人気ブログランキング |

日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
home interio..
from home interior ..
myspace anim..
from myspace anime ..
attraction f..
from attraction fatal
antioch apar..
from antioch apartm..
himno nacion..
from himno nacional..
cell phone a..
from cell phone ant..
addiction dr..
from addiction drug..
gourmet hous..
from gourmet housew..
canada downl..
from canada downloa..
lock make pi..
from lock make pick..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


重力とともに 6

重力に適応するために進化をした一つの形として人間のからだがあり、重力下でもっともからだの機能が働くのであれば重力がからだにもっともかかっている形で調整するのが効果的なのかもしれない、ですから誇張法やスティルテクニックが座位を多用しているのもうなずけます。そうなると体幹部は重力がかかった状態、つまり座位や軸圧をかけるのが良いのかもしれません。しかしよく考えると上肢だけは違うのかもしれません。肩から指まではからだからぶら下がっている状態なので、常に地球に引っ張られています。ということは上肢に限っていえば牽引的な刺激がもっともあうのかもしれません。

そんなわけで最近は肩から下を調整するときはやや牽引をかけるような形で調整しています。

先日一年ぶりに50代の男性が来院されました。一年前に来院されたときは左の腰痛及び胆経ラインの坐骨神経痛のような痛みでした。今回は同じかなと思っていたら今度は右の肩の四十肩みたいな痛みでした。右手を左肩の方に回すこと痛くてできず、また寝ていても右肩を下にしようものなら痛みですぐに目がさめてそれからしばらく痛みが引かないそうです。

うつ伏せになっていただいて背骨を調整、仰向けになってもらい一度右腕を左肩に回してもらうような感じで動かしてもらうと、痛みで全然できません。最近左の足もしびれるとのことなので、左の帯脈を押さえると硬くで圧痛があるため、そこをゆるめます。右腕をうごかしてもらうと「痛い」。そこで右の帯脈をみるも痛みはありません。そうなったら肩鎖関節だと思い、調整をします。数十秒たって右腕をうごかしてもらうと、少し動きます。また、数十秒調整して、うごかしてもらうとさらに左の肩に右の指が近づいていきます。これを3~4回、だいたい仰向けの状態で5分ぐらいでしょうか、肩鎖関節を調整していると仰向けの状態では左肩に右の手は触れることはないものの、その形をとってもらっても痛みが出なくなったそうです。起き上がってみたらどうかな?と思い、起き上がってもらいました。

右の腕を左の肩にまわしてもらうように動かしてもらうと、途中で「痛い」とおっしゃいます。そこで座位で肩鎖関節を調整します。また、ここでも同じように数十秒肩鎖関節を調整し動かしてもらうというのを数回繰り返していただくと、最後には右の指が左の肩に触ることはできないものの、その体勢をとっても痛みなく腕を動かせるようになったそうです。

仰向けでの肩鎖関節の調整ではほどほどの効果だったものの座位での調整でがらっと腕の動きが変化しました。座位での調整は腕を下げた状態で調整しました。腕の重さが肩鎖関節を牽引しています。やはり上肢には牽引が効果的なのでしょうか?

他にもバネ指や産後の腱鞘炎など一時かなり苦戦していた症状にも、軽く牽引をかけながら手根骨を調整しているとスムーズに動きやすい感じがしますし、指の関節も短時間でふわっとなる感じがします。おかげで最近は指の問題もようやく苦手意識が減ってきました。

基本的にからだは圧縮をかけ、上肢は牽引をかける、これが私の妄想の現段階の結果ではありますが勿論これが全てにあてはまるとはさらさら思いません。

by kaiondo102 | 2010-04-30 00:19 | 長野式とオステオパシー | Comments(0)

鶴崎先生のセミナー

最近はセミナーはもういいやと思っておりましたが、鶴崎先生のセミナーだけは長野式の最新の考え方を学べる為、楽しみなセミナーです。

先日、そのセミナーが開かれましたがとても満足なセミナーでした。松本先生の最近の考え方や西原先生の考え方そして鶴崎先生の考え方など色々伺えると、私も日ごろ疑問に思っていることへのヒントがいただけて、案外自分の考え方も間違ってなかったとひそかに喜んだりできます。

今回、圧巻だったのは参加者のなかで調子の悪い方をその場で治療するデモでした。その方は初めて今回長野式に触れた方で、右の股関節の痛みを訴えておりました。それも動かすと痛むだけでなく、仰向けの状態もつらく常に大転子の辺りが「じんじん」すると自発痛もありの方でした。

腹部の圧痛を確実にとったところまではほとんど股関節の自発痛は変化ありませんでしたが、右の腸腰筋の圧痛がものすごく、少しその痛みを改善させる治療点を見つけるまでは簡単にはいきませんでしたが、無事その腸腰筋の圧痛もとれると、股関節のじんじんする自発痛も減り始め、やがて無くなり仰向けの状態も問題なしとのことでした。

衆人環視のなかで、その場で痛みを無くしてしまったのには驚かされました。また、だんだん先生の鍼の数が数年前に比べて格段に減っております。一穴の効果が広範囲なようです。その変化を見させていただくのも我々には大変勉強になるものです。

セミナーが終わって次の週張り切って施術をしましたが、なんか自分の施術はしょぼいな~と非常に現実に引き戻されがっかりしてしまったこともセミナーの大きな収穫でした。

来年もまた、楽しみです。

by kaiondo102 | 2010-04-26 23:51 | Comments(4)

重力とともに 5

上肢への操作法の前に、たまたま本日ぎっくり腰の50代の女性が来られました。私の施術所に入ってこられたときからいつもと違う感じでした。そろりそろりと歩いています。「ぎっくり腰かな」と思いながらどうされたか伺うと、案の定3日前に腰が急にいたくなり痛みがどんどんひどくなり、今ではゆっくりとしか歩けず、また息を大きく吸い込むと仙骨のところがずきっと痛むそうです。

最初はうつ伏せからはじめようかな、と思ったのですがベッドに乗ろうとすると腰の痛みで出来ません。先日のこともありましたので、では座った状態で施術を始めようと思い椅子を持ってきて手をベッドについてもらい、私は後ろから誇張法で調整をしてみました。

S2からD11まで丁寧に調整、C6くらいまで流すような形で誇張法で調整します。「一度立っていただけますか?」と立ってもらうと少しスムーズに動けます。同じような感じでもう一度背骨を調整、また立っていただくとまた少し動きがスムーズになり、歩いてもらってもそろりそろりという感じがありません。また、再度背骨を調整。すると不思議なことにさっきまで沈み込んでいたL5、L4が随分浮き出てきたような感じがします。C6まで誇張法で調整してまた、立っていただくと「随分らくに動けます」とのこと。立って歩く感じは来た時の痛みを10として普段を0とすると今どのくらいですか?と伺うと2ぐらいかな、とおっしゃられます。歩くスピードは来た時とは比べ物にならないほど早く歩かれます。下に置いてある荷物をとってもらってもほとんど痛くないそうです。ただし、息を吸い込むとまだ仙骨が最後のところで痛みますし、勿論動作は注意深く行わないと怖い感じがするとのことでした。

とりあえずある程度スムーズに動けるようになったので、今日はここまでにしましょう、ということで終わりにしました。玄関を出るとき靴をはく動作も随分滑らかでした。

最初から終わりまで座位で施術をしたのは初めてでしたが、とても上手くいったようです。あの痛みの状態でベッドに寝かせたら絶対に起き上がれなくなりそうな感じでした。誇張法の座位の脊柱調整ではたしてどこまで出来るか初めは半信半疑でしたが、随分結果は良かったようです。

あえて重力の影響をダイレクトに受け痛みの感じる状態で調整をすることがこんなに良い結果がでるとは、とても不思議な感じがすると同時に今後はぎっくり腰はとりあえず全部座位でやってみようと思った本日の症例でした。

by kaiondo102 | 2010-04-25 00:31 | 長野式とオステオパシー | Comments(0)

重力とともに 4

重力に抗しているときにからだの機能が高まるということを聞いて思い出すのは、ウエイトトレーニングでの研究発表です。いまから20数年前ボディビルの雑誌を読んでいたときに、ウエイトトレーニングをさせると高齢者の骨密度が高まるといった内容だったようなきがします。そのほか、骨密度だけでなく成長ホルモンの分泌が高まるとか書いてあったような。

構造医学でいっているのはこんなことも関係するのかなと夢想しているある日、そういえば以前買ったスティルテクニックの本も座位の調整が多かったことを思い出しました。その本には頚椎や脊椎は基本的には座位での調整が多く、骨盤も座位でのパターンがありました。また、ただ単に座らせて調整するだけでなく、肩に手を回して上から押さえたり、頭を上から押さえたり、大たい骨を長軸の方向に押さえたりとスティルテクニックでは「軸圧」というものをよく使うとされています。最初は骨と骨の間を縮めることによって靭帯や筋肉や腱をたるませてゆるめながら調整しているのかなとも考えておりました。しかし、この構造医学の話を聞いて勿論そういった筋肉等に対する効果もあるのでしょうが、重力をさらに少し上乗せしたかたちでからだに圧力をかけることによって、からだの働きを高めて調整の効果を少しでも上げようとした形なのかなとも考えてしまいます。いってみれば、地球上でぎっくり腰になった人をドラエモンのどこでもドアみたいなので地球以外の地球よりも重力のきついところに連れて行って、そこで調整してもう一度地球に戻ってきたら、今度は自分のからだも軽く腰痛もかるくなっている、みたいなことをこのスティルテクニックの軸圧は狙っているのかなと思ってしまいました。

となるとこの軸圧をかけるということで寝ているときにも座位や重力に抗しているというからだの状態を少しでも再現できるのかもしれないと考えとりあえず考えついたのが股関節の調整です。

股関節の痛い人は仰向けで膝を大体90度ぐらいに曲げて膝を外側に開いたり内側に閉じてみたりすると必ずどちらかが痛いはずです。そこで例えば開くのが痛いのなら逆に閉じた状態で膝をまず大たい骨の長軸の方向に押しプラス大転子を臼骸の方向に押すことでちょうど重力のかかった状態とおなじ力の方向性がでるはず。そのまま少し押さえて、その圧をあまり変えないようにこんどはある程度の位置まで膝を開いて最後はスティルテクのように足を伸ばしていきます。どうだろうと思って股関節の痛い人にやってみたら大変効果てきでした。。結構痛みのきつく可動範囲もあまりない方でも、このやり方でかなりの割合で股関節の動きが改善するようです。

今のところ私が思いついた手法はこの股関節ともう一つは肩関節の調整です。肩関節も軸圧をかけてやっておりましたが、なんかすっきりしないし技がきれいではありません。どうしてかな、と考えていると肩関節から下は全部重力の抗しているのではなく、重力で引っ張られているということを気づきました。

by kaiondo102 | 2010-04-12 23:41 | 長野式とオステオパシー | Comments(0)