人気ブログランキング |

日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
home interio..
from home interior ..
myspace anim..
from myspace anime ..
attraction f..
from attraction fatal
antioch apar..
from antioch apartm..
himno nacion..
from himno nacional..
cell phone a..
from cell phone ant..
addiction dr..
from addiction drug..
gourmet hous..
from gourmet housew..
canada downl..
from canada downloa..
lock make pi..
from lock make pick..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


行くぞ、イスラエル!

かみさんに猛反対され続けているイスラエルでのクラシカルのセミナーに同行する日がいよいよやってまいりました。

今回のセミナーはクラシカルの神様といわれているマービンウオルドマン先生が病院のペインコントロール科みたいなところで勤めているらしくて、そこで痛みに対してのクラシカルの実臨床的な内容だそうです。

21日の夜に羽田から関空、そこからトルコのイスタンブール、そしてテルアビブという感じで飛行機を乗り継ぎます。セミナーの開かれる場所はハイファというところで、地中海に面しているグーグルでみるととてもきれいな街であります。

イスラエルという国になかなか行く機会もそうないでしょうし、セミナーの内容も大変興味があります。

とはいえ、私は通訳ですので気合いをいれて通訳をしてこようと思っております。

無事に五体満足で帰国できましたら写真などもこのブログで載せていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

でも、イスラエルって何食べるんですかね~?

by kaiondo102 | 2012-01-20 00:10 | セミナー 海外 通訳 | Comments(3)

もしかして予兆?

昨年の夏、確か8月ごろに来られた方はその2週間前に胃がんの手術を受けた60代後半の男性でした。娘さんの紹介でいらしたのですが、手術後は背中が痛く、歩くのもままならず、声も小声でしかしゃべれず大変調子が悪いとのことでした。また、詳しくお伺いすると唾液が全然出なくなってしまったそうです。

施術の方はいつも通りクラシカルのオシレーションを入れながら誇張法で背骨、骨盤、帯脈ゆるめ頭を操作して終わるという形でした。

面白かったのが一番初めの時、唾液が出ないので側頭骨、唖門を意識して後頭部の牽引をおこないました。長野先生は唖門に鍼をしていると唾液が出てくるそうなので、私もそれをまねて後頭部の操作をしましたが操作をしている間に唾液が出ることはなく、口は乾いたままだそうです。仕方ない、一回目だからなと思い施術を終わりにして立って頂きました。すると「あれ、つばがでてきた」とおっしゃられます。2回目に来られた時は唾液は元通りになったそうです。しかし、何で立ってから唾液が出てきたのでしょうか?

背中の痛みも一度目の施術でなくなり、その後何回かの施術で歩けるようにもなり声もしっかり出るようになって週一を5回続けたところで「後は様子を見ます」ということで来られなくなりました。

不思議なのは胃がん手術以前の事を伺うと、特にどこがおかしいということも無かったそうです。ただ、気になるのが時たま左の脛の部分、ちょうど胃経のラインがだるくてしょうがないことがたびたびあったそうです。

この左の脛のだるい感じ、同じ症状を訴えていた方がいらっしゃいました。その方はやはり60代後半の男性ですが、年に一度6月ぐらいになると左の足の脛(胃経)がだるくて切り落としたいぐらい、と来院され1~2回の施術でその違和感がなくなり、また次の年に来られて施術を受けるというのをこの4~5年繰り返しておりました。

ところが一昨年、左足の違和感のを感じてまたいらっしゃるかな?と6月に思っておりましたら夏になってもいらっしゃいません。ご家族(奥様)の方に伺うと、「今年は平気」とおっしゃっていたそうなので私の所に施術は来られませんでした。

しかしその年の秋、その方の奥さんがあまりにも憔悴しているため「大丈夫ですか?」と伺うと、その足のだるい60代男性(ご主人)が急に体調を崩しておかしいと思って病院へ連れて行くと、胃がんと診断されすぐ手術になったそうです。

たった2例しか私は知りませんが、胃がんの手術を受けたかたが揃って左足の胃経のだるさを訴えていたのは不思議でした。このだるさはガンの予兆だったのでしょうか?

あと、悪性リンパ腫の方お2人とも左の股関節痛を訴え、胆管がんの方お一人も左の股関節の痛みを訴えておりました。

ガンと左足、何か関係があるのでしょうか?

by kaiondo102 | 2012-01-16 00:48 | 臨床雑記 | Comments(0)

筋肉の痛みには

14歳の女の子。去年の9月から突然右のふくらはぎが痛くなり、歩くことも出来ず車いすでお母さんが学校におして通学していたそうです。そんな状態で数カ月経ったころ、ようやく車いすなしでびっこをひき引き歩くことが出来るようになりました。お医者さんに行くと最初は血腫が出来ている、といわれそれでも良く解らず筋膜性の問題と診断されたそうです。普通の痛み止では効果がなく、脳への情報を遮断する薬(お母さん談)が少し効果があるようで車いすから解放されたそうです。

12月の末に私の所に来た時はびっこをひき引き歩けましたが、軽く触ると「ぎゃっ」となります。軽く身体を揺さぶってみると、ふくらはぎが揺さぶられて痛いとのこと。

脊柱側湾症といわれており、背骨も側ワン症っぽく曲がっています。とりあえず骨盤と背骨を誇張法で調整、その時点でふくらはぎはどう?と聞くと全然痛いとのこと。仰向けの状態で右足を背屈、底屈してもらうと、背屈時にふくらはぎに痛みがでます。

筋肉の痛みには長野式では長野先生の太白が効果がありますので、そこを押さえながら背屈してもらいます。「どう?」と聞くと「少し楽」と言います。そこを少々刺激してもう一度背屈してもらうと、随分ふくらはぎの痛みが減るそうです。今度は上太白を押さえたまま背屈をしてもらうと、「痛くない」。そこで上太白を押さえたまま一分ぐらい足首の底背屈を繰り返します。そうすると自分で背屈をしても痛くなくなり、立っても痛みが半分ぐらいになったそうです。

もう一度年末に来た時には足の痛みは4ぐらいに減ったそうです。もう一度同じような施術をすると痛みは2になり、年明けに来た時にはお医者さんからも、薬は飲まなくてよい、といわれ痛みも無くなったそうです。

同じ週に年末のスキーに行ってから足の筋肉痛が消えない40代後半の男性。上太白を押さえながら足の曲げ伸ばしをすると、「痛みがとれた!」と物凄く驚かれました。あ~気持ち良い。

ちょうど14歳のころって何か色々出る時期なような気がします。第2次性徴に入って肝に変調が出るからでしょうか?中2になって急にアトピーがひどくなった、なんてよく私の施術所にも来ます。一例だけお化けが見えて怖い、という男の子も来ました。お~いかにも肝です。施術したらアトピーも良くなりお化けも見れなくなったそうです。関西の鍼の名人の臨床例そのまんまではないですか。

その肝の変調から来たかもしれないふくらはぎの痛みが肝と相克の間柄にある脾経の上太白でとれる。なんて経穴とは奥深いものなのでしょうか。それが手で出来るなんて、とても幸せな新年を迎えることができました。

by kaiondo102 | 2012-01-09 00:14 | 経穴 | Comments(2)