人気ブログランキング |

日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
home interio..
from home interior ..
myspace anim..
from myspace anime ..
attraction f..
from attraction fatal
antioch apar..
from antioch apartm..
himno nacion..
from himno nacional..
cell phone a..
from cell phone ant..
addiction dr..
from addiction drug..
gourmet hous..
from gourmet housew..
canada downl..
from canada downloa..
lock make pi..
from lock make pick..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


子午相関

凸凹は飽きてきたので、ツボ関係の症例です。経絡治療には子午治療というのがあります。肝と小腸、肺と膀胱という感じで相関関係があり、片方が調子悪い時はそのもう片方を使うと良くなるというものです。実は均整にもあるのですが、お腹の募穴だけの関係しか使いませんが、これを少し広げて応用してみました。


40代後半の女性、月に1~2回来られる方。半年ほど前に右の四十肩になりバリバリの自発痛があり、3~4回の施術連続して行うと自発痛は無くなったので、現在は何か気になると来られています。とはいえ、肩の可動範囲はいかにも四十肩という感じです。

その日は右肩が肩甲骨の内側から天宗、三角筋、僧帽筋と全部死にそうなぐらい凝っているということでいらっしゃいました。いつも通り骨盤と背骨を調整して仰向けになってもらうも、右の肩コリは少ししかへっていないとのこと。帝王切開の既往歴がありますので、瘀血、下腹部の婦人科の反応、帯脈、中極、中脘、両期門の圧痛をとり、肩鎖関節を調整すると、随分右の肩コリは楽になりました。右腕を動かしてもらうと、この辺りが痛いということで、小腸経の辺りを触ります。凸凹を使おうかなと思ったのですが、他の事をやってみたかったので、子午相関を使ってみることに。

痛いのは右の小腸経ですので、治療経絡は肝経になります。絡穴を使うとのこと、そこでレイ溝を押さえると強い圧痛があります。そこを少し刺激すること十数秒、「どう?」と伺い腕をまた動かしてもらいました。するとさっきより楽になっているとのこと。そのままレイ溝を1~2分刺激すると右肩の小腸経の痛みは2割ぐらいになったそうです。「腕を動かしてもあんまり痛くない」とのことで腕をぐるぐる動かしていらっしゃいました。

3週間後にいらっしゃいましたが、右肩の凝りはまた戻ってきたものの、前回の施術の後は1週間ぐらいかなり調子が良かったとのこと。今回の凝り間も前回ほどひどくはないので、ひどくなる前にいらっしゃったそうです。

50代前半の女性は半年ほどまえ電車が急発進したときにバタン!と仰向けに倒れてしまい、その時に右の薬指を折ってしまったそうです。その後、病院に行って固定され、ギブスがとれると、指がまったく動かなくなってしまいました。リハビリに通うと少しずつよくなるのですが、最近はスランプで握るのがつらいとおっしゃいます。

先月いらしたときは薬指は三焦経ですので、左の漏谷を使うと指の動きが改善しました。先日一カ月ぶりにいらしたのですが、また指が痛くて動かなくなってきたとおっしゃいます。今回は末端の経穴ではなく、体幹はどうだろう、と思って左の章門を押さえてみました。R11の先端を3か所ぐらい押さえると、一番嫌な感じがするところがあります。そこを押さえて少し刺激して、「どう?」と右手を握ってもらいました。すると「あれっ?」という感じで指の痛みが無くなって軽く握れるようになりました。しばらく章門を刺激「どう?」を繰り返すこと数回、曲げた時の痛みはなくなり、かなり握れるようになりました。でも第一関節の所がまだ硬くて曲げられないそうです。

もう少し章門で粘りましたが、変化はありません。痛いのは骨、筋、筋肉と伺うと筋かなとのこと。長野式は靭帯には曲泉なので、同側の曲泉を押さえましたが効果なし。しかたない、ということで大転子ラインが左に横ずれしているので、右から軽く押さえると、「あ、動く」とのこと。しばらく大転子を押さえると右手もさらに握りやすくなり、薬指の先端が手の平に着けるようになりました。

いやあ、楽しいです。実はこの子午治療を教えていただいたのは、日本人でドイツで鍼灸師をされているT先生です。先生は経絡治療と長野式をされており、このブログを見てご連絡いただき、今年の秋に来日された時にお会いすることができました。その時に教えていただいたのがこの子午治療です。先生からいただいた資料は手足の絡穴を使うというものでしたが、絡穴以外にも背部兪穴やお腹の墓穴でも応用が可能かもしれません。

カナダの先生に長野式を教えていただき、ドイツの先生に子午治療を教えていただく。う~ん面白い世の中です。

by kaiondo102 | 2012-12-21 00:44 | 経穴 | Comments(2)

高山病にかかった

先日来られた方は1~2週間に一度定期的に来院される40代の女性です。最近ほどほど調子が良いと二人で喜んでおりましたが、その日は真っ青な顔で来院されました。どうしたんですか?と伺うと「高山病になった」とのことでした。

その方いわく、標高2千メートルの所にある旦那の実家に行った時、温泉に入られたそうです。その時にその温泉のお湯が飲めるので飲んでしまったそうです。それからというもの大変、貧血でふらふらになって呼吸も苦しく、頭も痛くて、旦那の実家なのに寝たきりになってしまったそうです。近くのお医者さんに行くと「高山病」いと診断されたそうです。でも2千メートルで、それも何度も行っている所でどうして?と私が伺うと、どうやら温泉のお湯の成分が、体内の鉄と結合する硫黄分が多く含有されて、それを飲んでしまったために高山病の症状(高山病)が出たのかもしれない、とそこのお医者さんに言われたそうです。

そこのお医者さんからは、低い所に戻れば治ると言われたそうですが、息苦しいのと頭痛は相変わらずだそうです。お身体を見ると、胸郭がぺしゃんこで下腹部が異様に膨れています。

いつも通り、骨盤と背骨を誇張法っぽく調整、左の側胸部が凹んでいたので、手を当てます。呼吸が通ったかなというところで、仰向けになってもらいました。「どう?」と伺うと、頭が痛いのは随分引いて、頭がしびれている感じがするそうです。息苦しいのは少しよくなったそうです。顔色も赤みが少し差してきました。

仰向けで骨盤、R11・12を調整するとさっきより胸郭が膨らんできます。一度深呼吸をしてもらうと、吸気が苦しいそうです。長野式ですと吸気障害は太谿を使います。そこで太谿を押さえること数秒、深呼吸をしてもらっても「苦しい」。あれ?と思い少し場所を変えて押されるも苦しいのは変化ありません。

どうしようと思い、そういえば血液中の酸素が足りないのかもしれません。そこで中府の圧痛を確認すると左右とも強圧痛があります。とりあえず右から長野式の酸素供給点の列欠(経渠かな?)を何か所か押さえると中府の圧痛が取れるところがあります。そこでそのまま列穴を操作すること十数秒、「どう?」と伺うと頭のしびれが無くなってきたそうです。もう十数秒列欠を操作し中府の圧痛を確認すると圧痛はありません。頭のしびれも軽くなり、息も吸いやすくなってきたそうです。左も同じことを行うと、息苦しい感じが無くなり、頭のしびれもなくなったそうです。

頸椎と頭をちょっといじって、立ってもらいました。「どう?」と伺うと「あ~すっきりした~」とのこと。胸郭も膨らみ、異様な下腹部も無くなり、顔色も良くなりました。一週間後来院されましたが、あれから高山病の症状はなくなったそうです。

私の施術所は大井町の高台にあります。といっても海抜15mぐらいでしょうか。そんな所で高山病は施術する機会はなかなかあり得ないと思います。でも標高4千メートルで施術しても効果は出ないと思いますが・・・。

マンションの一室で細々と続けさせていただいている私の施術所ですが、こんな所でも本当に色んな症状を施術することが出来ます。ありがたいことです。色々ありましたが、とても楽しい2012年の年末であります。

by kaiondo102 | 2012-12-16 01:54 | 臨床雑記 | Comments(2)

凸凹vs肩の痛み

色々ご報告させてきただきたい症例がありますが、夜な夜なクラシカルの翻訳でパソコンとにらめっこをしておりました。先日第一章が終了したので、またブログを。

14歳、側湾の男の子。隔週の施術を3カ月して少し良くなったかなという感じの先日、期末試験が終わったとのことで色々話しをしていると、肩が痛いとのこと。勉強のしすぎでしょうか、手を前にあげると(屈曲ですか?)ちょうど腕が肩の前(床と平行)のところから痛くて上げられないとのこと。

いつも通り全体を調整、仰向けになってもらって一度手を前に上げてもらうと、「痛い」。仰向けを上から見ると、骨盤(ASIS)のラインが右にズレている感じですので、左のASISの外側を右に軽く押してもう一度腕を上げてもらうと、「痛くない」。施術が終わって立ってもらって腕を上げてもらっても痛くないので、終わりにしました。2週間後に来た時は肩はあれから痛まなかったとのこと。うちの次男も高校受験。肩が上がらなくなるぐらい勉強をして欲しい、と思った症例でした。

次は、60代女性。左肩を横に上げて肘を曲げながら、胸を張るように肘を後ろに動かそうとすると、肩の前の辺りが痛いそうです。テーブルを布巾で拭くような動作が痛いそうです。

全体を調整、仰向けになってもらい、骨盤・帯脈の圧痛をとり、痛みのでるポーズをしてもらいました。すると「ここが痛いんですよ」と顔を少ししかめながら訴えます。左の側胸部が凹んでいるので、そこを押さえて痛いポーズをしてもらうと、「ここが痛いんですよ」と全然変化なし。ならば骨盤のASISラインは右にずれているので、ASISの外側から軽く右へ押します。そして、痛いポーズをしてもらうと「あれ、今は痛くない」とのこと。片手で骨盤を右の方向へ押さえ、もうひとつの手で、その方の手を握り、痛いポーズをさせながら力は抜いてもらい、ぶらぶらさせること十数秒。手を離してポーズをしてみると「随分らく」。もう少し粘ってみると今度は痛みが無くなりました。先週の土曜日いらっしゃいましたが、肩は平気だそうです。

最後は本日来られた70代女性。もともとの主訴は動悸でしたが、1か月ぐらい週一で施術すると無くなったそうです。その後は月一でいらっしゃっています。もともとその時から左肩も上がらないとのことでした。今日は左肩の痛みをメインに調整しました。

いつものように全体を調整、左の天宗、D4~6周辺の圧痛をとり、仰向けで骨盤、右肩を調整。この時点で左腕を上げてもらうと、痛い。最初から凸凹かな、と思ったのですが最近は四肢の捻じれが気になり始めたので、左の手首、前腕を捻じれを誇張するように調整。左手を上げてもらうと「少しらくかも」。前腕と上腕の捻じれを誇張するように調整、上げてもらうと「随分らく」。肩鎖関節を調整してもう一度上げてもらうと、上げ始めに大腸経の所が重いだけになったとのこと。そこでこの方もやはり右にずれているASISを少し右にずらして、少しだけ左手を上げてもらうと「軽い」。もう少し粘ると重さなく上がるようになりました。次のこの方の来院は来年です。さあ、肩はどうなっているでしょう。

軽い肩の痛みでしたら、どうやら凸凹で随分とれるようです。それも、胸郭の凹みを押さえるよりも、骨盤を押さえた方が良さそうな感じがします。

やっぱり翻訳より施術の方が楽しいです。ですが、また明日からはイギリスの講義の模様の翻訳を始めます。あともう一個ご紹介したい症例がありますので、折を見て書かせていただきたいと思います。

by kaiondo102 | 2012-12-05 00:43 | 臨床雑記 | Comments(7)