日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
私は長野先生のような治療..
by kaiondo102 at 08:46
先生のブログを読み、以前..
by Isiah at 23:56
ご教授ありがとうございます
by 鍼師 at 06:43
ユーチューブにlymph..
by kaiondo102 at 22:23
リンパポンプとはどのよう..
by 鍼師 at 12:00
こちらこそご無沙汰してお..
by kaiondo102 at 22:44
中野先生、ご無沙汰してお..
by キャンベル・ヨシハラ at 20:36
東洋医学は凄いですね
by kaiondo102 at 16:44
きっと先生のおっしゃる通..
by kaiondo102 at 16:44
リンパポンプは、半ば横隔..
by Isiah at 23:47
メモ帳
最新のトラックバック
broadway dan..
from broadway dance..
alfred chicken
from alfred chicken
Come and Pay..
from Come and Pay m..
anniversary ..
from anniversary in..
ipod cover
from ipod cover
cooper like ..
from cooper like lo..
subject verb..
from subject verb a..
long distanc..
from long distance ..
alta vista b..
from alta vista bab..
animated smi..
from animated smiley
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


その後の天宗 3

長野先生は精神的に何かトラブルのある方、あるいは虚弱な方は水分という経穴に拍動が見られるとおっしゃられ、滑肉門に鍼をするとその水分の拍動がだんだんおさまり精神的にも落ち着いてくるとされています。松本先生はこれに左の周栄を加えています。栄養を周らすという意味でパニック障害や心臓が変な方にも効果的とし、やはりここも滑肉門でとれてくるとおっしゃっているそうです。

ここで面白いのが左の周栄という点です。私のところに来られるパニック障害の方はそのほとんどがあおむけになってみると右の胸郭より左の方が小さく、精神的に疲れている方であればあるほど胸郭の左右差が顕著であり、それが以前から大変不思議でした。そしてその胸郭に左右差がだんだん無くなってくるとパニック障害の症状も改善してきた感があります。以前自分が超天才だと思った症例でパニック障害の既往歴を持つ8カ月の妊婦さんが左の坐骨神経痛を訴え来院されました。いまから5~6年前のことですが、痛みでびっこを引き来られた時は杖をついており、杖なしには痛みで歩けませんでした。仰向けになってもらうと胸郭の左右差がとても顕著でした。鼠経部や帯脈、背中をおさえてもまったく圧痛がありません。どうしようと思い、とりあえず胸郭の左右差を直してみようとおもって深呼吸をしてもらうと息を吸いにくいとのこと。そこで腎経の太ケイをおさえて少し刺激そしてもう一度深呼吸をしてもらうと吸いやすくなりました。そこでしばらく太ケイを刺激して左と右の胸郭がそろったところで一度足を動かしてもらいました。すると痛くないそうです。では試しに立ってもらうと、最初を恐る恐る動いていましたが、痛みを感じずに立ち上がれたそうです。まっすぐ立ってみると痛みがなく、では歩いてもらうとこれまた不思議、痛みなくすたすた歩けるようになってしまいました。患者さんよりも私がびっくり。たったの3分で施術が終わってしまい、患者さんは待合を大きなおなかであちこち歩き回り、嬉しさのあまり泣いていたのを思い出します。ご主人からも「助かりました」と感謝され、その方たちは杖を忘れて帰ってしまうところでした。太ケイ一穴で良くなっちゃった、まるで長野先生みたいと自分で自画自賛しておりましたが、それ以来そんな劇的に一穴で改善したころはまったく無く、自分が天才ではなくただのまぐれ当たりだったということがよく分かりました。

話は飛びましたが、そんな経験から精神的になにかある方の左の胸郭が制限されていること気になってしょうがありませんでした。そんなところに松本先生の周栄の話をうかがい、また中極がもし頭と関係しているのだったらその中極をゆるめるのがほとんど右ではなく左の中府近辺ということもやっと自分の中でつながってきた感じがします。ということは左の肩周りというのは精神的なものと深い関係があるということになるのでしょうか???
[PR]

by kaiondo102 | 2010-05-30 22:58 | 長野式とオステオパシー | Trackback | Comments(5)

その後の天宗 2

中極という経穴があります。膀胱炎や尿漏れなどの泌尿器のトラブルの時に圧痛が出やすく、長野式では膀胱炎ではレイ溝、尿漏れや頻尿のときはセン機を使い圧痛をとっていきます。膀胱周辺のトラブルに圧痛が出るのはわかりますが、私は個人的には頭、特に脳と非常に関係が深いのではないか、と常々思わされていました。

というのは首の後ろから後頭部、頭全体にわたるような頭痛や凝りの時、中極を抑えていくとかなりの割合で頭痛や凝りが解消するようです。帝王切開や子宮の手術でこの中極あたりを切っている人で頭痛持ちは多いですし、そういう方には長野式でいうところの頭部お血といって頭頂部に圧痛や熱感やぶよぶよがあるものです。また、澤田先生は中極は頭がすっきりしないときに灸をするとよいと鍼灸真髄の中で述べられています。そして、うつやパニック、統合失調症といわれている方が何人か私のところにもいらしていますが、一様に中極の圧痛が大変強いものです。そして極めつけは私の父の経験でした。数ヶ月前父は急に容体が悪化し、入院となりました。意識がはっきりしていたのは数日で、すぐに譫妄状態になってしまいました。普段はうつろな目で私が行っても気が付いているのか気が付いていないのか分らない反応でしたが、ふと正気に戻り私が分るときがきます。それは用をたしたいときのようでした。膀胱に尿がたまってどうしようもないときなのでしょうか、その時は目の輝きが少し戻り、私の方を向いてあいさつをします。しかし、用を足してしまうとまたもとの状態にもどってしまうということを繰り返していました。膀胱が尿で刺激されると、頭の働きがよくなるのでしょうか?

そんな話を勉強会でしていたら、子供が一人前のからだになるのはおもらしをしなくなってから、だから膀胱と脳は密接な関係があると仲間の一人が話していましたし、またもう一人は膀胱経の流れの一部は脳に入っていくと教えてくれました。確かに、心の病をもつ人に中極をおさえていくと「頭の中がすっきりする」といい、顔つきがリラックスされる人が何人かいらっしゃいます。

そして、こういう方の中極の圧痛をとるには左の中府周辺をおさえるとほとんどの場合、中極の圧痛がとれていきます。面白いことに右の方ではあまり効果がありません。どうしてなんだろうとずーっど考えていたら、先日の鶴崎先生のセミナーで松本先生がおっしゃられた周栄の話を聞いてその関係性が少し見えてきた気がします。
[PR]

by kaiondo102 | 2010-05-14 23:27 | 長野式とオステオパシー | Trackback | Comments(0)

その後の天宗 1

天宗の不思議に気がついてからほとんどの方の天宗をゆるめるようにしています。骨盤隔膜、横隔膜、斜角筋といった隔膜系を抑えての圧痛があると、天宗を抑えるとそれらどこでもほとんどのケースで痛みがとれます。ということは天宗をゆるめること、特に左側の天宗をゆるめることはクラシカルオステオパシー協会の春山先生が何度もその重要性を述べられている全身のリンパ液の循環が促進されるかもしれないと思って使っております。また、松本岐子先生の宗気漏れの治療でも左天宗を使い、宗気の流れの悪い方に使うとのことです。私は個人的にはこの宗気、じつはリンパ液も含まれているのではないか、と思っております。

また、ほとんどの方は右に比べて左の方が圧痛が強く、肩甲骨に張り付いている筋肉も水気を失い、甲羅のような感じが触っていてします。せっせとこの天宗を緩めていましたが残念ながら即効で何かが変わったということはありませんでした。しかし、最近のように暖かくなってくるとあれ?と思うことがでてきました。

それは、施術に来られるたびに毎回頭から汗が噴き出している方が数人いらっしゃいますが、その方たちの頭から汗が噴き出していないようなのです。実はその方たちは冬の寒いときでも頭から結構汗が噴き出ていました。その中のお二人はここ数年来、隔週で来られていますが初めの主訴はずいぶん無くなったものの、汗が噴き出るのは一向に変化ありませんでした。しかし昨年の秋ごろからでしょうか、毎回天宗をゆるめるようにしていましたら、ふと気が付いてみると仰向けでびっしょりになる頭のところに敷いてあるペーパータオルが汗でぬれていないような感じがするのです。いつもは仰向けからうつ伏せになっていただくところで紙が汗でぬれているので、必ず新しいものと変えていました。でも気がついたのは冬の寒い盛りでしたので、今年みたいに寒かったらさすがに汗もでないのかな?と思っておりました。しかし、最近のように暖かくなってきてもそのお二人の頭のペーパータオルをいまだに変えることはありません。

その方達にも頭の汗のことを本当はもっと早く伺いたかったのですが、冬だと寒いから、といわれそうだったので暖かくなるまで待っておりました。やっと暖かくなったので頭の汗を伺ってみると、最近減ってきた気がする、とお二人ともおっしゃっておりました。

頭から汗が噴き出すということは東洋医学的にいうと、気が上がってしまい降りない状態でしょうか?まるで松本先生がおっしゃっている宗気漏れそっくりの症状です。また、その東洋医学的な考え方に生理学的あるいはオステオパシー的な考え方を加えると、下半身からのリンパの流れが滞りがちで下半身が冷えてしまっているとも考えられるかもしれません。骨盤隔膜と横隔膜に左の天宗をゆるめることで全身のリンパ液の循環が改善し、頭から汗が噴き出さなくなったのでしょうか???

リンパ液の循環がよいということは全身の免疫力も上がっていくのでしょうか?となるとこの左天宗は絶対に緩めなければいけないポイントのひとつかもしれません。

重要なのはこの左の天宗でけでなく、この左肩一体のエリアがとても重要な気がしてくるのです。
[PR]

by kaiondo102 | 2010-05-09 23:45 | 長野式とオステオパシー | Trackback | Comments(0)

重力とともに 7

体幹部は軸圧、上肢は牽引をかけるのが筋骨格系の調整には今のところ一番効果的かな?ということがいかに痛みを手早く効果的にとっていくかについて自分の中で出した妄想1号です。

では体幹部に牽引は効果がないかというとそんなことはないと思います。均整法では牽引の効果として神経の疲労をとる作用があるといいます。確かに引っ張ってもらうとすっきりとして気持ちがよいものです。となると現代人のようにからだをあまり使わずに頭ばっかり使って生きている我々にとって、軸圧をかけていくより牽引をかけながらの調整のほうが効果的かもしれません。特に首なんて自律神経の反応が顕著に表れるところです。誇張法の首を回旋させる頸椎の調整も牽引をかけながら最近行っていますが、精神的な疲労が強い方からは自然に「きもちいい~」という言葉をたびたび聞きます。

そうなると、ストレス度の高くかつ肝や脾に来ているなと思われる方の体の痛みは牽引をかけながらの調整のほうがより早く、効果的に痛みをとってあげられるのかもしれません。実際、勉強会の仲間先生から、股関節の調整に一番牽引しやすい角度をとって牽引したらとても効果的だったという話も伺いますし、基本的には誇張法や均整の関節の調整は牽引をしながらのものが数多く見られます。では牽引はどの程度が一番効果的かということは、まだ私にはわかりませんが今までよく見られるように、また自分がよくしてきたように「ぐーっ」と大きく引っ張るのは意外に効果がないのかもしれません。

また、座位ではなくうつ伏せの状態での誇張法による背骨の調整は確かにぎっくり腰でなかなか動けない人にはやめたほうが良いかもしれませんが慢性の腰痛の方にはうつ伏せの誇張法はとても効果てきです。うつ伏せの調整は重力からかなり解放されての刺激になります。ということは自律神経的な刺激になってくるのかもしれません。ですからうつ伏せの誇張法で内臓や自律神経を攻め、座位で筋骨格系的な要素を攻めているのかなというのも最近の私の妄想2号であります。余談ですが、これも勉強会の仲間の先生から教えていただいたのですが、四国のある名人の先生はぎっくり腰は絶対に寝かして調整をしないとのことだそうです。

からだが重力に対応する力を治療効果に反映させるための方便として、座位やうつ伏せ、軸圧や牽引があるならばもう一つ反映させることを考えなければいけない要素がある気がします。それは「動き」ではないかと最近思うのです。
[PR]

by kaiondo102 | 2010-05-07 00:10 | 長野式とオステオパシー | Trackback | Comments(0)