日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
ご教授ありがとうございます
by 鍼師 at 06:43
ユーチューブにlymph..
by kaiondo102 at 22:23
リンパポンプとはどのよう..
by 鍼師 at 12:00
こちらこそご無沙汰してお..
by kaiondo102 at 22:44
中野先生、ご無沙汰してお..
by キャンベル・ヨシハラ at 20:36
東洋医学は凄いですね
by kaiondo102 at 16:44
きっと先生のおっしゃる通..
by kaiondo102 at 16:44
リンパポンプは、半ば横隔..
by Isiah at 23:47
先生、凄いです!
by Isiah at 23:38
一旦壊れ始めると、あっと..
by kaiondo102 at 13:40
メモ帳
最新のトラックバック
potomac celt..
from potomac celtic..
anti adware
from anti adware
blockers cal..
from blockers calci..
branson coupon
from branson coupon
pep boy auto..
from pep boy auto p..
garden cente..
from garden center ..
1942 adam ad..
from 1942 adam adam..
alaskan cred..
from alaskan credit..
7.62x39 ammu..
from 7.62x39 ammuni..
sbc white pa..
from sbc white pages
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


WEEK 2 & MICOセミナー

昨年に引き続き、今回は兵庫県の尼崎というところで日本クラシカルオステオパシー協会のweek2の5日間のセミナーと試験を受けて合格したMICOという認定会員向けの一日のセミナーが開催され私は通訳として参りました。

今回は私も本当にweek2の内容がだいぶよく解りました。今までは通訳をすることだけで一生懸命でしたが、week2は2回目でしたので半分クリス先生のお話を理解しながら通訳することができました。
f0076071_2325417.jpg

内臓の血液循環とからだ全体との関係、脊柱をどう診断してするのか、骨盤の歪みの診方、子供の治療、そしてモデル患者の実際の治療と、流石5日間のセミナーのため内容もてんこ盛りでした。特に今回は前回と違い、日本のレベルの低さに併せていただけたのか、とても詳しく丁寧に講義をしてくださいました。また、少しでも理解を促すためでしょうか、教科書から離れ様々なクリス先生の臨床の経験を講義の内容とからめて話されました。

私が今回特にクラシカルオステオパシーへの理解が一つ深まったのは、クラシカルの診断方法です。脊柱の状態と患者さんの症状との関連、そして治療につなげていく流れがやっと理解できました。それまでは、ただからだをゆらゆらさせているだけで、どう診断しているのかさっぱり不明でしたが、今回はそれも含めてクリス先生もしっかり解説して下さったようです。そして、耳の痛い子供の患者をデモの治療で理論と実践が結びついたのも見ることができました。

クリス先生も何回も日本人に向けてセミナーをされており、その日本人の理解の低さ、そして技術の不正確さにびっくりされた事もあるそうなので、本当に詳しく解りやすく講義をしてくださいました。確かに昨年のweek2は今回よりも内容が高かったかもしれませんが、クラシカルの理論をしっかり伝え、理解させる、ということでは今回のセミナーの方が良かったのかもしれません。

そして、私が聞いていてもっとも面白かったのが最終日のMICO向けセミナーでした。内容は皮膚炎とリウマチでしたが、生理学的な側面、心理学的な側面からそれぞれの疾患を解説し、リトルジョンの理論と治療のアプローチも併せての講義でした。
f0076071_23271141.jpg

しかし、私が聞いていてとても勉強になったクリス先生の講義、果たしてどれだけ上手く通訳できたのでしょうか?特に私としては4日目が一番きつく、日本語がうまく出てきませんでした。とても大事な内容でありましたが、どれだけ受講生の皆さんにお伝えすることができたのでしょうか。また、MICOセミナーでは、ユングやフロイトの心理学の内容も出てきたのでこれまた通訳することがとてもきつかったです。一番、私としては面白い部分だったのでここもちゃんとお伝え出来たか少々不安が残るところであります。
f0076071_23291942.jpg

仕事以外は本当にパーフェクトでした。久しぶりにお会いした理事の先生方は本当に私が通訳しやすいよう環境をばっちりと整えて下さいました。皆さんとても楽しい方たちばかりなので、夜は食事をご一緒しながら、馬鹿な話をして大笑いしたり(クリス先生もよく笑っておりました)本当に楽しかったです。そして、理事以外のイギリスメンバーともまたお会いすることが出来たのも嬉しかったです。また、ただ楽しいだけでなく、クラシカルの技術は皆さんとても高く勉強熱心でとてもご一緒していて気持ちの良いものがあります。実際クリス先生も会長のO先生を筆頭にこのメンバーは冗談抜きに本当にレベルが高いとおっしゃっていました。
f0076071_23305326.jpg

また、クリス先生とも通訳の呼吸も合いとてもやりやすかったです。最後の日はプレゼントまでいただけました。イギリスのこと、治療のこと、オステオパシーのことなどこの6日間で色々お話することが出来ました。お陰で少し英語が上手くなってきた気がします。

と、いうことで今回も素晴らしい一週間を過ごさせていただきました。次はイスラエルでの国際セミナーです。それまで資料の翻訳をがんばらなければ。
[PR]

by kaiondo102 | 2011-09-27 23:33 | セミナー 海外 通訳 | Trackback | Comments(2)

その理由は?

以前このブログで上手くいかなかったということで症例報告させていただいた、40代男性の脊髄炎の患者さんが5月からまた来院されはじめました。2ヶ月間仕事が忙しかったのと、今一つ効果がはっきりしない為に来院をやめていましたが、施術を受けていると調子が良い感じがするのでまた通い始めることにされたそうです。

気になるところは骨盤から足首にかけての感覚麻痺、左右の足の痙攣、便秘(週一回)、尿意がないということ。施術は仰向けで踁ヒ関節、足関節を調整し足底をゆるめ中足骨間をゆるめます。ペースメーカーがある為にうつ伏せになれない為、横向きで骨盤をAKAっぽく調整し志室、L1からL5までの1側、2側を緩め誇張法で脊柱を調整、軽くオシレーションぽく念転をかけるというのを左右やります。また仰向けになってもらいオ血、盲ユ、免疫、中カン、右季肋部をゆるめ肝臓ポンプ、頸椎、頭蓋骨、肋骨ポンプという手順で8月までやっておりました。

最初の何回かは毎回「どうですか?」と伺っていたのですが、「う~ん変わりませんね」というのが毎回続いたので、こちらも聞くのがいやになり「どうですか?」と伺うことをやめました。6月ぐらいに一度仙骨の周辺が痛いということでしたので、その時は毎回腰痛は「どうですか?」と伺っておりました。腰痛は確か3回で解消されました。

始めの頃は仰向けのお姿を見ると、丸太が横たわっている感じで、からだの凹凸がまったくないとても変な感じでした。しかし段々その丸太みたいなお姿からすこしずつ肋骨は膨らみ、お腹もへこみ、凹凸が出始めてきました。7月の半ばになりふと「どうですか?」となんとなく伺ってみました。すると「結構調子が良いです」と予想外のお答えを頂きました。左足の痙攣はゼロになり、右足の痙攣は時たま出る程度とのこと。骨盤から足首にかけての感覚麻痺は一番ひどかった時を10とすると4ぐらいになったそうです。特に足首は触られるのも嫌だったのが最近は気持ち良いとまでおっしゃいます。しかし、便通の悪さと尿意のなさは変化なしだそうです。

足を丁寧に操作するのをやめて、引き続き8月から今まで基本的には同じ操作をしました。そして、今週奥様が施術を受けに来た時にご主人の事を伺ってみると「随分調子良いみたいですよ」と教えて下さいました。

そして今日、来週私は国際セミナーの通訳のためお休みなので、その前に調子を伺ってみました。すると左右の足とも痙攣はなくなり、骨盤から足首にかけての感覚麻痺もほとんど無くなったそうです。便通は5日に一度は変わりませんが、尿意の方は以前より少し感覚が出て来始めたので危なくなることもなくなってきたそうです。

なんで改善してきたのでしょうか?3月前までの施術と比べ、そう変わったことをやったわけではありません。しいて言えば、オシレーションっぽい捻転操作でしょうか。揺さぶりは脳脊髄液の流れを促進させる、と何かで読んだ記憶があります。或いは肝臓ポンプと肋骨ポンプでしょうか?脾病みて四肢不要ですから、リンパ液の循環が促進されて四肢の状態が改善したのでしょうか?あるいはなんちゃってCV4でしょうか?確かのこのテクニックも脳脊髄液の循環を促進させるはずです。いや、もしかしたら自然治癒の可能性もあります。私の所なんぞいらっしゃらなくても、3月から半年普通に生活していったら、身体の治ろうとする力でこのように改善したかもしれません。ちょっと待て、季節のせいかもしれません。きっと夏になって身体が自然に温まったからでしょうか?

これから、この方のお身体がどう変化していくのでしょうか?もし冬になって調子が元に戻ったら、今調子が良くなってきたのは私の施術のせいではなく、夏で身体が温まったということがわかりますし、調子が悪くならないようなら少しは施術が効いたと言えるかもしれません。

冬になるのが楽しみなような、怖いような。
[PR]

by kaiondo102 | 2011-09-18 00:11 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(2)

connecting the dots

何を間違えたか入学してしまった今では結構有名な私立の中高一貫校。入ってみたらまったく授業についていけず、教師から見捨てられ親には落胆され、友達もあまり出来ず、スポーツも出来ず、彼女なんてとんでもなく、お先真っ暗な中学校生活。今、思い出しても青春という言葉ではなく、真っ暗な真冬という感じでありました。そんな真っ暗闇のトンネルを歩いていたら、中二の時にふと小さな明るい光が見えてきました。それはアメリカへの高校での交換留学制度でありました。

なんとかこの生活から抜け出したい、と一生懸命に英語を勉強しました。授業中は胸のポケットに入れた競馬なんか聞くようなラジオからイヤホンを袖に通して手で耳のイヤホンを隠し、当時はFENと呼ばれた米軍の放送をおっかない先生の時意外はずっと授業中聞いておりました。

その甲斐あってか無事中3の時に交換留学制度に合格、高校の1年生の夏に念願のアメリカに行くことができました。本当は一年間だった交換留学も、ホストファミリーの口利きもあって3年間お世話になって高校を卒業まですることができました。

特に勉強したいことも無かった私は日本に帰国、大学に入学しました。将来はアメリカにまた行こうと思いながら英語は忘れぬよう英字新聞を読んだり、英文の雑誌を読んでいました。大学3年生の時から某有名英会話学校で講師を始め、通訳の学校にも行き、将来は通訳で生計を立てようかな?とも思っておりました。しかし、何回か通訳の仕事をすると、自分にはあわないと思い、海外勤務の一文に誘われ入った会社は、実は海外勤務など嘘っぱちでありました。

入社して新人頃一度、その会社の代表とアメリカの環境保護団体とのミーティングに通訳として出席して以来、あとは日本各地の漁村を回る仕事になり、私の英語との付き合いは一旦終わりになりました。

それから、佐川急便、均整の学校、そして開業となり、英語とは全然お付き合いのない人生が続くと思われました。唯一、松本先生の本が英語でしたので、それを自分で読むことが英語との付き合いでした。

英語とほとんど関わりの無い生活を約20年間送っていたところ、ひょんなことからクラシカルオステオパシーの国際セミナーでの通訳をやってみないか、というお誘いを受けました。昨年の夏の国内でのセミナー、11月と今年3月のイギリスでのセミナーと国内だけでなく海外まで日本の皆さまとご一緒することが出来ました。また、来年はイスラエルでオステオパシーの神様といわれるマービンウオルドマン先生のセミナーに同行させていただくことになりました。

タイトルのconnecting the dots というのは、伝説のスピーチといわれるスティーブジョブス氏の2005年のスタンフォード大学での卒業式のスピーチの中で、ジョブス氏がおっしゃられていたことです。氏は大学はまったく興味の湧く所ではなかったため、やめながら大学の寮に住み、お金のない生活を送りながら興味のあったカリグラフィーのクラスをとって字を美しく書く方法を学んだそうです、それが何の役に立つかさっぱりわからずに。しかしコンピューターを作りその字体を決める時に大学で何の役に立つか解らずとったカリグラフィーのクラスが初めて役に立ったと語ります。そしてマイクロソフトはアップルをコピーしたので、マイクロソフトはジョブス氏がカリグラフィーのクラスを取らなければこのような美しい字体がコンピューターの画面に踊ることはなかったともおっしゃっていました(ここは多分ジョークでしょう)。誰しもが自分の人生、点と点がある日結ばれて意味を持つものになる、それはあらかじめ解るものではなく、後になって初めて解るものだとスタンフォードの学生に話しかけていました。

英語の勉強にジョブス氏のスピーチをシャドウイングしながらふと、ちっぽけな私の人生ですが、英語という点だけとってみれば、同じようなことが言えるのかなと思った次第であります。

ということで再来週から関西でクラシカルオステオパシーの国際セミナーが始まります。今回は5日間の講習+一日の特別セミナーがあります。スティルから続くオステオパシーの歴史が少しでも正しい形で日本に定着しセミナーに来られた方に良く理解していただけるよう、微力ながら一生懸命通訳をしてこよう、と思います。
[PR]

by kaiondo102 | 2011-09-09 23:41 | セミナー 海外 通訳 | Trackback | Comments(6)