月の終わりに「白血球の数もよくなってきました」とのご報告がありました。やったとひそかに喜んでいたら次の予約の前の日「検査で異常がみつかったのでいけません」とのこと。数週間後、再び来院するとガンが少し大きくなっているので年明けから抗がん剤の投与をまた受けるそうです。あれだけ調子が良くなっていたのにと其の方もかなり残念そうでした。

さらにアトピーで来られていた患者さん。一年半一週間か2週間に一度来られ、今では気が狂いそうなほどのかゆみに悩まされること無く随分らくになってきました。其の間、腕の強烈なしびれと痛みや夜寝られないほどの咳き込むことがありましたが、秋ごろから体調も安定してきました。そんな時、昨年の12月初旬に卵巣膿腫がみつかりすぐにでも手術といわれました。他の病院に行ってもこの状態だったら手術が良いといわれたとのこと。この方もあれだけ調子がよくなっていたのに、とても残念そうでした。

もちろん患者さんだけでなく私もかなり落ち込みました。あれだけ元気になったり痛みがなくなり喜んでくださっていたのに、と思い相当自信を無くしました。それ以来、他の方に対しても施術をするのがかなり怖くなり、特に新しい患者さんを施術するのがとても怖くなってしまいました。そもそもこの治療の道を選んだのも、西洋医学だけでは絶対に人は良くならないという自分のアトピーの体験からでした。何とか10年間続けてこれて自分なりにも勉強を重ねていたつもりですし、ある程度どんな症状を訴えるかたがこられても治すとまではいかないものの、少しはらくになって帰ってもらえるようになったのではないかと自分で思っておりました。

しかし、昨年の年末はまた、どん底に叩き落され、自分がやっているのはよくいう慰安のマッサージとなにが違うのだろうか?あまり違わないとしたら自分がこの道を続けることは意味があることなのだろうかと相当悩み、思わずうちに施術を受けに来ている宅配便のセールスドライバーさんに、求人のことをそれとなく聞いてしまいました(ちなみに正社員は募集していないとのこと残念)。

どうやったら腕があがるのでしょうか???均整法を学び、長野式や誇張法やクラシカルオステオパシーにも手をつけました。今年はクラシカルの講習会にまじめに出ようと思っていましたが、知識や技術をもっと知れば今よりも治せるようになるのでしょうか?それとももっと他に治せる技術があるのでしょうか?それともひたすら時間をかけ今もっているものを磨き上げていくのが良いのでしょうか??あ~悩める年の始まりです。

by kaiondo102 | 2009-01-11 15:53 | 臨床雑記 | Comments(10)