日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
なんなのか先生 そう、..
by kaiondo102 at 22:29
鍼師先生 誇張法の斎藤..
by kaiondo102 at 22:25
鍼灸>手技>鍼灸と勉強し..
by 整体師改め鍼灸師なんのかなんなのか at 14:49
誇張法でもそうですが、先..
by 鍼師 at 07:55
藤先生 私が軽くやった..
by kaiondo102 at 23:14
鍼師先生 私は虚実か分..
by kaiondo102 at 23:10
拙い鍼灸師の戯言です。 ..
by Isiah at 22:47
要するに氣の流れに沿って..
by 鍼師 at 11:55
久しぶりに私にとって勉強..
by kaiondo102 at 20:50
治療の仕事を人生で初めて..
by kaiondo102 at 20:49
メモ帳
最新のトラックバック
broadway dan..
from broadway dance..
alfred chicken
from alfred chicken
Come and Pay..
from Come and Pay m..
anniversary ..
from anniversary in..
ipod cover
from ipod cover
cooper like ..
from cooper like lo..
subject verb..
from subject verb a..
long distanc..
from long distance ..
alta vista b..
from alta vista bab..
animated smi..
from animated smiley
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


牽引技法

身体に見られる凸凹している所が気になって、特に凹んでいる所を押さえると身体のあちこちの痛みや不調がとれるため、物凄く助かっております。例えば、手首の痛みが反対の肩を押さえると無くなったり、面白い時は反対側の大転子を押さえると無くなったりするため、身体の不思議を日々感じながら施術させていただいております。

そんな凸凹操法に助けられて一年ぐらいになるでしょうか、最近は身体の半身の左右差が気になるようになってきました。

私は施術はうつ伏せから始めます。まず患者さんの脚元に立って、身体を見て気になる所、特に凹んでいるところを中心に探します。しかし、最近は凹んでいる所に加えて、右半身と左半身の伸び縮み、あるいは上や下にずれているのが気になるようにもなってきました。それを引っ張ってみたらどうなるかやってみました。

50代の男性が寝違いでいらっしゃいました。結構痛そうでした。うつ伏せで背骨と骨盤を調整し仰向けになってもらいましたが、かなりまだ痛みがあります。特に頭を持ち上げることが痛くて出来ません。骨盤、帯脈、副腎の反応点の圧痛をとり、もう一度頭を上げてもらいましたが、少し上がります。どうかな、と思ってみて左半身が伸びている感じがするので、左脚を軽く牽引してみました。ん、上がりません。左脚を軽く開いてみました。もう一度牽引します。すると、あれ、頭を持ち上げることが出来ます。ずっと牽引をかけているのも飽きるので、軽くポンピング的に牽引をかけます。2~3分行ってもう一度頭を上げてもらうと、ほとんど痛みなく上げられるようになりました。その後、肩周りと頸椎、頭蓋骨を調整すると、寝違いの痛みはなくなりました。

50代女性、2週間に一度いらっしゃっている方。特にその日は調子が悪い所はなかったのですが、物をつかむと左の手首が痛くなるそうです。親指と残りの四指をすぼめるようにして力を入れると、手首の内側のど真ん中が痛みます。背骨と骨盤を調整、仰向けになってもらいます。左半身がやはり伸びているので、左足を軽く牽引して、左の指をすぼめてもらいます。すると「痛くない」。しばらく牽引をかけて、もう一度手に力を入れてもらうと、痛くなくすぼめることが出来るようになりました。

風邪気味で喉が痛い30代の女性。何もしなくても喉が痛く、つばを飲み込むとさらにつらいそうです。背中と骨盤を調整し、上胸椎周辺にある圧痛をとり、仰向けになっていただきます。するとその時点で随分喉の痛みが楽になってきたそうです。ですがまだ唾を飲むと痛むそうです。そこで左足を牽引します。牽引すること10秒ぐらい、もう一度唾を飲み込んでもらうと、痛みが随分減るそうです。しばらく牽引して、もう一度唾を飲み込んでもらうと、「痛くない」。肩周りと頸、頭蓋骨を調整して喉の痛みを聞くと、何もしない状態では、もうほとんど痛くなくなったが、唾を飲み込むと左側の痛みが戻ってきた、とのこと。これはヒジュを押さえると無くなるので、しばらくヒジュを押さえると「痛くない」となりました。

ものを持ち上げようとして左の腰がぎっくり腰っぽくなっていると、数日後にはその痛みが背中から頭まで上がってきたという30代女性。背骨と骨盤を調整、仰向けになっていただくと、左半身が少し楽とのこと。骨盤、帯脈を調整するともう少し楽。右半身が下にずれている感じがしたので、右脚を軽く牽引しました。すると左半身が楽になってくるそうです。しばらく牽引していると左の腰の痛みがなくなり、背中の痛みも無くなったそうです。

なぜ、身体には凸凹が出来たり、左右で伸び縮みしたりするのでしょうか???やはり、身体の中にはなんらかの圧が存在し、その圧の不均衡がそのような凸凹を作り、あるいは伸び縮み、左右のズレを作るのでしょうか。では、その圧の不均衡はどのようにして作られるのでしょうか。

牽引することで、身体の色々な不調が改善できそうだ、ということは少しずつ解ってきましたが、まだまだ凸凹操法ほどの効果を出すまでには至ってません。凸凹は手を当てているだけでいいのですが、牽引技法は色々な要素が加わってくる感じがします。きっと脚を開く角度や脚の内旋、外旋なんかが関係してくるのかもしれません。まだまだ研究の余地がありそうです。

この牽引技法はもとはといえば、均整の技法です。やられていても気持ちが良いですし、足をひっぱるだけで、良くなったらいいなと思って、一時は色々実験しておりましたが、別にそんなに変化がなかったので、中断しておりました。しかし、久しぶりに使ってみたら、意外と効果をあげることができました。

もうちょっと色々研究して、何か解りましたら、ご報告させていただきたいと思います。
[PR]

by kaiondo102 | 2013-11-15 01:30 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(5)

先月の練習会を振り返って

先月、私個人としては初めて教える立場にたつ、ミニ練習会を開催させていただきました。内容は以前、このブログの過去の記事の「長野式のすすめ」で書きました、ターゲットとなる圧痛を、遠隔の治療点でとっていくという、初心者の方が最も苦労する手技を皆で練習しました。

4人の方が集まってくださいました。とりあえず、私がお腹や頸の代表的な圧痛点を、一人の方をモデルとして押さえさせていただき、押す時の圧の強さや押す方向、押さえてからのちょっとした動きみたいなのを説明しながらお見せします。そしてモデルの方はそのままで、残り三人の方が連続してそのモデルの先生のお腹を押さえ、私が押さえてように確実に圧痛を感じるか答えてもらいながら練習します。それを全員交代でやりました。

本当はその日は左下腹部の圧痛を取るだけで一日かかるだろう、と思っておりました。しかし、数稽古ではありませんが、三人連続で腹診をすると、一人目を腹診している時はおぼつかなかった手の動きも、二人目・三人目とやるごとにどんどんスムーズになっていきます。皆さん日頃から臨床をされているだけあって、あっという間に確実に圧痛を触診で探すことが出来るようになりました。

そして腹診でお腹の圧痛が確実に見つけられるようになると、こんどは治療点を探すことも大変スムーズに出来るようになりました。長野先生や松本先生のおっしゃる瘀血の反応を消すことのできる、足首や肘にある治療点も、私が少しだけコツ的なことをお話させていただきますと、皆さんあっという間に左下腹部の反応をとってしまいました。

10時から始めて一時間弱お昼休憩をして、ここまで14時で終わりました。17時までやることにしていましたので、11月にやる予定であった右下腹部と頸の圧痛を取る練習もすることが出来ました。

簡単に説明をしてすぐに皆さんでやっていただきました。こちらも皆さんあっという間に出来るようになりました。そしてただ単に右下腹部と頸の圧痛だけでなく、お腹のその他の圧痛点もどれだけ取れるかやってみました。

すると皆さん手がもうスムーズです。ここを押さえてこっちの圧痛はどう、消えた?まだ残っている?と本当に自然に出来ています。私は出る幕がありません。見ているだけです。皆さん勝手に右下腹部だけでなく、期門やオッディ、中脘とかの圧痛もとっておりました。

参加の先生方もおっしゃっておりましたが、この圧痛点を遠隔の治療点を探して消すという手法がなかなか出来ないため、長野式を断念する方が多いとのこと。このままでいけば、澤田先生の太極療法が現存していないように(多分です)、長野先生が創始して、松本先生が広めたこの素晴らしい治療法も過去のものとなってしまうのでは、と私は以前から大変危惧しておりました。

そうならないために今回、僭越ながらこういった練習会を企画させていただきました。そして、私が予想していた以上の成果が見られたことに、本当に心よりうれしく思っております。

一応、あと一回でおへそ周りの圧痛と胃経の調整のお話と練習を皆でして、全然スムーズに出来れば、終わりでもよいかなと思っています。また、時間が余るようであれば、背中の圧痛の取り方や皮膚疾患に対するアプローチも練習していきたいと思います。

参加者の皆さまは、今週は散々不摂生をしてお腹に圧痛を作りまくってきてください。圧痛だらけのお腹や背中が、4つの手法でどれだけとれるか、是非皆で練習して検証できればと思っています。

どうぞ暴飲暴食、特に糖分とアルコールの死なない程度の過剰摂取、睡眠不足、ストレスをガンガンにためていらしてください。楽しみにお待ちしております。
[PR]

by kaiondo102 | 2013-11-06 01:15 | セミナーのお知らせ | Trackback | Comments(3)

経絡を知っていt良かった一症例

先日いらっしゃったのは、顔が痛い、物凄い違和感を感じるということでいらっしゃった30代の女性です。

伺うと、定期的に通っていた治療院で、耳の後ろをぐーっと後ろから強く押さえたとのこと。押された時から物凄い違和感と痛みを感じていたそうですが、定期的に通っていた所なので、何も言わなかったそうです。しかし、その痛みはそれからずっととれず、耳の前あたりから、頬骨、上の歯ぐき、上の歯とずーっと変だそうです。物凄い変なので、四六時中気になって、頭がおかしくなりそうな感じ、とのことです。

紹介で、オステオパシーにも行ったそうです。すごいソフトなタッチをする所だったそうですが、10回ぐらい通ったそうです。もう一つオステオパシーにも行ったそうです。二つとも行き始めた当初は一旦少し改善するのですが、すこしすると元に戻ってしまったそうです。症状は改善しないのですが、身体は凄く楽になり、またソフトなタッチも気に入ったそうですから、他にオステオパシーはないか、ということで私の施術所にいらっしゃいました。

私の所はなんちゃってオステオパシーなんですが・・・と内心思いながら早速施術を始めました。お身体をみると、特にC7とD1が左にかなり寄っていて、C6が思い切り前に落ち込んでいます。骨盤の歪みも結構ひどいです。とりあえず、骨盤と背骨を整えます。C6からD1を調整していると、その気になる右のお顔になんか響き感が来るそうです。

仰向けになってもらいました。お顔の状態を伺うと、少し軽くなったかな、とのこと。骨盤を調整、帯脈をゆるめました。本当はここで肩関節、頸椎、頭蓋骨と上にあがって行きたいのですが、今まで本職のオステオパスが改善させてあげることが出来なかったので、私のへぼな調整では悪化させてしまう可能性も考えられます。

そこで経絡を使ってみました。特に気になるのは右の頬骨と右上の歯ぐきと歯とのこと。上の歯は内庭とか陥谷の周辺を使います。右脚の甲を押さえると物凄い痛い所があります。そこを緩めます。操作を始めて数秒で、歯が楽になってきた、とおっしゃいます。「お、いけるかも」と思いながら、足の甲の圧痛をとっていきました。

とりあえず陥谷か内庭かの圧痛をとってみると右のお顔の違和感が半分に減ったそうです。それ以上追いかけるのも怖かったので、足の甲を操作したところで初日は終わりにしました。

4日後に2回目の施術にいらっしゃいました。お顔の調子を伺うと、随分よくなったとのこと。10が4ぐらいに減ったそうです。今回は歯の方は問題がないのですが、ニコッと口角を上にあげると、右の頬骨に違和感があるそうです。同じように施術して、、頸椎、頭蓋骨と調整してみました。すると、側頭骨を施術すると、嫌な感じが頬骨に感じられるそうですので、直ぐにやめました。ニコッとするとまだ違和感があるので、気水穴処置で解ケイを押さえると違和感が無くなります。解ケイをしばらく操作しました。C2が思い切りずれているので、そこを調整して、後頭部を調整して2回目は終わりにしました。

3回目にいらした時は、もうほとんど右のお顔の違和感はなくなったそうです。側頭骨を調整しても右ほほに違和感は感じないそうです。

4回目にいらした時はもう右のお顔のまったく無くなり、いつもの肩や首の凝りが気になるそうです。

この症例では、経絡に助けられた感じがします。きっと私の骨格を対象にしたなんちゃってオステオパシー調整では効果が上げられなかったと思います。

経絡は本当に効くなぁと改めて実感し、長野式を勉強して本当に良かったと思わされた症例でした。
[PR]

by kaiondo102 | 2013-11-02 01:01 | 経穴 | Trackback | Comments(0)