日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
私は長野先生のような治療..
by kaiondo102 at 08:46
先生のブログを読み、以前..
by Isiah at 23:56
ご教授ありがとうございます
by 鍼師 at 06:43
ユーチューブにlymph..
by kaiondo102 at 22:23
リンパポンプとはどのよう..
by 鍼師 at 12:00
こちらこそご無沙汰してお..
by kaiondo102 at 22:44
中野先生、ご無沙汰してお..
by キャンベル・ヨシハラ at 20:36
東洋医学は凄いですね
by kaiondo102 at 16:44
きっと先生のおっしゃる通..
by kaiondo102 at 16:44
リンパポンプは、半ば横隔..
by Isiah at 23:47
メモ帳
最新のトラックバック
broadway dan..
from broadway dance..
alfred chicken
from alfred chicken
Come and Pay..
from Come and Pay m..
anniversary ..
from anniversary in..
ipod cover
from ipod cover
cooper like ..
from cooper like lo..
subject verb..
from subject verb a..
long distanc..
from long distance ..
alta vista b..
from alta vista bab..
animated smi..
from animated smiley
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


I have a dream 1

イスラエルの研修に通訳として行ってから数カ月、その時一緒だったカナダの先生が「日本で講習会をやるとしたらどうしたらよいか?」ということをメールで聞いてきました。

私がその時思ったのは、もちろんカナダの先生が日本に来られるのは構わないのですが、今度は日本の先生が向こうに講習会の先生として行ってみたらどうか?とその問い合わせをしてきたカナダの先生に聞いてみました。

すると、向こうの返事はカナダでのオステオパシーはまだよちよち歩きの赤ちゃんのような状態であり、多くのカナダのオステオパスにとって興味のあるのは、卒後教育の単位として認められる講習会かいわゆるオステオパシー界の有名な先生でなければ多分難しいだろう、という返事でした。

う~ん、残念。JACOの理事の先生方なんかカナダに行って、いかに実臨床でクラシカルオステオパシーを使っているか講義して実技を披露していくにはぴったりなんではないか、と思っていたのですが・・・。

最近思うのですが、もちろん海外から有名な先生が来て日本の先生たちのレベルアップを図るのは勿論素晴らしいことであるとは思います。大学や教育機関にいらっしゃる先生が理論的に手技療法を教えていただけるのは一昔前からすると大変贅沢なことでしょう。そのなかには研究と臨床どちらもものすごいレベルにある先生もいらっしゃると伺います。

しかし、手技だけで勝負をするオステオパスがアメリカでは1パーセントにもならないというお話やカナダではまだオステオパシーは始まったばかりのようなもの、マービン先生のおっしゃる「骨抜きにされているイギリスのオステオパシー」という事実を考えますと来日されている先生の中で本当の臨床家というのは案外少ないのではと思われます。

以前にもこのブログで書きましたが、日本の先生は自身の治療院で本当に広範な疾患を診ています。身体の痛みだけでなく、内科的疾患、婦人科疾患、自己免疫疾患、妊産婦のケア、精神科疾患などオステオパシーが本来持っている可能性を日々引き出しております。これはオステオパシーをやっている先生だけでなく、均整や野口整体といった日本に古くからある療術系の先生たちも状況は同じです。それも保険ではなく自費のため、条件的には厳しい中で勝負をしています。

そういった日本の先生方の持つ技術というのは海外の施術家にとって大変参考になるはずです。

オステオパシーではクラシカルオステオパシーしか詳しくは知りませんが、WEEK4でイギリスい行った時に発表があった臨床報告は、事故の後遺症、重度の急性腰痛、婦人科疾患、側わん症、泌尿器疾患だったと思います。すべての先生がクラシカルだけを使われて結果をだしています。そういった日本の先生の持つ経験は、今後海外でもオステオパシーが本来の姿を取り戻すことを考えられているのなら、もの凄くお役に立つのではないでしょうか。

しかし、やはり日本の先生が海外で教えていくにはいくつかの壁があると思われます。

まず一つは英語力です。私も一応通訳をやっておりますが英語から日本語の通訳ならなんとかできます。しかし日本語から英語に通訳をしていくのは普段まったく英語を使っていないため非常に厳しいです。となると、ある程度臨床も知って日英ほぼ同じようにしゃべることができて、通訳の訓練も受けている人となるといないかもしれません(鍼灸ではアメリカ人のスティーブンブラウン先生というこの条件を満たす物凄い方がいらっしゃいます)。

次に日本の手技療法の事情がまったく海外に知られていないとも考えられます。日本の手技療法の持つ長い歴史、手技療法師がおかれている立場、実は世界でもトップレベルの技術と経験を持つ、なんて全然海外では知られていないのではないでしょうか。

さらに、やはり理論的でないというのも海外で日本の先生が教えていくにあたっては不利になるでしょう。臨床家の先生の話は最初理屈っぽくても段々「こんな感じ」とか「こんな風に」とか「す~っとやる」とか「フッとやる」という感覚的な話にどうしてもなりがちです。海外では理論が重要視されます。なぜそうするのか、なぜそうなるのかある程度理論的に説明をしないと納得してくれない可能性があります。オステオパシーならまだしも均整や野口整体になると、三原則とか天心とかう~ん私には英訳できません。

鍼灸の世界では日本の先生が海外でセミナーを行ったり、この11月にはアメリカやカナダの鍼灸の先生が来日されて日本で鍼灸のセミナーを受けるそうです。

手技療法も今までのようにただ海外から学ぶだけでなく、少しずつ学んだものをお返しするだけでなく、日本独自の技術や思想を海外に紹介することが出来れば、そして西洋医学がまだ発展していない発展途上国といわれる国々に日本の技術が少しでも広がれば本当に素晴らしいことになる気がします。

アニメやゲームだけでなく、私たちの業界も目指せ「クールジャパン」ってのはどうでしょうか。
f0076071_17395784.jpg

[PR]

by kaiondo102 | 2012-10-21 17:40 | セミナー 海外 通訳 | Trackback | Comments(0)

しつこくてすみません

また、凸凹操方のことを書かせてください。

40代の女性、何かあるたびに来られる方ですが、今回は右手首からひじの痛みでいらっしゃいました。何かふとした動作で痛みが出ます。手首は伸展すると痛みが出て肘は直角に曲げて外側に開く(外転ですか?)と痛みがでます。この方は左の側胸部が凹んでおりますので、そこに手を当ててまず右手首を伸展してもらうと痛みがなくなりますので、右手首を軽く屈曲したまま左の胸をおさえること数十秒、左の胸の手を離して右手首を伸展すると痛みがなくなりました。右ひじはそのまま左の胸を押さえるのもつまらないので、左の大転子と右の大転子を左右から軽く押すと左の方が動きやすいので、軽く左の大転子を押さえます。そのまま右ひじを外転(?)していただくと、痛くないのでかるく左の大転子を押さえること数十秒、もう一度肘を動かしてもらうと痛くない。

終わろうとすると、「先生、右足の裏のタコが痛い」とおっしゃいます。ちょうど人差し指の裏側に出来ています。もう一度うつ伏せになってもらい、右足のタコを爪で押すと「痛い」。そこで左の大転子を軽く押さえてもう一度タコを押さえると「痛くない」。十数秒そのままで大転子の手を離しもう一度タコを爪で押さえると「痛くない」。この感じで爪で少しずつ場所と角度を変え痛いところを見つけては左の大転子を押さえて痛みを取っていきました。

痛いところが無くなった時点で立ってもらうと「痛くない」。今日、一か月ぶりにいらっしゃいましたが(特に主訴はなし)、肘とタコをあれから痛まないとのこと。

次の方は40代女性で左肩の痛みを訴えていらっしゃいました。聞くとだんなさんといちゃついていたら、変なはずみに左肩をぐっと引っ張られてしまい、それから動かすと痛いとおっしゃいます。自発痛はありませんが万歳すると方の前の方が痛いそうです。

この方は仰向けの状態で骨盤が右に横ずれしている感じです。そこで誇張法で背骨と骨盤を整えたら、仰向けになってもらって、骨盤を左から右にさらに少しずらすように押さえ左手を万歳してもらいます。すると「あれ、上がる」とのこと。そのまま数十秒左の骨盤を押さえると痛みなく左手があげられるようになりました。

先週の土曜日にそのいちゃついていた旦那さんが来院されましたが、奥さんの肩のことを聞くと、痛くないと言っていましたと教えてくれました。

他にも寝違いとか膝の痛み、腰の痛みなんか本当にへっこんでいる所に手を当ててあげるだけで改善するようです。10人中8人はこの方法で痛みが取れてくれます。

どなたか、この凹んだところを押さえると痛みが取れるという治療法がすでに存在するのはご存じありませんか?自分の経験だけでふとやってみたら成功したので、気持ち悪くてしょうがありません。なぜ身体に凹みができるのか、そしてなぜ凹みを押さえると身体のあちこちの痛みがとれるのか、それもリウマチの人(おひとりだけですが)にも効果があったりしますが、どうしてある程度効くのか私にはその理由がさっぱりわかりません。

おかげで痛み系の訴えに対してお役に立つことがさらに出来てきたような気がしますが、気持ちが大変悪いです。
[PR]

by kaiondo102 | 2012-10-10 23:48 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(2)

リベンジ!

昨年の7月に急性のリウマチの40代の女性が施術のかいもなく、リウマチの治療が得意そうな鍼灸院に行くといって来られなくなってから1年、また私の所に来たいということでこの7月に来院してくださいました。伺うと鍼灸院に行ってもあんまりよくなった気がせず、特に気になるのは左のひざの痛みと腫れということです。

しかしこの方、大変ネガティブな性格をお持ちで「良くならない、良くならない」とおっしゃる割には昨年の7月に来られてい時にように両手首や両足首にはあまり痛みがなく、左ひざも昨年の12月に一度だけ来られた時はパンパンにはれ上がってメロンみたいですが、現在はその腫れも随分引いていて、昨年の12月の歩き方より歩幅も広い感じです。

現在気になるのは特に左ひざということで施術を開始しました。

骨盤背骨を調整、腹部の圧痛を全部とり、肝臓脾臓のリンパポンプと胸郭ポンプ、頭蓋というルーチンで施術をしました。膝は腓骨の調整と膝蓋骨、膝関節の誇張法をいれました。

8月ぐらいまではほとんど進展ない感じでしたが、9月ぐらいに入ると少し膝が伸びてきた感じがします。それまでは仰向けの時に膝の下にタオルをかませないと足が伸ばせなかったのに、タオルを入れなくても仰向けになることが出来るようになってきました。

先々週に左の手首が腫れて、熱を持っているのが気になり左の側胸がぺったんこでしたのでそこを押さえて左の手首を曲げ伸ばししていただくと痛みが少なくなりますので、押さえることを2回したら今週は(この間の土曜日)は痛みも腫れもなくなっておりました。

膝の方は、座位で左の胸を押さえますと曲げ伸ばしがラクになりますので少し押さえてから座ったまま曲げ伸ばしをしていただいております。膝の方は来られた時より少し伸びている感じがしますし、以前と比べてすたすた歩ける時が出てきたけど、こういう前向きな事を口に出すとまた悪くなりそうで怖い。なのでなかなか痛みが減ったことがあったということも認めることが出来ないとおっしゃることができるようになりました。以前より自分の症状を少し客観的に見られるようになってきた感じもします。

胸郭の凹みを押さえるとリウマチの方の痛みにも効果があるなんて不思議です。

一応良い方向に向かっているようではありますが、やはり一年間その鍼灸院に行っていたのも良かったようです。少なくともどんどん進行していくのは止まったようですし、少しずつ改善の方向に向かっていたような感じもします。どうやらそこの鍼灸院は長野式のようです。やっていることがもろ長野式でした。先日の松本先生のセミナーの足のツボも治療されたそうですが、鍼が痛くて緊張したとおっしゃられていました。

今後も予断は許されませんが、引き続き気合いを入れて施術を続けて改善に向かっていただければと思っております。
[PR]

by kaiondo102 | 2012-10-01 00:49 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(2)