日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
たった40分で2キロやせ..
from 失敗しようがないダイエット特集
あなたの落ち込みも解消し..
from 「宇宙科学の法則」知花敏彦公..
エステティックを学ぶなら..
from 資格試験@合格情報館!【資格..
ecfxpqp
from ecfxpqp
こんにちは、いつもお世話..
from 漢方薬のホミカ薬品店
chart seatin..
from chart seating ..
loterie gree..
from loterie green ..
cruises from..
from cruises from g..
endless summ..
from endless summer..
child destin..
from child destineys
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


腕の痛み2例

最近腕の痛みで来院される方が多いので、最近の症例を2つほど。

2~3週に一度来院される40代の女性、本来はひどい肩こりや手術痕の引き攣れがひどかったことで来院されていましたが、その2つはほとんど改善しました。今回来院されたのは右肘から指にかけて痛むとのこと。何をしたわけでもないのに痛みがひどくなってきたそうです。

いつも通り骨盤から背骨を施術、あおむけで骨盤と左の肩を調整してからもう一度左膝に戻ります。左膝がかなり捻じれている感じがしたので、誇張法で膝の操作をしながら試しに右ひじを曲げ伸ばししていただくと「らく」。しばらく膝を調整、もう一度右ひじを曲げ伸ばししていただくと「痛くない」。ですが右手をグーパーするとずいぶん楽になるも、まだ痛みが残ります。右骨盤を調整、帯脈を丁寧にゆるめます。たいてい身体の痛みには帯脈の圧痛が強いので、どこを摘まんでも、押さえても痛くなくなるまで帯脈をゆるめます。

この時点でほとん右の肘から指にかけて痛みはなくなりました。後は軽く肩甲骨回りをゆるめ、頸椎と頭を施術して、もう一度腕をチェックしてもらったら「痛くなくなりました」。

50代前半の女性、最近そういう方が増えてきたのですが、親御さんの介護で身体をつかいまくり、今日は右上腕から右指まで痛むそうです。バックを右ひじにいつもかけているそうなのですが、それをやっていると右腕全体がジンジンしてくるそうです。

この方も同様に骨盤と背骨を調整、あおむけになっていただき骨盤と左肩を調整してからもう一度左膝に戻ります。この方の左膝はかなり捻じれている感じがしますので、誇張法でその捻じれを調整します。調整しながら右ひじを動かしていただくと、「あれ、痛みが減っている」とのこと。もう少し調整するとまたさらに右ひじは楽になるそうです。ですがグーパーすると五指の第二関節が痛むのと、前腕の一部にまだ痛みが残ります。

この方も帯脈の圧痛を丁寧にとり、もう一度動かしてもらうと、今度は第二関節はもう痛くなく、今度は拳のところの関節が痛むそうです。前腕の痛みはさっきより小さくなりました。

肩甲骨回りの圧痛をとると、拳の痛みは無くなり、前腕の痛みもほとんどなくなりました。もういいかな、と思い、いろいろ腕をあっちこっちに動かしていただくと、思い切り肘を曲げたときに肘のちょっと上の三頭筋のあたりが痛む、とおっしゃいますので、ニュー雑巾絞りで二頭筋と肘上の捻じれを絞りもう一度動かしてもらうと、「痛くない」。

次の週にお子さんのご予約をいただいたときに様子うかがうと、またいつものように腕を使って介護の色々をしていたら痛みだしてきたけど、痛みの度合いは10段階評価で2くらいとのことなので、怪しくなったら来てください、としました。

対角線上の相関関係はかなり使えます。患者さんも結構びっくりしてくれるので私も面白いです。また最近雑巾絞りに無理を感じ、年とっても使えるように変化させましたが、それでも効果があると分かった良い症例でした。
[PR]

by kaiondo102 | 2016-06-27 01:06 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(5)

座ってよし、立ってよし

最近ようやくやる気が出て気がします。この間ロンドンに行ってまたキャンベル先生にお会いして、いろいろ通訳させていただいて、また食事などの中で会話させていただきながら、なんとなく自分の至らなさを実感いたしまして、これからその課題に向き合っていこうと帰りの飛行機の中でジントニックを飲みながら思いました。

ということで、昨日面白いな、と思ったのが誇張法。勉強会の時のことですが、一緒に勉強している仲間が膝と足に痛みがあるとのこと。たまたまなんちゃってAKAの練習をしようということになっていましたので、それでどれだけその2つが改善するかやってみてもらいました。もう一人の仲間がその彼になんちゃってをやってみると大分膝と足の痛みが楽になりました。そこから膝の誇張法をやるとさらに膝の痛みと足の痛みが減ります。凸凹を行うと足の痛みがなくなるのでしばらくやってもらい、立ってもらいました。すると足の痛みは無くなりましたが、膝の痛みはまだ少し残るそうです。

座位で脊椎の誇張法を2回やってもらいましたが、膝の痛みはあんまり変わらないそうです。寝てある程度痛みがとれて、まだ立って痛みが残る場合には座位でやる、という私の施術の流れを説明させていただいたら、では立位でまだ膝の痛みが残っているのなら、立って誇張法をやってみよう、ということになり、立位で脊椎の誇張法をやってもらいました。するとあら不思議、膝の痛みがまったくなくなったそうです。膝を上げ下げしながら「誇張法おそるべし」とその膝と足の痛みの彼は言っていました。

もしかしたら座位でどうしてもとれなかったら今度は立位で凸凹や誇張法をやってみてもおもしろいな、と勉強会で大きなヒントをいただいた一日でありました。でもそのときは足をピタッと揃えた方が良いのでしょうか、あるいは肩幅に、または患者さんにお任せが良いのでしょうか?

いずれにせよ誇張法はやはり恐るべしであります。
[PR]

by kaiondo102 | 2016-06-21 00:21 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(2)