人気ブログランキング |

日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
home interio..
from home interior ..
myspace anim..
from myspace anime ..
attraction f..
from attraction fatal
antioch apar..
from antioch apartm..
himno nacion..
from himno nacional..
cell phone a..
from cell phone ant..
addiction dr..
from addiction drug..
gourmet hous..
from gourmet housew..
canada downl..
from canada downloa..
lock make pi..
from lock make pick..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


皮膚の働き

3年間のアメリカ生活を終えた私は特にやりたいこともなかったので帰国、大学生になるも折角入ったレスリング部はバブル真っ盛りの時代、遊びたいがためにやめてしまい遊び呆けておりました。先輩や同級生が3年生の後半ぐらいから就職活動に一生懸命なる中、どうも「御社の経営方針に賛同いたしまして・・・」なんてちゃんちゃらやってられませんので、手に職をということで通訳の学校に通い、いずれは通訳でなんて考えておりました。

しかし、実際に通訳の学校で授業を受け、また仕事に何回か出るもこれは自分が一生かけてやる仕事ではないと感じ断念、皆と同じく就職をすることになりました。

その時感じたのは日本語と英語の違いです。はっきりと口に出して日本語と英語はここが違うとは言えませんでしたし、現在も詳しく言えません。しかし、同じ人間が話す言語であっても違いがあり、そこを埋めていこうとする人しか通訳になれないと感じたものです。

それから20年後、ひょんなことからクラシカルオステオパシーのセミナーの通訳をさせていただくことになりました。最初は何回かは無我夢中でやっていたのですが、だんだん少し余裕がでてきますとその英語と日本語の違いがまたどうしても気になってくるのです。

英語から日本語に通訳するとき、学校で習う英文和訳のようには訳していません。そのまま訳すと本当に変な日本語になるのです。ですから、英語と日本語の違いを考えながら通訳していきます。その違いとは簡単な例だと、英語は主語がはっきりしていますし、過去形や現在形、未来形と時制がはっきりしています。あとは一個以上だとsをつけたりします。非常に理論的でいってみれば直線的であります。日本語はといいますと主語は無くても平気ですし、現在・過去・未来などの時制も必要ありません。複数形もあまり考える必要がありません。理論的で直線的な英語に対して、感覚的でありもやっとしている感じがします。

ですから聞きやすい日本語にしていくためには、英語では大事な時制や単数複数なんかをカットして、内容として大事だと私が感じるところをお伝えします。しかしそのあくまでも重要、と考えるところは私個人の感覚でしかありません。もしかしたらその日本語にしたら変な部分に大事なことが隠されているかもしれません。

何年か前にアレキサンダーを受けたことがあります。この時非常に違和感があったのがその指示の言葉で「頭が首の上に乗ることを許して下さい」というものです。イスラエルに行った時、昔アレキサンダーをやっていたマービン先生が一人の患者さんに同じことをやっていました。しかし、この時は英語で「allow your head to stay on ~」なんて患者さんに言って姿勢を指導していました。

これを聞いて初めて日本語アレキサンダーが「許して下さい」を使っていることがわかりました。英和辞典だとallowの意味が許可とかしか載っていないのです。しかし、私のつたない英語の知識ですとこの場合のallow は許可というよりも、自然にそうなるようにするという意味合いが強いようです。日本語の許してだと悪いことをした時に使うどちらかといえばネガティブな感じも入ってくるのではないでしょうか。そうなりますと、日本語アレキサンダーの指導の言葉に違和感を感じるのは私だけではないはずです。

国際セミナーでクリス先生やマービン先生の話を通訳する時は必ず一度私個人の感覚を通って私が考える分かりやすい日本語に訳されます。いわは複雑な過程を通った一人伝言ゲームのようなものですので、先生方の口から出た言葉はかなり薄まって受講生の皆さまに伝えられます。そしてもしかしたら先生の意図した概念とは変化して伝わっている可能性も大であります。

そして通訳をしながらもっとも違和感を私が感じるのが、アメリカで誕生しイギリスで発展したクラシカルの哲学の背景にあるものです。そこにあるのはユダヤ教ーキリスト教と続く一神教の理論なのではないでしょうか。他の神を認めない宗教をもつ国で発展した技術が八百万の神を持つ日本に伝わる時、その伝わる間にはとても深い河が流れていてその深い河を上手く渡れたものしか日本には伝わらないのかもしれません。

そうなりますとオステオパシーというものは本当の形で日本には根付かず、日本の八百万の神と湿気によって変容し今から数十年後はまったく違った形のオステオパシーが日本に存在していることになるのでしょう。

でも100パーセントの形で日本に伝わらなくてもよいとも考えられます。その伝わらなかったところは日本の風土に合わないところかもしれませんし、また足りない部分を日本人が補ってさらに発展させるのかもしれません。

この数カ月そんなことを考えておりますが、よく考えますと通訳というのは皮膚によく似ております。外界から来たものをまず受け取ってそして体内に伝えていく、いわゆる境界線でありモノは違いますが似た働きがあるような感じです。

子供のころからアトピー性皮膚炎で苦しみ、施術では皮膚を操作することに喜びを感じ、時おり出稼ぎで通訳という皮膚のような仕事をする、何か不思議な人生の流れを感じます。

by kaiondo102 | 2012-07-30 01:03 | セミナー 海外 通訳 | Comments(0)

日本ってすごいんだよ!

今は中一になった世界レベルのバレリーナを目指しているという女の子。一番初めは3歳の時にアトピーで来られ数回の施術でアトピーが改善したので、それからなにかあるとちょくちょく来ていただいています。

その彼女が体育の授業で膝をひねったとかで痛くて歩けないからということで久しぶりに来院しました。聞くとハードルで着地した時に変なふうに足をひねってから膝が痛くてしょうがない、とのこと。

中一なので結構楽だろうとたかをくくって施術をはじめましたが全然変化してくれません。普通だったらこのくらいの歳の子なら骨盤と背中を誇張法で調整すれば膝の方もいくらか改善するはずですが、彼女は全然変化してくれません。膝蓋骨を調整しようと思うのですが、少し手が触れただけでも「痛い」といいますので全然触れません。気水血処置をしようも全然火穴の圧痛がとれてくれません。

一回目はそれから座位を徹底的にやって「う~ん」と言いながら終了し、2回めも色々やってみましたが太刀打ちできません。この子のお母さんも将来がかかっているので、プロのバレエダンサーが良く行く治療院に今度行ってみま~す、ということで来られなくなりました。

それから2週間後また3回目の施術にいらっしゃいました。そのバレエダンサーに人気のある治療院でもあまり改善せず、その先生が出張にいかれるのでまたうちに来院しました。その子のお母さんと少し話になりましたが、知り合いのヨーロッパのプロのバレエ団で活躍している日本のバレリーナが足を故障した時、現地で治療を受けるも全然良いところがなく、結局休みをとって日本に帰ってきて治療をしたそうです。その海外で活躍しているバレリーナのお母さんいわく、「日本ってすごいんだよ(治療院のこと)!あっちは全然なんだよ」と中一の女の子のお母さんに教えてくれたそうです。

3回目のその施術の時は私の腕では全然改善せず、「〇〇てつが行ったバレエに詳しい整形に行ってきま~す」といってうちには来られなくなりました。

また治せなかった~、すごい日本に泥をぬってしまいました。ごめんなさい。

by kaiondo102 | 2012-07-24 00:25 | 臨床雑記 | Comments(6)

関節と経絡

数ヶ月前、「先生のところに来て今日で100回目になります」とわざわざ教えて下さった40代後半の女性。もともとはアトピー性皮膚炎やら手や肩の痛み腰の痛みとかなりひどい状態でいらっしゃいました。しかし、2週間に一度コンスタントに来院していただき、調整のおかげかただ単に自然治癒なのか分かりませんが、アトピーは本当によくなり、関節の痛みも時折、ここがという程度になって下さいました。

その方が先日、久しぶりにアトピーが悪化したと予約の日におっしゃられました。伺うと、このところずっと法事のことで頭を悩ませ(夫婦関係、親戚関係ともに悪)、その法事が終わってほっとしたら顔にアトピーが出てきたとのことでした。悪化したといっても以前は全身に出て、顔も真っ赤になるほどの悪さでしたが、今回は鼻の下と口の周りに久しぶりに出来たとのこと。久しぶりなだけ、がっかりするのと不快でたまらないとのことでした。

施術はいつも通りおこないましたが、口の周りのアトピーの違和感はなくなりましたが、 鼻の下のアトピーの違和感は変化ありません。肩グウを使うか、リンパポンプをやるかどうしようかなと思ったのですが、そういえば鼻の下は大腸系が交差するところであるため、肩鎖関節はどうかと思って操作してみました。

始めに鼻の下を動かしてもらい違和感を感じていただき、両方の肩鎖関節を操作しました。十秒ぐらい操作して、一度鼻の下を動かしてもらうと、少し違和感が減ったそうです。そのままもう数十秒したらさらに違和感が減り、全く違和感が無くなったところで操作を終わりました。

その方、施術が終わってから鼻の下の違和感が無くなって本当に肌がしっとりした、とおっしゃっていました。

いや~不思議です。経絡図を見ていると大腸経は肩鎖関節の上を通ります。ですから以前から歯のトラブルに使っており効果がありましたので、肩鎖関節は大腸経だとの思いを強くしておりましたが、アトピーにも効くなんて新発見でありました。もちろん、鼻の下限定かもしれませんが。

今のところ大腸経と肩鎖関節の関係しか発見できておりませんが、きっと他の関節は違った経絡と強い関係があるかもしれません。全然まだ見当もつきませんが、少しずつ関節と経絡の関係が見つけられればと思っています。

by kaiondo102 | 2012-07-15 01:12 | 経穴 | Comments(0)

明後日から出張の前に

ある朝一番に電話があり、「先生ですか?〇〇です、肩痛いんで今日行っていいですか?」とのこと。最初だれだかさっぱり分からなかったのですが、よく思い起こしてみると数ヶ月前うつのセミナーで出会った一生産者の50代男性の方でした。あ~確かあの時も肩が痛いって相談されたなと思いだしました。

さっそくその日の夜に来院され話を伺うと、数ヶ月前に拳法の練習で腕をひねられてから右肩が痛み出したそうです。うつのセミナーの時にお会いした時は動かすと中のほうで痛いとおっしゃられていましたが、どんどんその痛みがひどくなり、今では夜の間ずーっと痛いそうで満足に眠ることができないそうです。おまけに2日後に外国に買い付けで10日ほど出張しなければならず、こんな状態では行けない、とその時交換した名刺を頼りに電話して下さったそうです。

お身体を診ると、肩が痛い右半身がぎゅーっと縮んでいる感じです。肩は何もしなくてもジンジン痛むのですが、特に前に挙げる(屈曲ですか?)ととても痛いそうです。

アメリカのホストファザーが左でしたがこんな肩の痛みを訴えていて全然変化せず帰国したのが昨年の10月。中途半端な知り合いだし、一回で勝負しなければいけないので、嫌だな~と思いながら施術を開始しました。

とりあえず、いつも通り骨盤から背骨、仰向けで骨盤、帯脈をゆるめ仰向けの状態で軽く腕を持ち上げてもらうと「痛い」しジンジンもします。おまけにすぐいびきをかいて寝てしまうのでチェックがとてもしずらいです。

肩甲骨の周りを押さえていくと寝ながらお顔をしかめるところがありますので、肩の誇張法でそこをゆるめていきます。どうですか?と一度目を覚まさせて腕を上げさせるも痛い。半分寝ぼけながら「ここがいたいんですよ」と三角筋の前のあたりを押さえます。肩鎖関節を調整するも「痛い、ここが痛いんですよ」とおっしゃいます。どうしようと思い、腕の前方居上を妨げるのは何かなと考え、もしかしたら肩甲骨上の大円筋か小円筋かなと思い、その辺りを押さえて顔をしかめるところをみつけ、もう一度軽く挙げてもらいます。すると少し楽とおっしゃられるので、そこをゆるめ、もう一度挙げてもらうとさっきよりスムーズです。そこで手あたりしだいその辺の圧痛をゆるめてもう一度挙げてもらうとさっきよりさらにスムーズ。「お、やった」と思い「どうですか?」伺うと来た時はちょうど痛いところが手の平サイズであったのが、今ではちょうど指で環を作る程度の大きさに。ジンジンするのも随分減ってきたそうです。でも明後日から出張だから、と思いもう一度肩鎖関節を押さえ、今度は前と後ろに動かして、手を挙げてもらいました。そうするとさっきとは逆の方向に肩鎖関節を押さえると腕がスムーズに上がります。さっきは間違えていたようです。

肩鎖関節を施術、一度起き上がって肩の様子を窺うと「随分挙げやすくなった」とおっしゃられます。ジンジンする感じも減ってきたそうです。「明日も来ていいですか?」とおっしゃるのでまた明日の夜にいらっしゃることになりました。

次の日はまず夜が痛みを感じることなく一度も目が覚めることなく眠れたとのこと。随分久しぶりだったそうです。肩の自発痛も十円玉ぐらいの大きさになったそうです。

前日と同じように施術し座った状態の右半身の縮みがまだ気になるので背骨を誇張法で調整。帯脈は反応がなく、C6(多分)が思い切り左に曲がっていたのでその部分を誇張法で調整すると「痛くない」とおっしゃってぐるぐる腕を回されます。これで出張に行けます、と帰られました。

その方からは出張から帰られてから「全然痛くなかった」、とお電話を頂きました。

今まで数多くの方の肩の痛みを良くしてあげることが出来ませんでした。夜も疼いて寝られない、起きていても痛いという方にまったく歯が立たず、不信と不満の目で見られたことが何度あったでしょうか。目一杯凹まされました。しかし最近、何とかそういった方のお役に立てるように少しずつなってきた気がします。肩の可動範囲はすぐに改善しませんが、自発痛は何とか減らしてあげることが出来るようになってきました。今だったらホストファザーの肩も少し楽にはしてあげられるのでしょうか。

14年やってやっとこの程度か~中々上手くなりませんなぁ、と思う14年目の夏であります。

by kaiondo102 | 2012-07-10 00:22 | 臨床雑記 | Comments(5)

学校に行けない!

ある仕事の朝、出かける前にのんびりしておりましたら、うちのかみさんに電話が。電話の先は今では高校二年生になった長男の小学校の時の同級生の女の子のお母さん。内容はその同級生の女の子が4月ぐらいから頭痛がひどく、学校に行けないとのこと。あれこれお医者さんも巡ってみたがあんまり効果がありません。そこで「ツボで良くなりませんか?」というご相談。ということで早速その日の夜に来院していただきました。

話を詳しく伺うと、毎朝頭痛がひどく起き上がれないほどで、当然学校に行けず、お医者さんを巡って「うつ」と診断されたが未成年なので抗うつ薬を飲むことが出来ず、頭痛外来で薬をもらうもあんまり効果がないとお母さん。本人に今頭痛い?と聞くとおでこのところが痛いと言います。

身体を診ると、胸郭がべっちゃんこです。上胸椎と胸骨の間隔が中からの緊張で引っ張られているような感じがしました。呼吸も浅いのが気になります。その女の子はある勉強が難しい有名高校に通っており成績良く勉強も一生懸命しているとのことですが、そういう方は私の経験だと石のようにかっちかちな感じがするのですが、その子は頭のてっぺんがぶよぶよの長野式でいう頭部お血のタイプです。

最初は手足をかるく動かしてからと思うも緊張が強く、力が抜けません。そこで即、誇張法で骨盤と背骨を整え、仰向けでひ骨と足首、骨盤と帯脈、肩関節を誇張法で調整、C2をゆるめ後頭骨と側頭骨を調整して、「どう?」と聞くと、おでこは痛くないけど頭のてっぺんが痛いといいます。そこで頭のてっぺんのぶよぶよを無くすべく頭頂骨リフトをします。4~5分やっていたでしょうか、そのぶよぶよ感が無くなって頭皮が頭がい骨にぴたっとした感じがしたので「今どう」と聞くと少しすっきりしたというのでその日はそれで終わりになりました。

次の週に来た時は施術の後は効果があるのか分からなかったけど、週末頭の痛みがでなかったといいます。平日に入ってまた頭が朝痛いけど学校には何とか行けたそうです。

そこで同じような調整を週2ペースで2週行いました。すると一回ごとに胸郭が膨らみはじめ、上胸椎の中から引っ張られる感じもなくなりカーブがきれいになってきました。あれだけ気になった頭のぶよぶよも減ってきます。するとどんどん頭痛の頻度と痛みの程度が減り、毎日学校に行くことができるようになってきたそうです。

それから週一ペースで2回来てもらうと、ほとんど頭の痛みも出ることがなく、週に一回、痛みの度合いも1割ぐらいの痛みとなってきたそうです。

長男とは幼稚園から小学校まで一緒でしたので、良く知った顔でした。少しずつ話もするようになり、実は医学部を目指しているとのこと。でも、あれだけ医者巡りをしたのに全然良くならず、私のような所で改善したため、「東洋医学も良いですね」なんて言い出したので、医者になれる頭があればなった方が良いから、医者になれば東洋医学もなんでもやりたい放題だからとにかく医学部に行った方が良い、この道はなかなか食っていくのも大変だと言ったら素直に「はい、勉強がんばります」とのことでした。我々のような医学(?)に理解のあるお医者さんになってくれますように。

患者さんでない知り合いの紹介の方の施術は疲れます。特にご近所なので治らないと合わせる顔もありませんが、何とかよくなっていただくことが出来ました。

彼女の場合の一番の問題は頭部お血という感じがしました。施術の回がすすむにつれてあれだけぶよぶよだった頭も少しずつすっきりして頭皮がどんどんピタッとしてきました。でも私の少ない経験では、勉強熱心な人は頭のてっぺんがぶよぶよした人はあまり診たことがありません。勉強の度合いに頭部の循環がついていけなかったが今回の頭痛の原因だったのでしょうか。それでも改めて長野式は効果があるなぁと感じさせられた症例でありました。

by kaiondo102 | 2012-07-04 00:56 | 臨床雑記 | Comments(2)