日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
私は長野先生のような治療..
by kaiondo102 at 08:46
先生のブログを読み、以前..
by Isiah at 23:56
ご教授ありがとうございます
by 鍼師 at 06:43
ユーチューブにlymph..
by kaiondo102 at 22:23
リンパポンプとはどのよう..
by 鍼師 at 12:00
こちらこそご無沙汰してお..
by kaiondo102 at 22:44
中野先生、ご無沙汰してお..
by キャンベル・ヨシハラ at 20:36
東洋医学は凄いですね
by kaiondo102 at 16:44
きっと先生のおっしゃる通..
by kaiondo102 at 16:44
リンパポンプは、半ば横隔..
by Isiah at 23:47
メモ帳
最新のトラックバック
broadway dan..
from broadway dance..
alfred chicken
from alfred chicken
Come and Pay..
from Come and Pay m..
anniversary ..
from anniversary in..
ipod cover
from ipod cover
cooper like ..
from cooper like lo..
subject verb..
from subject verb a..
long distanc..
from long distance ..
alta vista b..
from alta vista bab..
animated smi..
from animated smiley
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


凸凹 vs ぎっくり腰

正しい治療法というのは、急性症の時に効果を発揮し患者を救うことの出来るもの、ということを確かマービン先生がおっしゃられていたかと思います。開業してなんだかんだで14年、最近はほとんどセミナーの類にも行くことなく、自分で考えた施術を来て下さる方に試しては喜んだり、がっかりしております。

最近のマイブームはしつこいようですが、凸凹操作です。そしてうつ伏せでの背骨の誇張法のやり方も変化しました。これが本当に使えるかどうかは、マービン先生のお話からすると急性症に効果を発揮するかどうかです。それを試す良い方が先日いらっしゃいました。

その方は70代女性、ぎっくり腰でいらっしゃいました。2週間前に重たいものを持ったら、腰がグキッと音がして急に痛みだし、痛みが全然とれないままだそうです。痛いのは椅子から立ち上がる時が特につらく、もちろん歩いていても、立っていても左の腰から股関節にかけて痛みがでるそうです。

ベッドに座ってもらい、立ちあがってもらいます。顔をしかめながらよいしょ、という感じです。立った姿勢も前屈気味で、まっすぐには痛くて出来ないそうです。腸腰筋かな、と思い「風邪引きました?」と伺うと一か月前ぐらいに風邪をひいたそうです。ということで早速施術を開始しました。

うつ伏せになってもらい、左足と右足を上にあげてもらいます。すると左足をあげた時仙骨辺りに痛みが走ります。腰椎も湾曲が減っているような感じがして、右の側胸部が大きく凹んでます。

とりあえず、背骨を誇張法で整えます。最近はクラシカルのオシレ―ションのように横から仙骨をちょっとだけ動かしながら、背骨を誇張法ぽく調整します。左側から調整すると少し腰椎に湾曲が戻ってきたようです。ここで左足をまたあげていただくと、「痛い」。D10辺りからL5までもうちょっと操作すると、さらに湾曲が戻ってくる感じがします。右側から同じように背骨を調整します。やっていくうちにどんどん背中がきれいになっていく感じがします。そこで一度左足をあげていただきました。すると「さっきよりらく」とのこと。さっきを10とすると6ぐらいかなとおっしゃいます。もう少しD10あたりから丁寧に操作すると、10が3になったそうです。そこで凹んでいる右の側胸部に手を当てます。手を当てながら左足をあげていただくと「痛くない」。

そのまま少し手を当てながら待つこと数十秒、当てた手を離し左足をあげていただくと10がほとんど0になったそうです。この状態で一度立ちあがっていただきました。すると随分スムーズに立てるそうです。そこで仰向けになっていただいて、骨盤、帯脈、リンパポンプを行ってもう一度立っていただくと、「痛くない」。ということでその日は終わりにしました。

次の週、来院されましたが、前回の施術の2日後に一度痛みが軽く戻ってきましたが、次の日には無くなったそうです。

今回は軽めのぎっくり腰であったので、上手く一回で効果を上げることが出来ました。しかし、いくら軽いといってもこれは急性症。自分の考えたことが少しは価値があるかな、と思って嬉しくなってしまいました。

しかしもうすぐ12月です。例年ぎっくり腰、寝違い、それも結構ひどいのが増える時期です。さあ、凸凹と横から誇張法、そういうひどいのにも通用するでしょうか????
[PR]

by kaiondo102 | 2012-11-27 00:26 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(4)

夫婦でイボ痔

数年前に奥様の方が出産後イボ痔、ということでいらっしゃり、今度は旦那さんがやはりイボ痔ということで一カ月前にいらっしゃいました。

ご主人はコンピューター関係のお仕事で、朝から晩までひたすら画面とにらめっこ。座っているとその痔の所が不快になるそうです。試しに施術ベッドの上に座ってもらうと、不快感があります。肛門に力を入れると、イのが感じられるともおっしゃいます。

お身体をみると、明らかに肝臓が変という体型です。早速、施術を開始します。イボの位置を伺うと、ちょうど真ん中の前の方とのこと。

まず、仙骨周辺の圧痛をとり、圧痛の強い右のD6~11の2側の圧痛を左会陽を押さえながらとります。骨盤と背骨を調整、仰向けになってもらうと左の大巨に強圧痛があります。ちなみに肩凝ります?と伺うと右肩の凝りが最近強いとのこと。もろ肝臓だ、と思いながら左大巨を押さえて、右肩を少し動かしてもらうと凝り感が減ります。そのまま左大巨を押さえること数十秒、右肩の凝り感は無くなったそうです。でも大巨の圧痛は残ります。そこで痔の特効穴の、ごめんなさいツボの名前忘れました、尺沢から指3、4本下の穴を押さえると大巨の圧痛はなくなります。

右期門の圧痛はサン竹を押さえると無くなります。少し、肝臓ポンプをおこない膝を立ててもらいまず、左骨盤隔膜を押さえると、ここにも強い圧痛があります。これを痔の特効穴を押さえるとやはり圧痛が無くなります。右の骨盤隔膜も同じように、特効穴で圧痛を消し、首と頭を調整、起き上がって座っていただきました。

すると不快感が無くなり、お尻をしめてもイボ感が感じられなくなったそうです。

次の週にもう一度いらっしゃっいましたが、イボ痔はなくなったそうです。

実はこの方、その数週間前に、子供に頭突きをされ左のあばらが2週間ぐらい痛くて、いらっしゃいました。その時は、座って手を頭の後ろに組んで、上半身を捩じってもらうと左に捻じった時に、左のアバラが痛くて捻じれなくなります。全身を簡単に調整したあと、本当は凹みを押さえてもよいかな、と思ったのですが、久しぶりに長野式を使ってみました。膝を立てて、そのまま右の方へ膝を倒していくと「痛い」。そこで、左の上太白を押さえて、同じように膝を右に倒してもらうと、あら不思議、痛みがないそうです。

そのまま、上太白を押さえること数十秒、もう一度、右に膝を倒してもらうと、痛みがなくなり、座って身体を左に捻じってもらっても、痛くなくなったそうです。

一か月ぐらい前でしょうか、自分自身の咳がとまらなくてどうしようもなくなって、長野式をやっている仲間の治療院で、治療を受けました。久しぶりに鍼をうけ、ツボにはまると、さーっと圧痛や凝りが消えていくのを体感して、自分の施術でも結構長野式を、また入れています。

いやあ、経穴は面白いです。
[PR]

by kaiondo102 | 2012-11-18 01:38 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(2)