日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
なんなのか先生 そう、..
by kaiondo102 at 22:29
鍼師先生 誇張法の斎藤..
by kaiondo102 at 22:25
鍼灸>手技>鍼灸と勉強し..
by 整体師改め鍼灸師なんのかなんなのか at 14:49
誇張法でもそうですが、先..
by 鍼師 at 07:55
藤先生 私が軽くやった..
by kaiondo102 at 23:14
鍼師先生 私は虚実か分..
by kaiondo102 at 23:10
拙い鍼灸師の戯言です。 ..
by Isiah at 22:47
要するに氣の流れに沿って..
by 鍼師 at 11:55
久しぶりに私にとって勉強..
by kaiondo102 at 20:50
治療の仕事を人生で初めて..
by kaiondo102 at 20:49
メモ帳
最新のトラックバック
broadway dan..
from broadway dance..
alfred chicken
from alfred chicken
Come and Pay..
from Come and Pay m..
anniversary ..
from anniversary in..
ipod cover
from ipod cover
cooper like ..
from cooper like lo..
subject verb..
from subject verb a..
long distanc..
from long distance ..
alta vista b..
from alta vista bab..
animated smi..
from animated smiley
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


あごの下

以前このブログで書かせていただいたふくらはぎが冷えて痛い方、先日久しぶりに来院されました。おなかが痛いとのことでお医者さんに行っても理由がわからずいらっしゃったということでした。おなかの方が肝実でしたので背骨と骨盤の調整、骨盤隔膜、左右の大巨をゆるめ右の季肋部をゆるめるとおなかの痛いのは無くなったそうですが、この方の特徴は次から次へと違和感を感じるところが出てくるということ。おなかはどう、と伺うとお腹は平気だけど喉に何か詰まった気がするとおっしゃられます。それも何かできているかと思い、お医者さんに行ったけど何でも無いと言われたそうです。よく東洋医学でいう梅核気というやつかなと思い長野式だと湧泉か小腸ユを使いますのでまず、仰向けのまま湧泉を押さえているとだんだん喉の違和感が少なくなったそうです。しかし半分からは減らないので、そのまま座っていただいて小腸ユを抑えるとさらに減るのでそこを刺激しました。するとほとんど無くなったのでその日はそこで終わりにしました。

次に来られた時もほとんど同じ症状を訴えられるのでまずお腹の痛みをとってから喉に移行します。しかし今回は湧泉も小腸ユもあまり効果がありません。どうしようかなと思いながらそういえば最近喉のあたりが気になるのであごのしたを押さえてみるとかなり痛がります。そのまま指を下顎骨に引っ掛けるような形であて皮膚を動かしてゆるめました。どう?と伺うとだんだん喉の違和感が減ってきているとおっしゃいます。「ラッキー」と思いながらさらにゆるめていくと違和感が無くなったとのことでした。

次の週もう一度いらしたときは喉の違和感は随分減っているそうです。もう一度同じところを操作すると無くなってそれから2回いらっしゃいましたがのどの違和感は無いそうです。

また、四十肩でこられた50代の女性は首がいつも寒いとおっしゃいます。肩の調整のあと誇張法で首を調整しようと回旋させると「いたっ」とおっしゃいます。そこでそーっと首をまわしてみると左右とも45度ぐらいの角度しか回りません。そこで頸椎を一個ずつ誇張法で動かしてもう一度回すともう少し回ります。すると顎関節症もあるとおっしゃられるのど梅核気の方と同じようにあごの下を押さえてみるとこの方もかなり痛がります。そこでゆっくり皮膚を動かしてその痛みをとってみるとかなりの角度で痛みなく首が回るようになり、次にいらっしゃったときに「あんなに首が楽になったのは久しぶり」とおっしゃっていました。

ほかにも首の周りが悪かったり痛かったりする方にここを緩めてみるとすっと首の動きが改善したこともありました。

最近どうもこの喉周りが気になります。何人か甲状腺に疾患を抱える方を診ているからでしょうか。また、長野式でも最近のブームは人迎周辺への鍼でもあります。胸骨は精神状態があらわれますし、斜角筋も呼吸に関与するだけでなく、ストレスに大きくかかわると靭帯性関節ストレインの本には確か書いてありました。また、甲状腺は人体のストレスへのショックアブソーバーに相当すると松本先生の著書には書かれてありました。となるとそこから続くあごの下はちょうど区切りの場所に相当します。きっとここが固くて痛みがありそれによって何らかからだの症状の原因となっていることもあるかもしれません。

これから首や頭、精神的に何かトラブルのある方には是非チェックをしてみたい場所であります。また何か著効がありましたらご報告させていただきたいと思います。
[PR]

by kaiondo102 | 2010-06-27 23:33 | 長野式とオステオパシー | Trackback | Comments(0)

足がむずむずする

月に一度ご夫婦で来られるだんなさん、先月施術していると足がむずむずしてしょうがないとおっしゃられます。伺うと鼠経部を緩めていたら右ひざのお皿の裏側に虫が動いている感じがするそうです。高校生ぐらいからこの症状がたまに出ていたそうですが、私の施術所に来られるようになってその発作は無くなったそうですが(私は知りませんでした)、今日はなんか変とのことでした。どういうときにそういう発作がおきるか伺うと、夜寝てたりあるいは起きていてじっと人の話を聞かなくてはならないような時に調子が悪いと足がむずむずして、切り落としたくなるほどつらくなることもあるそうです。解消法は夜なら散歩をしたりあるいは正座をして足をしびれさせてなんとかまぎらわすともおっしゃいます。その日もベッドの上に寝ていることがつらいとおっしゃられますので、まず正座をしてもらいました。その間に松本先生の第二巻に確かRLS(restless leg syndrom)
の治療法が確か載っていたので紐解いてみました。すると、胃の気ラインの圧痛、オ血の解消が必要と書いてありました。また、河合先生の頭のポイントも大切とも。

とりあえず正座のまま誇張法で背骨を調整して寝転がってもらいましたがやはりむずむずするのは変わりません。では右の胃の気ラインを押さえてみるとかなり痛がります。とりあえず皮膚の操作をしてみるもやはりだめ、誇張法で足関節とひざ関節を操作するも、やり始めて動き始めた数秒はよいのですが、形が決まってじっとしているとやはりむずむずがでてきてしまうとおっしゃられます。頭頂骨を操作するも効果なし、その方も「今日はだめみたいです、すみません」とおっしゃられとりあえずその日はそれで終わりになりました。なにをやっても効果がないのは最近ほとんど無かったので相当その日はへこみました。

何とかしなければと思いながらあっという間に一カ月が経ち、またそのご夫婦が来院する日になりました。だんなさんに「どうですか?」と伺うと「実はあれから一カ月調子があまりよくない」とおっしゃられます。夜もむずむずに悩まされ眠れない時も多かったそうです。今回こそはと思い施術を開始しました。とはいうもののどうして良いのかわかからないのでとりあえず足の方は触るのはやめようと思い、背骨の調整から始めました。しかし10秒ぐらいたつと「やっぱダメです」とおっしゃられます。そこで正座をして誇張法をするもやっぱり駄目。どうしようと思いふと「動かしているとどうなんですか?」とうかがうと動いているときはむずむずはまぎれて感じませんとのこと。そこで仰向けになってもらい足首をポンピングしながらむずむず感を聞くと「感じない」ということなので右の足首のポンピングを繰り返しながら胃の気ラインの圧痛場所を探しそこを軽くおさえながら圧痛を足首を動かしながらとっていきました。次にクラシカルの足をぐるぐる回す要領で右足をまわしながら鼠経部の圧痛を確認、指でおさえながら右足をぐるぐる回し圧痛をとっていきます。次にオ血の反応をみるとやはり圧痛がありますのでひたすら右足をぐるぐる回しながらあいている手で圧痛を押さえて痛みをとっていきます。

右足関節を動かし始めたときはまだ患者さんのお顔にこわばった感じがありましたが、鼠経部の圧痛をとるころにはなんとなく顔が穏やかになって眼をつぶるようになってきました。オ血を操作しているときにはさらに顔つきもリラックスされていますので、一旦ぐるぐるしていた右足を下して足の感じを伺うと「今はむずむずしていない」とおっしゃられます。「また、変になったら言ってください」と言い、首を誇張法で操作、頭蓋骨を操作していきます。後頭部のポンピングをするころにはうとうとされているようでからだ全体がリラックスされているようです。頭頂骨を操作して「どうですか?」と伺うと全然平気になったそうです。待合にいらっしゃる奥様にも「あれほど変だったけど無くなった」と話されていました。

以前左半身がむずむずするという女性がいらっしゃったとき、誇張法やツボを使ってまったく歯が立たなかったのが、クラシカルオステオパシーの基本ルーティンをやるとそのむずむず感が無くなったことがありました。他動的に患者さんのからだを動かしてあげるというのはかなり手技療法の中では基本的なところでありますが、かなり効果的なことなのだとあらためて実感させられましたが、このむずむず感にどうして効果があるのかはさっぱりわかりません。でもクラシカルをやって助かった一症例でした。
[PR]

by kaiondo102 | 2010-06-20 23:18 | 長野式とオステオパシー | Trackback | Comments(0)

やはり軸圧

先日来られたのはテニスの練習中にボールに乗り上げて右の足首をねんざしてしまったという50代の女性。やっちゃってから2週間も経つのにほとんど痛みが改善しないということでいらっしゃいました。

歩いてもらうとちゃんと歩けずびっこを引いているような感じで施術所内を歩かれます。仰向けになってもらうと底屈、背屈両方とも痛みがあるそうです。でも底屈の方が痛いとのこと。そこで施術をはじめます。

うつ伏せになってもらい誇張法で骨盤、背骨を整えます。仰向けになっていただいて足首を動かしてもらうと背屈はもう痛くないとのこと。そこで鼠経部、骨盤隔膜、横隔膜、左の斜角筋をゆるめ足を操作します。股関節を調整、ヒ骨の両端を調整、解ケイの圧痛をとります。距腿関節を調整し距踵関節のテストをしてみると「ぎゃっ」と痛がります。そこで誇張法の距踵関節の調整をするもどうも痛がります。誇張法では足を外反させそのまま踵とあわせ牽引します。しかし、この方は軽くでも牽引すると痛がります。どんなに微妙に牽引しても痛みがなくなることなく、とりあえずこの日はこのままで終了としてまた翌週にもう一度来ていただきました。

次に来られた時は足首は10段階評価で2ぐらいまで痛みが減っているとのこと。そこで前回と同じ形で調整をして、もう一度距踵関節にトライしました。しかしどんなに軽く牽引しても痛みが出るとのこと。こまったなぁと思いふと、そうだ軸圧をかけてみようと思い足の形はそのままで牽引ではなく今度は体幹に向けて圧迫をかけてみました。しばらく圧迫し軽く牽引すると痛みなく引っ張れます。もう一度圧迫、牽引、圧迫、牽引を数回繰り返すとかなり牽引を強くしても痛みがでなくなりました。立ってもらうと痛みがなくなったそうです。

誇張法の距踵関節の調整は牽引ですので今まで足首の痛みを訴える方にこの操作を用いても牽引する段階で痛みが出るのでいつも悩んでいました。しかし、ふと圧迫をかけてみるとあら不思議、あれほど引っ張ると痛みが出ていたのにあっという間に出なくなりました。

操体法の橋本先生は常々押してダメなら引っ張ってみな、とおっしゃっていたそうです。なるほどその通りと思った一症例でもあり、やはり関節は軸圧が効果があるのかなと思わされた症例でありました。
[PR]

by kaiondo102 | 2010-06-17 00:04 | 長野式とオステオパシー | Trackback | Comments(0)

犬の施術

ある日、患者さんから「先生、犬って診れます?」とのご質問。「へっ?」と思って訳を伺うとお知り合いのワンちゃんが椎間板ヘルニアといわれびっこを引いているとのこと。そのほかにIBSとアトピー性皮膚炎もありとのこと。動物病院では鎮痛剤を与えられるだけなので飼い主さんも心配しており、先生だったら診れるんじゃないと話をしたら、是非診てもらいたいとのことだそうです。

まるで人間みたいと思いながら誇張法でなんとかなるかなと考え、興味半分でやってみましょうかということでいらしていただきました。土曜日の最終にきたのは5歳の小型の犬。結構おとなしそうでかわいい顔をしています。飼い主さんに伺うと左足が痛みで力がほとんど入らないそうです。IBSとアトピーは今を落ち着いているそうです。

とりあえず、施術台の上にシートを引いてワンちゃんを乗せますが、おっかながって逃げようとします。飼い主さんがとりあえず頭を抱いてお尻を私の方に向かせ施術を開始。背骨を触ってみるとちょうど胴体の真ん中あたりが左に大きくずれているような感じがします。とりあえず、この辺がS2かなというところを誇張法で調整するとなんとなく左に動きやすい感じです。しばらくS2をおさえているとワンちゃんからふっと力みが抜けたような感じがしました。引き続きその胴体の真ん中あたりのゆがみのところまで誇張法で調整、それを2回繰り返しました。すると飼い主さんいわく「リラックスしてきたみたい」とおっしゃいます。私の手にも体がなんとなくゆるんできて抵抗しなくなっている感じがします。

そこでどうですか、と一度歩いてもらいました。すると来る前は歩くのがつらそうだったのがスムーズに歩くようになったと飼い主さん。ワンちゃんも興味深そうに私の施術所をあちこちのぞきこみます。飼い主さんが左足を押さえてみると力が入っているとおっしゃられます。

とりあえずその日はそれで終わりにしました。後日電話があり大変調子が良くてその時いらしていなかった飼い主さんのご家族がびっくりしていたそうです。また、来週診てくださいとご予約をいただきました。

犬にも効果があるなんて驚きです。さすが誇張法と改めて誇張法の素晴らしさに驚かされました。
でも私は人間相手でもう十分です。
[PR]

by kaiondo102 | 2010-06-06 23:35 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(4)

その後の天宗 4

では長野先生のおっしゃる水分の拍動をとるのに滑肉門を鍼する代わりに何かできないか?と考えておりましたら、水分の拍動は宗気が上手く廻らないためということですから、天宗はどうかと思って押さえてみましたらどうやらこちらでも良さそうです。水分に拍動があるときは結構圧痛もありますがまず、天宗でこの圧痛はとれます。そして拍動はどうかな?と思っていると私の気のせいかもしれませんが、拍動も少しずつおさまってくるような感じがします。また、精神的なものはダン中に圧痛がでますが、天宗でも結構とれてきます。

また、天宗の近くに肩甲下筋というのがありますがこれはAKでは心臓に関係するといいます。また、野中操法ではこの鼠経部、帯脈、そしてどうやら肩甲下筋を刺激するとのこと。ということはこの肩甲下筋もとても大事な部分かもしれません。ここを触ってみると精神的になにかある方はしこりみたいな塊があることが多いですし、もちろん高血圧や不整脈などの心臓に何かある方も強い反応があります。そこをゆるめてみると肩甲骨周りのコリがスーッと楽になったり血圧や不整脈などもずいぶん改善するようです。また、どうしても今までなにやっても改善しなかった母指腱鞘炎がこの肩甲下筋の圧痛をとってみるとそれで親指の動きが改善し、誇張法で手根骨を操作したら初めて痛みが消えたことがありました。また、四十肩にも効果的なようです。

左の天宗、周栄、中府、肩甲下筋と左の肩周りはとても大事なのはよく分かりましたが、ではまだまだ精神的な疾患を持たれる方に著効があるということは私には言えません。ですがなんとかつらそうな方たちのための打開策の一つにならないかと考えております。さぁどうなるでしょう。
[PR]

by kaiondo102 | 2010-06-05 23:33 | 長野式とオステオパシー | Trackback | Comments(0)