人気ブログランキング |

日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
home interio..
from home interior ..
myspace anim..
from myspace anime ..
attraction f..
from attraction fatal
antioch apar..
from antioch apartm..
himno nacion..
from himno nacional..
cell phone a..
from cell phone ant..
addiction dr..
from addiction drug..
gourmet hous..
from gourmet housew..
canada downl..
from canada downloa..
lock make pi..
from lock make pick..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧


リウマチの手首の変形VS誇張法

40代の女性がいらっしゃっておりますが、来院の目的は違うのです既往歴に小児リウマチとあり、左右の手首が変形しておりました。臀部から大腿部、下腹部と冷える感じが強く、手首から先も一番初めは保冷剤を触るかのようにヒンヤリしておりました。

とりあえず本来の目的のために施術は腰部と臀部を緩め、脊柱と骨盤の誇張法、腹部、帯脈、肩関節、頸椎、頭といつも通りのルーティンでやっていきました。

リウマチに関しては、痛みはありませんが手首の可動性がほとんどなく、橈骨と尺骨の間隔が潰れてそれに応じて指の形も変でした。

グーパーをしてもらうと指の動き辛さが感じられます、手首をうごかしてもらってもほとんど動きません。とりあえず長野式のリウマチのツボは関元ですので、片手を仙骨、もう一方を関元に当て手首を動かしたりグーパーしてもらうと気のせいか少し動くとのこと。仙骨が柔らかくなるまでそのポジションを保ち、次に片方の肩甲骨のコリを誇張法で緩めると、また少しだけ指の動きが楽になります。そして循環を改善すべく前腕を雑巾絞り、そして誇張法で手根骨を一個ずつ動かしていきます。手首が変形しているため、探すのが結構大変でしたが、この辺だろうというところを一つずつ動かしていきます。反対側も同じことをしました。

3回目くらいの施術の時でしょうか、なんか手首の形がきれいになっている感じがしました。橈骨と尺骨の幅が狭まっていたのが広がった感じがします。左手のグーパーの動きは随分スムーズになりましたが、右手は薬指の力が入りません。手もあれだけヒンヤリした感じがなくなり温かくなってきました。ご本人も手の形が変わってきた気がするとおっしゃいます。

そこからさらに2回くらい施術すると患者さんご本人も、最近手が柔らかくなってきた、とのこと。左手首の変形はほとんどもうわからないようになりましたが、右手は改善はしたもののまだ変形しているな、という感じです。

なんだかんだこの変形に一番ダイレクトに影響したのは、手首の誇張法のような気がします。関元や肩甲骨内縁のコリほぐし、前腕の雑巾絞りは筋肉を緩め循環を改善させ、そこに一個ずつ手根骨を動かすことによって変形が改善してくれたのかもしれません。

久しぶりに手根骨を一個ずつ以前のように施術しましたが、あらためて基本の大事さと誇張法の効果の高さを実感した症例でした。

by kaiondo102 | 2016-04-22 00:08 | 臨床雑記 | Comments(2)

最近の症例から、

誇張法はやっばい良いな、という症例を少々

2週間に一度定期的に来院されている40代の女性、先日いらしたばかりなのに「今朝寝違えた、今日夜いってよいか?」とのことなので、来ていただきました。

首を前後と右に曲げたときに、右の首筋から肩にかけて痛みます。いつも通りうつ伏せで骨盤から背骨を整え、下頸椎から上頸椎が左にぐねっと曲がっているので、その部分を少し丁寧に施術します。この時点で一度座っていただきます。すると上と右を向くのは楽になったけど下向くとまだ痛い、とのこと。仰向けで寝ていただきますが、寝るまでの動作がつらそうです。

骨盤を整え、帯脈をゆるめ、肩を調整、頭を左右に回旋させると「イタッ」となるので、頸椎を軽く抑えながら頭を回旋させると左右「痛くない」。軽く頭を調整し座ってもらいます。でも腹筋の形で起き上がろうとすると途中でまだ首が「あたた」となります。座っていただいて頭を前に倒してもらうと、ずいぶんよくなったけどまだ軽く痛みが残る、とのこと。

もう一度仰向けに寝ていただき、仙骨の下に手を差し入れ反対は中極にあてるとしばらくすると仙骨がふわっとゆるんできますので、そこでもう一度起き上がっていただきますと、「あーらく」とのこと。座っていただいてもう一度頭を前に倒していただくと「痛くない!」

20代の男の子寝違いでお母さんからの紹介で来院しました。左右と上が痛くて向けないそうです。うつ伏せで骨盤、背骨を調整、あおむけで骨盤、帯脈、肩を調整、頭部を回旋させると左は大丈夫だけど右は首筋から肩にかけて痛みが走ります。仰向けで首を持ち上げるのは問題ないそうです。

頸椎に指を当て頭部を回旋させる技法を使っても右の首から肩への引き連れはほとんどとれません。

こういう時は座位だな、ということで座ってもらって、まずは痛みの確認をすると、あおむけでダメだった左右の回旋は座位では問題ありませんが、上を向くとまだズキっと痛みが走ります。そこで凸凹操作をします。へこんでいる大転子、浮肋骨、左肋骨に手を当てもう一度上を向いてもらうと、「大分よい」。最後にD3からC5くらいまで誇張法。特にC6,5が思いっきり変な感じがします。そこがきれいになったかな、というところでもう一度上を向くと「痛くない」。

2か月に一度くる50代の男性、その日は「2時間前にぎっくり腰になった」とのこと。前屈が出来ないのと、一番つらいのがしゃがんでから立つとき、右の腰が抜けそうになる、とのこと。

仰向けになるとずいぶん右半身が縮んでいる感じがします。右の腰椎のカーブがきついのが気になります。骨盤、背骨をいつも通り調整、特に足をてことして使いながらの誇張法+クラシカルの合わせ技を下部胸椎から仙椎まで少し丁寧行い、その状態で凸凹も行います。

仰向けになっていただくと、動いている間はちょっとつらいかな、とのこと。骨盤、帯脈、肩、頸椎、頭を操作、起き上がっていただくと前屈は楽だけど、屈伸は抜けそうな痛みはないけど、まだ右腰が痛むとのこと。

そこで座っていただき、凸凹。特に右の浮肋骨が気になるので、ちょっと丁寧に調整。もう一度立っていただき屈伸してもらうと、「痛くない」。

この時期、ぎっくり腰や寝違いがとても多いですが、この誇張法と凸凹に本当に助けられます。特に誇張法は初心者がやっても効果が高い素晴らしい技法であります。整形外科的な痛みには本当に即効性があります。実際私と一緒に勉強している仲間も誇張法の効果をとても感じてくれているそうです。こんな素晴らしい技法を遺してくださった斉藤先生には感謝感謝であると同時に、誇張法と出会えて本当に良かった、としみじみ思える今日この頃であります。

by kaiondo102 | 2016-04-11 00:44 | 臨床雑記 | Comments(0)