人気ブログランキング |

日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
home interio..
from home interior ..
myspace anim..
from myspace anime ..
attraction f..
from attraction fatal
antioch apar..
from antioch apartm..
himno nacion..
from himno nacional..
cell phone a..
from cell phone ant..
addiction dr..
from addiction drug..
gourmet hous..
from gourmet housew..
canada downl..
from canada downloa..
lock make pi..
from lock make pick..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


もう一度テコ

あれほど良く分からなかったクラシカルオステオパシーも、門前の小僧習わぬ経を読むではないですが、セミナーの通訳や翻訳をやらせていただくなかで、少しずつ何をやっているのか自分なりに理解できるようになってきました。

とはいえ、私の理解はかなり断片的であり、自分の良いように曲解しているかもしれませんが、それでも自分の施術のスタイルはクラシカルから大きな影響を受けております。そして誇張法の操作と組み合わせることによって、自分なりの施術スタイルを作ることができました。人に言われた事をそのまま行うことが出来ない我がままな私にとって、クラシカルのルーティンをそのまま自分の施術にすることは無理ですが、クラシカルの理念ならありがたくいただくことが出来ています。あらためてクラシカルとのお付き合いがきれなかったのは幸運でありました。

クラシカルのスタイルの中で特に大きく影響を受けたのはテコの力を使う、ということです。昨年もクラシカルの事を少し書かせていただいた時、テコは身体の色々な部分の統合をとる為に大きく役に立つのではないか、書きました。

もう一つ感じたことは、テコを効かせている状態は、その支点である治療対象を動きやすくする感じがするのです。私が勝手にやっている誇張法的クラシカルオシレーション技法は、仙骨をテコにして少し動かします。といっても、ほんの少しだけです。そしてもう一方の手の指を棘突起に当て、仙骨の動きが背骨に伝わるのを感じ、また次の背骨に移ります。見た感じ動きのほとんどないオシレーション技法です。

この仙骨をテコとして軽く押さえた状態は私にとってニュートラルな状態な作り出している感じがするのです。この状態で椎骨を摘まんで左右に動かすと、テコをかけない時は右方向にしか動かなかったある椎骨が左右に動く感じがします。いわば車のクラッチを踏んでギアチェンジが出来る状態に似ていると言えるでしょうか。テコを効かせることによって、ちょうど背中の上でどこにもくっつかず背骨が浮いている状態を作り出しているという感じがします。長テコを使うことの意義は多数あると思いますが、その一つとしてテコを治療対象に効かせることは、その治療対象への様々な影響を最小限しうる状態を作り出せるのではないでしょうか。

ということで最近は背骨だけでなく、頭蓋骨もテコといいますか動きの中で操作したらどうなるか、ということでやっています。例えば頭を右に回旋すると蝶形骨や前頭骨はどう動くのでしょうか。頭を傾けると側頭骨や後頭骨、頭頂骨はどのように動くというか浮くのでしょうか。その状態で何らかの操作をしてあげると何か変化は起きるのでしょうか。色々実験をしていますが、結構顔の形が簡単に変化するような感じがします。少なくとも首の可動性は格段によくなるようです。

色々な意味でクラシカルオステオパシーと出会えて良かった、と思う今日この頃であります。

by kaiondo102 | 2014-09-22 00:33 | オステオパシー | Comments(4)

ウィーク2終了

5日間のJACO主催の国際セミナーが終わりました。私も通訳として参加させていただきました。

今回はいつものクリス先生だけでなく、クリスキャンベルという臨床経験が30年でワ-ナム先生と一時代を共にし、リトルジョンの研究を続けてこられた先生も初来日されました。それだけでなく、クリス先生の彼女であるカナダのサンディ先生もいらっしゃった、豪華な講師陣による素晴らしいセミナーでした。

素晴らしいな、とは言いながら講義の内容は私はほとんど覚えておりません。とにかく流れてくる英語を日本語にすることに必死であるため、また時折出る受講生の皆さまの質問をまた英語にすることでアップアップしていたため、講義は全然頭に残っておりません。ただ、つまらない内容の講義ですと、私もやる気を失います。ですが今回はやる気をまったく失わなかったので、物凄い濃い内容で遇った感じがします。多分、今までのセミナーでもっとも良かったのではないでしょうか。

特にキャンベル先生のお話は、どちらかというとウィーク2という基礎コースから一歩上がったコースの内容というよりは、ある程度クラシカルをやりこんだ先生にためになった講義でなかったかと思います。また、それにつられてかバッテン先生もご自身の臨床例を多く紹介してくださり、一応本業は施術をしている私にとって、楽しく通訳することができました。

また、30人以上いる受講生の皆さまは、真剣に講義を聞いていたようでしたし実技の時間も一生懸命練習されていて、とても雰囲気の良いセミナーでした。また、全ての参加された先生とはお話する機会はありませんでしたが、お話させていただいた先生は全員、良い方ばかりでした。中日の懇親会の時もエロ話で盛り上がり、私は最後どうやってホテルに帰ったか、全く記憶にありません。お陰で翌日の通訳はメタメタであったことは言うまでもありません。

5日間の通訳、それもほとんど一日中でしたので、本当に疲労困憊でしたが、それでもセミナーが終わりを迎えた時は、私はホッとしたより、宴の終わりのような感じがしてかなりさびしく感じました。

今回は私も一度セミナーに参加させていただいた達人先生が受講生のお一人としていらっしゃって、私がまったく理解できないし訳せない質問を投げかけられ、全然通訳できず自分の力量不足を大変反省させられました。大嫌いな解剖生理をやはりもっと学ばなければ、と申し訳ない、と思いました。もうちょっと細かい所の解剖用語を次回は覚えこまなければいけないです。

相変わらずJACOの会長を始めとする理事の先生たちは気持ちの良い方ばかりで、私が通訳の集中しやすいように色々お世話をして下さり、本当にありがたかったです。また講義の合間にはくだらない話をまたすることもでき、楽しく一日を乗り切ることができました。本当にありがとうございました。

あらためてご参加いただいた皆様には私のつたない通訳を辛抱強く聞いて下さり感謝しております。次回にはもう少しまともな通訳が出来るよう、日々の英語のトレーニングは欠かさないようにしておきます。またもう少し勉強もするようにしますので、これに懲りずに来年もまたよろしくお願いいたします。

これで今年の通訳のお仕事は終わりました。来年はイギリスかアイルランドに2回国際セミナーがあり、また秋には国内でセミナーが開かれる予定、と伺っております。がんばりますか。

by kaiondo102 | 2014-09-19 00:39 | セミナー 海外 通訳 | Comments(3)

ウィーク2 京都だ

このブログを覗きに来て下さって、ありがとうございます。

本当は色々面白い症例もあったのでご紹介させていただきたかったのですが、8月はずーっとやらなければいけないことが珍しく沢山あって、なかなか更新できませんでした。すみません。

明日から日本クラシカルオステオパシー協会の国際セミナーが京都で5日間の予定で開催されます。また私も通訳として呼んでいただきました。ありがたいことです。

今回はいつものクリスバッテン先生の他にもう一人、クリスキャンベル先生がいらっしゃいます。ワ―ナム先生とともに一時代を過ごし、クラシカルオステオパシーの名付け親でもあり、オステオパシーセンターの図をまとめ、さらに数十年臨床をやられている、ばりばりの先生です。

とはいっても見た感じはお腹の出た、やさしそうなおじさんです。ですが、マービン先生もそうですが、日々臨床をやっている先生のお話は非常に重みがあり、その重みをいかに私の貧弱な日本語で伝えるか、非常に難しいです。

五日間、頭と身体を切り替えて、高いお金と多くの時間をかけてきて下さった受講生の皆さまのお役に立てるよう、一生懸命やってきたいと思います。

セミナーの模様は多分日本クラシカルオステオパシー協会のフェイスブックに適宜写真が載ると思いますので、ご興味のある方は是非ご覧になってください。

by kaiondo102 | 2014-09-10 00:15 | セミナー 海外 通訳 | Comments(4)