日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
ご教授ありがとうございます
by 鍼師 at 06:43
ユーチューブにlymph..
by kaiondo102 at 22:23
リンパポンプとはどのよう..
by 鍼師 at 12:00
こちらこそご無沙汰してお..
by kaiondo102 at 22:44
中野先生、ご無沙汰してお..
by キャンベル・ヨシハラ at 20:36
東洋医学は凄いですね
by kaiondo102 at 16:44
きっと先生のおっしゃる通..
by kaiondo102 at 16:44
リンパポンプは、半ば横隔..
by Isiah at 23:47
先生、凄いです!
by Isiah at 23:38
一旦壊れ始めると、あっと..
by kaiondo102 at 13:40
メモ帳
最新のトラックバック
potomac celt..
from potomac celtic..
anti adware
from anti adware
blockers cal..
from blockers calci..
branson coupon
from branson coupon
pep boy auto..
from pep boy auto p..
garden cente..
from garden center ..
1942 adam ad..
from 1942 adam adam..
alaskan cred..
from alaskan credit..
7.62x39 ammu..
from 7.62x39 ammuni..
sbc white pa..
from sbc white pages
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


うるさい

今から随分前、うつでいらしていた40代後半の女性、うつの方は現在の所再発せず、少し怪しいときに施術を受けて下さると気分がラクになるということで必要に応じて来てくださっておりました。

その方から久しぶりにご予約をいただきました。また、落ち込んできたのかな?と思いましたがそうではなく、耳が変になったとのこと。左の耳の耳鳴りに併せ、耳に飛び込んでくる音がうるさく聞こえるそうです。得に金属音のようなものが耳の中で響いてつらいとおっしゃいます。施術の前にラジオを聞いていただくと、「耳に響きます」とおっしゃられます。また、うちの施術所の隣で家の建築工事があり、その電ノコの音やトンカチの音がやけに響くそうです。

一回目の施術は骨盤、背骨を調整、帯脈、頸椎、頭蓋骨をやり左の耳の耳門、聴宮、聴会の圧痛をターゲットに大包を刺激すると耳の前の圧痛がなくなりました。「どう?」と伺うと耳鳴りは無くなったが響く感じは変わらないとのこと。とりあえず耳は難しいから、と言い訳をしながら一回目はそれで終わりました。

二回目に来られた時は耳鳴りの頻度は減ったのですが、響く感じは変わらないとのこと。そして、耳鼻科での聴力検査では左の方が悪かったのですが、その響くのは右耳の方かもしれないとおっしゃいます。それでは、ということで前回と同様に調整、今度はもう少し側頭骨への調整を多くしてそのあとに左右の耳前の圧痛を大包でとりました。

「どう?」と伺うと響く感じが無くなったそうです。家の横の建築工事の音の響きも随分減り、ラジオを聞かせても不快感がありません。あともう一回でよいかなと思ってまた次の週に来ていただきました。

三回目は「良くなりました」とおっしゃられることを期待しておりましたが、案に反して「まだ響きます」とおっしゃいます。確かに前回は良くなった気がしたのですが、翌日には元の響く感じに戻ってしまったとのこと。ただ、左の耳鳴りと聴力検査は正常に戻ったそうです。「やっぱり気にしすぎなんですか?」とその方も不安げにおっしゃられます。内心、困ったと思いながら松本先生の受け売りで「耳は難しいんですよ~」と言い訳をしながら施術を開始しました。

しかし、この方最初から気になっていたのですが、身体が横に大きくずれています。骨盤は左、胸郭は右、頭は左という感じで互い違いになっています。もしかしたら折角寝た状態で身体が少し改善したのに、身体が重力と上手く折り合いをつけられていないのかもと思い、これは座位でやってみようということで施術を開始しました。

今まで通り全身を調整、耳の前の圧痛をとるも建築工事の響きは変わんないし、ラジオも不快とおっしゃいます。そこで座ってもらい誇張法で調整をしました、一椎ずつやるのも面倒なので、横ずれしているところの椎骨をメインに調整しました。

すると不思議な事に身体がきれいになっていくと、隣の工事の音が響かなくなってくるそうです。三回ぐらい下から上にその横ずれしている所を調整していくと、工事の音が普通に聞こえてくるようになったそうです。ラジオを聞いてもらうと、ちょうど八〇年代のユーロビートみたいなキンキンしている音楽がやっておりましたが、全然響かないそうです。

四回目に来ていただいた時は、あれから少ししたらまた響きが戻ってきたものの、数日したら消えたそうです。もう次の週に来ていただくと、その一週間は耳の響きに悩まされなかったとおっしゃられましたので、ではまた何かあったら来てください、ということで終了となりました。

座位の背骨への誇張法は本当に効果的だと最近改めて感じます。なかなか寝たままで痛みや不快感が取れないときは、がんばらずにすぐに座って調整をするとかなりの確率で痛みやら不快感が軽減してきます。

ウトウトしている患者さんには申し訳ないですが、こちらもただ寝ただけで身体が変化しなかったら意味ありませんので、最近はせっせと座位での調整に励んでおります。
[PR]

by kaiondo102 | 2012-05-21 15:01 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(4)

急性症とリンパポンプ

五月の割には涼しい日が多いせいか、ゴールデンウィーク明けはちょうど予約の日に体調を崩したての人が多いような気がしました。折角クラシカルの講習会に通訳として参加させていただきましたので、私の大好きなリンパポンプ技法を沢山使わせていただきました。

まずは40代後半の女性。風邪をちょうど引いたばかりとのこと。のどが痛くセキが軽く出てゾクゾクするそうです。熱はまだ測っていないそうです。

通常通り、骨盤、背骨を調整、帯脈と腹部の圧痛を取った時点で息を深く吸い込んでも平気になり(それまではセキがでそうになる)ました。首と頭を調整するとさらに息が吸い込みやすくなりのどの痛みもなくなりましたが。ゾクゾク感はどう?と伺うとまだあるそうです。寒気は均整では胸椎の7~9番です。でもうつ伏せになってもらうのが面倒くさかったし、ちょうどイスラエルの講習会でもリンパポンプで白血球が増加するというお話を伺ったのを思い出して肝臓と脾臓への同時のリンパポンプをしました。1分ぐらい行い「どう?」と伺うと、寒気がなくなったそうです。立ってみると来る前までの風邪の感じがなくなったそうです。

20代半ばのいつも来ていただくアトピーの男の子。最近まで調子が良かったのですが、ゴールデンウィーク明け、急にかゆみがひどくなってしまったとのこと。普通だったら外出をする準備をするとかゆみは落ち着くのですが、その日は外に出て歩いてもかゆみが止まりません。ステロイドを離脱したときのリバウンドと同じかゆみが襲ってくるそうです。

いつも通り施術しようかとうつ伏せになってもらったのですが、何か苦しそうです。「かゆいの?」と聞くと「とてもかゆい」とのこと。これでは通常どおり施術できないな、どうしよう?と思いすぐ仰向けになってもらいました。もしかしたら彼の今の状態はクラシカルのセミナーで言っていた全身の血液の循環がアンバランスになり、体表が虚血になってしまったのかもしれないと思い、まずオ穴、副腎、の反応を築賓でとり、免疫、肝臓の圧痛を肩グウでとりました。するとかゆみが3割ぐらい減ったそうです。また、リンパの流れも悪く、皮膚をつかさどる肺の不調もあるのかもしれないと思い、バンバンリンパポンプをやってみることにしました。実際、この日の彼は胸郭がギューど縮んでいる感じがしました。

肝臓と脾臓の同時ポンプ、そして胸郭ポンプをそれぞれ一分ぐらい交互にやってみました。すると1セットやるとかゆみが減り、もう一セットやるとさらに減るという感じになりましたので、それを4セットか5セット繰り返すと「かゆくなくなりました」とおっしゃられたので終わりにしました。

さらに40代後半の女性。カンジタになったということで女性のデリケートゾーンがかゆいそうです。もちろんお医者さんに診てもらい薬をもらったのですがあまり効果ないとのこと。前になった時も結構治るのに時間がかかったそうです。

いつも通り骨盤と背中を調整、「かゆみはどう?」と伺うとまだかゆい、とおっしゃいます。以前、膣炎の方を診た時、脾経のどっかのツボが効果あると松本先生のテキストを読んだばかりでそれを使ったら上手くいったことがありましたが、その肝心のツボを忘れてしまいました。でも膀胱炎みたいなもんだろう、と思いレイ溝を押えると強圧痛があります。そこでレイ溝を操作していると、外側の痛みは消えたそうですがまだ内側にかゆみが残るそうです。うーん思い出せないと思いながら、中極とかゆいのは左側だそうですので左の骨盤隔膜を手三里で圧痛をとり、「どう?」と伺うとまだかゆい。その膣炎のツボがどうしても思い出せないので、白血球に頼るしかないと思い、肝臓と脾臓の同時ポンプを行いました。すると一分ぐらいポンプしているとかゆみが減ってくるそうです。さらにもう一分ほどポンプするとかゆみが無くなったそうです。施術が終わって帰り支度をされていると、「先生、全然かゆくないです」とおっしゃられました。

確か、急性期のこういった感染症にあたるものは我々のような手技療法や鍼灸といった非現代医学ではあまり診てはいけない症状のはずです。しかし、では現代医学の治療が効果的か?というと必ずしもすぐに薬が効いて症状がスムーズに収まることは、私のところに来られる患者さんから伺うにはあまりそうではないことの方が多いようです。しかし、経穴やこういったリンパポンプ技法を上手く使ってあげると、お薬ではなかなか挙げられないような効果がその場で挙げられることが非常に多いような感じがします。

ますます手技療法や鍼灸といった伝統医学の可能性とそれに反応してくれる身体の素晴らしさに改めて感動してしますゴールデンウィーク明けの施術でありました。
[PR]

by kaiondo102 | 2012-05-14 00:25 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(0)

尼崎に行ってきました

5月3日から6日まで日本クラシカルオステオパシー協会の国際セミナーの通訳に行ってまいりました。5月3日から5日までMICO以外の方達のためのセミナーで最後の6日がMICOセミナーでした。

最初の3日間のセミナーですが、結構内容が濃かったような感じがしました。いつものように身体の循環、促通、オステオパシーセンター、骨盤の動き、内分泌、頸椎と胸郭、みたいな感じで基本的にはWEEK2とweek3の復習と予習みたいな感じでしたので何回か聞いたことのある内容でした。しかし、いつもより内容が濃かったような気がしました。クリス先生のおっしゃる内容をわかりやすい日本語に置き換えるのが難しいだけでなく、訳すことだけで一生懸命だった時も度々ありました。

高いお金と休日をつぶして来られた方には少々申し訳ないな~と思ってしまうことが度々でした。

今回のweek2.5は治療デモも毎回ありました。赤ちゃんの治療から妊婦さんの腰痛の治療、受講生たちからも患者役をあらかじめ募りクリス先生が実際に治療されました。これは臨床をやっている私も勉強になりました。だんだんクラシカルの診断と治療がわかり始めてきましたので、先生が何をしようとしているのか大分理解することができました。特に妊婦さんの腰痛は一度目の治療で歩けないぐらいの痛みがほとんど身体調整で無くなりました。やっぱすごいや。

受講生の皆さんは大変熱心で、クリス先生の実技を真剣なまなざしで見られていたのが印象的でありました。また実技も一生懸命練習されてクリス先生に直されたことは何とかマスターしようと姿勢が通訳をさせていただいている私にも伝わり、大変気持ちがよかったです。

MICOのセミナーはちょうど数週間前にクリス先生が実際バルセロナでやった婦人科学がテーマにその前日決まりました。こちらは流石にMICO向けですし、事前に資料もいただいていなかったため、通訳はずたずたでありました。みんな理解してくれたのかな~?

個人的に婦人科疾患にしろ妊婦さんにしろここはまず変えなければ、というところがやはりクラシカルでも生理学的に見ても大事な調整ポイントになる、ということを伺えて大変参考になりました。

ここ何年かJACOの先生方とお付き合いをさせていただき、外国のクラシカルオステオパスを見た経験から、10年後は世界のクラシカルはJACOのMICOの先生方がトップになるのでは、と何回かこのブログでも書かせていただきました。そして今回のMICOセミナーで私の思いは確実となりました。

午後はMICOの先生方がお互い治療しあうのをクリス先生が監督、指導というものでしたが、クリス先生の評価はとても素晴らしい、というものでした。もちろんアドバイスもありましたが、いってみれば重箱の隅をつつけば出てくる的なものとクリス先生がおっしゃる程度のことであり、先生方の技術力の高さに大変満足されていたようであります。

クラシカルをやらない私ごとき言うのもなんですが、皆さん本当に上手いと感じました。なんというかクラシカルが自分のモノになっている感じが以前よりも増してきた感じがしました。私も最後にS先生に治療していただきましたが、受けてみると益々その上手さが身体で解りました。やはりクラシカルの本場はいずれこのJACOになるという私の考えは間違いではない、と改めて強く実感させられました。

通訳のお仕事以外はいつも通り本当に楽しく皆さんと時を過ごさせていただきました。本当に何から何までお世話になり恐縮しております。また、理事の先生だけでなくイスラエルに一緒に行った先生や、S先生、T企画部長とお会いできたのも大変うれしかったです。昨年の9月にお会いした受講生の先生方とも去年よりもうちょっとお話しが出来るようになったのも楽しかったです。

今年はこれで通訳のお仕事も終わりになりました。やった~。来年は前半がどうやらT企画部長の一押しのオランダということは決定という感じで、後半はWEEK3が国内という感じだそうです。そして再来年はWEEK4に挑戦する先生方がいらっしゃる、ということなのでもしかしたら3回ぐらい通訳をさせていただくことになるのでしょうか。

それまでは10年後のクラシカルのためにもクリス先生がJACOに渡された様々な資料を少しずつ翻訳を進めていきたいと思います。
[PR]

by kaiondo102 | 2012-05-08 00:28 | セミナー 海外 通訳 | Trackback | Comments(0)

ゴールデンウィークに尼崎

今年のゴールデンウィークは日本クラシカルオステオパシー協会(JACO)の国際セミナーの通訳をするために尼崎に行ってまいります。

今回のセミナーはあまりにも日本の先生のクラシカルに対する理解が低い、というクリス先生のご意見のもと
JACOの方針で、通常ならWEEK2からWEEK3そしてWEEK4とカリキュラムが進みますが、その低い理解を増すためにWEEK2.5という形でやっていくとのこと。ということで去年やったweek2の復習とweek3の予習を兼ねたものであるそうです。

その復習、予習セミナーが三日、最後にMICOのセミナー一日で計四日尼崎へ出稼ぎに行ってまいります。

今回いただいた資料をさっと読んだのですが、やはりリトルジョンの病気に対する考えは非常に勉強になるもので、長野先生や澤田先生がおっしゃられていたことと大変よく似ております。天才は気が付くことがやはり同じなんですかねぇ。

多分10年後はその技術の高さと臨床経験の豊富さからJACOが世界のクラシカルオステオパシーを引っ張ることになると私は真剣に思っています。そのためにもいらっしゃって下さる先生方が少しでも解りやすく勉強になるように今回は丁寧な通訳を目指そうと思っております。

でもゴールデンウィークは遊びたかったなぁ~。
[PR]

by kaiondo102 | 2012-05-01 00:11 | セミナー 海外 通訳 | Trackback | Comments(0)