日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
私は長野先生のような治療..
by kaiondo102 at 08:46
先生のブログを読み、以前..
by Isiah at 23:56
ご教授ありがとうございます
by 鍼師 at 06:43
ユーチューブにlymph..
by kaiondo102 at 22:23
リンパポンプとはどのよう..
by 鍼師 at 12:00
こちらこそご無沙汰してお..
by kaiondo102 at 22:44
中野先生、ご無沙汰してお..
by キャンベル・ヨシハラ at 20:36
東洋医学は凄いですね
by kaiondo102 at 16:44
きっと先生のおっしゃる通..
by kaiondo102 at 16:44
リンパポンプは、半ば横隔..
by Isiah at 23:47
メモ帳
最新のトラックバック
broadway dan..
from broadway dance..
alfred chicken
from alfred chicken
Come and Pay..
from Come and Pay m..
anniversary ..
from anniversary in..
ipod cover
from ipod cover
cooper like ..
from cooper like lo..
subject verb..
from subject verb a..
long distanc..
from long distance ..
alta vista b..
from alta vista bab..
animated smi..
from animated smiley
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


立位の調整

82才のおばあちゃん、左の股関節の痛みで来院されました。痛くなったのは一年前くらいから。整形外科に行って治療を受けるも全然改善せず、大学病院に行ったら手術しかない、手術しても絶対に痛くなくなる保障もない、ということです。実はこのおばあちゃん、四国に住んでいらっしゃいます。息子さんが東京に住んでいますが、手術をしても四国まで世話しに行くことは出来ない、ということで「何とかなりますか?」ということで相談されました。とりあえず木曜日に東京に来て土曜日に帰るまで3日間、治るまで毎週来ますとのことなので、治んなかったら申し訳ないので、2~3週来てみてそれからご相談させてください、ということで施術することになりました。

いらっしゃるとまず歩くのが非常に困難みたいです。左足に体重がかかるとちょうど太腿の前面の付け根がズキッと痛み、歩くのが大変とのことです。また座ってから立ち上がる時にもズキッと痛みます。寝ていても座っていてもその太腿の前の部分がジンジン痛いそうです。治らなくてもよいから、悪くしないように、冒険しないように、と自分に言い聞かせ施術を始めました。

うつ伏せでいつも通り骨盤、背骨を調整します。左足の膝を直角に曲げ外側に開いていこうとすると「あたた」。ムリにそこは改善しようとせず、仰向けで骨盤、帯脈を調整するも足がジンジンしてきます。膝の下にクッションを入れると少し楽。このジンジンを何とか止めるべく、膝の誇張法を行うも「ジンジンする」。こういう時は股関節の誇張法が効くのでそれをやっていると「先生、それ気持ちよいですわ~」とのこと。足を治療台の上に降ろしてみるとまだジンジンしますが、さっきより良いそうです。

とりあえずまず座っていただき、ゆっくり立ってもらいます。まず立った時の痛みが随分楽とのことです。そこから一歩左足を踏み出してもらうと「あたた」。もう一度座っていただき、凸凹調整からもう一度立って一歩踏み出すと「少し楽」。今度はS2からD10くらいまで誇張法で調整、また一歩踏み出すと「痛いけどさっきよりさらに楽」。そこで立っていただき、大転子の所に手を当て立位で凸凹調整、すると手を当てているだけなのに「ポキン」という音がしました。そこでまた足を踏み出してもらうと「随分いい」。もう一度立位で大転子を凸凹をし、一日目はそれで終わりにしました。施術室から待合まで歩く時は随分スピードも出て痛みも減ったそうです。息子さんも「良さそうだね」とのこと。

2日目に来てもらうと前日が痛みを10とすると8くらいになったそうです。夜も痛み止めを飲まなかったそうです。一週目三日施術し、次の週にいらっしゃった時は「あんまり変わらない」とおっしゃっていましたが、三日終わるとやはり楽になり、一週おいて来てくださった時はそれまでは随分楽だった、と嬉しそうにおっしゃっていただけました。次はお盆明けにいらっしゃるそうです。

やはり立位で痛い時は立位で調整すると良いのかもしれません。

50代の女性は種子骨炎かなとのことで足の親指の裏が床に着くと痛いそうです。この方も調整して一度立っていただくと施術前よりは楽になっていますが、まだ痛いとおっしゃるので立位で凸凹をします。すると「痛くない」。

ぎっくり腰の方、前屈後屈どちらもダメですが、座位の調整後前屈はすごいスムーズになりましたが、まだ後屈に少し痛みが残るそうです。この方も同様に立位で大転子の凸凹をすると、スムーズに後屈が出来るようになりました。

大転子に手を当てているとそれまで前後にずれている大転子の位置がすーっと左右平行に戻る感じがします。戻ったところで手を離して動いてもらうと痛みが随分軽くなっているようです。

この立位の調整は私が一応主催している勉強会の中で、一緒に勉強している先生が発見したものです。教えることは学ぶこと、とよく言いますが、とても良い操作法を教えていただいたようです。
[PR]

by kaiondo102 | 2016-07-28 00:06 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(4)

指と経絡

全然関係ない所を触って、症状変化させるは経絡を使った施術の醍醐味であります。先週色々実験したのは手足の指と経絡の関係を考えた操作です。

長野式には気水穴処置というのがあります。これは経絡線上に痛みや可動制限といった何等かの不調がある時、その経絡線の火穴の圧痛を水穴と気穴を刺激することによって火穴の圧痛をとることが出来れば、同時にその経絡線上の不調も改善する、という処置です。以前はこれを火穴の圧痛を消してやっておりましたが、経絡線上の指の捻じれをとってみたらどうかな、と思ってやってみますと、どうやら効果があるようです。

40代後半女性ですが、強い不安感が主訴でいらっしゃいました。2回目の施術の時、最近左の肩が痛むとのこと。いつも通り背骨と骨盤、帯脈を整え左の肩を診てみます。万歳と肘を直角にして頭の方に手首を倒していくと途中で痛っとなります。とりあえず肩甲骨の回りの圧痛をとるとさっきより随分動くようになります。でもまだ痛むので、どこが痛いですか?と伺うとこの辺といって肩の真ん中あたり、ちょうど三焦経の辺りを指します。そこで手の薬指を捩じりやすい方に捩じってみます。左右均等に捻じれる所でもう一度肩を動かしてもらうと、まだ痛い。あれ?と思いもう一度どの辺が痛い、と伺うと今度は肩の後ろ、小腸経の辺りを指します。そこで今度は小指を捩じります。動きが揃った所でもう一度肩を動かしていただくと「痛くない」。座っていただいて肩を好きに動かしていただくと「痛くない」。

また筋緊張緩和処置というのがあります。これは痛みや緊張側の逆側の三焦経と胆経から二穴(外関・臨丘、上四瀆・丘噓)に鍼をすると詳しいことは忘れましたが脳に作用して逆側の筋肉が緩む、という方法です。これに関しては、手足の指を同時に捩じることは出来ませんので、一本の指だけ捩じる方法でやってみました。

20歳の男の子、寝違えたということで来院しました。この子もいつも通り骨盤と背骨、帯脈を整え、肩関節を操作したところで頭を持ち上げてもらいました。すると左の首筋かた肩まで痛むとのこと。そこで右足の薬指を捩じりやすい方に捩じってからもう一度頭を持ち上げてもらうと、「痛くない」。頭と首を操作、座ってもらいます。首を動かしてもらうと施術の前は前屈、後屈、左回旋、左側屈がダメだったのが前屈したときだけ少し左の首筋が痛むと言います。最後に凸凹で調整すると「痛くない」。

20代前半の女の子、その日は生理二日目で腰とお腹が痛いとのこと。腰方形筋と臀部の圧痛をゆるめ、背骨、骨盤、帯脈、肩、首、頭といつも通りのルーティンの後「どう?」と聞くと、腰は楽だけどお腹がまだ張っているとのこと。婦人科には三陰交ですので、まず腎経の脚の小指を捩じります。しばらくして「どう?」と聞くと「すーっとしてきました」とのこと。しばらくやりますがほんの少し張りが残るとのこと。そこで肝経と脾経の足の親指を捩じると「痛くなくなりました」とのことでした。

先週は指週間ということで、他にも喉の痛み、咳、腰の痛みで試してみましたが、かなり指をひねるだけでいけるようです。ツボを探せなくても、指をひねるだけで十分ツボの操作の代用になるようです。

大学を卒業してサラリーマン生活2年目を過ぎた頃、自らの未熟さからのストレスと連日の酒席のおかげで、アトピー性皮膚炎が大爆発したことがありました。頭の先から足までアトピーでどろどろになり、外出することも出来ず数か月間、上司の計らいで自宅勤務にしてもらいました。ステロイドはもう使いたくなかった自分は、鍼灸の治療を受ける傍ら、自宅で出来ることはないか、ということでたまたまカミさんが買ってくれ来てくれたのが「足心道」、専門的に言うと「柴田式観指法」といって均整法にも大きな影響を与えた療術の本でした。その本の言うとおり足の指をぐるぐる回し、足の裏をよく指圧しました。するとすーっとお腹がすっきりした感じがしました。きっと不平不満と暴飲暴食で内臓の働きが落ちていたのでしょう。それがふっと動く感じがしました。

先週、患者さんの指を捻りながらまたそんな昔の事を思い出してしまいました。
[PR]

by kaiondo102 | 2016-07-19 01:14 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(0)

18年目です

ここ10年くらいほぼ週一で来て下さる今は50代前半の女性がいらっしゃいます。初診はめまい、ひどいめまいで入院して退院するもまだフラフラするということでした。めまいの症状はとれ、それ以来ずーっと来て下さっています。

この10年間、色々ありました。毎週来るたびにまず背中全体の凝りを訴えます。右の膝が痛い時もありました。胃の調子が悪いときもありましたし、ぎっくり腰みたいになった時もあります。ここ数か月間は左の首筋から左手の先までのしびれと痛みを訴えていました。そういった症状はなかなかとれないものの、一回施術をすると重い身体も軽くなり、施術所から駅まで足取りも軽くなり、背中も4~5日楽になるということなので来て下さっておりました。

だいたい何か調子が悪いことがありますと、それが解消するまでだいたい数か月かかります。今回の左首から手先までの不調はようやくズキッとならなくなるまで3か月くらいかかったのではないでしょうか。そんな左手の不調が軽くなってきた先日、朝起きると下着に右胸から出た膿と血の混ざっているようなのがこびりついているとのこと。びっくりして病院に行ってみると精密検査となり乳がんと診断されました。いやはや参りました。10年もの間、毎週のように来て下さっていたのに結局ガンです。いったい自分は何やっているのかな・・・とがっくりきました。東洋医学は未病を治す、と言いますが、私は本当にまだまだということを改めて思い知らされました。

この7月で開業18年目を無事迎えることが出来ました。開業した頃は10年もこの道でやっていけば相当な上手くなっているだろうと夢想しておりました。そして20年もやっていければ患者さんの身体も手に取るようにわかり、大病を小病に、小病を無病に出来ているのでは、と妄想しておりました。

ところが18年目の今、相変わらずそんなことが全く出来ていない自分がいます。確かに以前よりは患者さんの訴えにある程度対処出来るようになりました。軽い身体の痛みや不調でしたら何とか少しは楽にしてあげられるようになりました。ですが、東洋医学の神髄である未病を治す、ということは全く出来ていません。何か調子が悪ければその症状を軽減させる、また次に症状が出ればそれに対処する、と常に後手後手に回っている感じがします。モグラたたきをしているのと同じだなぁ、とここ一年くらいずーっと感じておりました。

身体の歪みが整えば、身体は良くなるはず、圧痛や凝りがほぐれれば、関節の動きが整えば、という感じで均整-長野式-誇張法と学び続け、患者さんの身体の指標となるものを改善させていけば、それに応じて症状をとれ、身体の本質も整えることが出来、さらには未病を治すことも可能になるのでは、と思ってここまでやってまいりました。しかしそれがある程度出来るようになった今、それだけではどうやら全く患者さんの身体の本質には迫っていないことが分かってしまいました。

本当だったら今年で18年目!!!なんて楽しくやりたいのですが、今年は無理そうです。
[PR]

by kaiondo102 | 2016-07-10 16:29 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(4)

人生捨てたもんじゃない

以前書かせていただいた虚言癖の女の子、高校を卒業して専門学校にあがりました。専門学校に行ってから約3か月、ふと彼女の話の内容が変わってきているのに気が付きました。

以前であれば、絶対にそんなことはないだろう、という話を15分くらいの施術の間ほとんどしていました。そんなウソの話を聞くのも本当にきつく、それでも話を終えた後は楽しそうに帰ってくれるので、頑張って聞き続けておりました。

しかし、ここ一か月ほど何か話に整合性が出てきています。明らかにウソと分かるようなな話は無くなり、いつもだったら話の流れからウソの話にいくかな、という時も脱線せずに多分事実であろう話がずーっと続きます。あれ~と思いながら、違う日にいらっしゃっているお母さんに「最近虚言が無いんですが、ご自宅ではどうですか?」と伺ってみると、ここ1年くらい家でとんでもない話はしなくなり、しっかりと受け答えが出来るように変わってきてくれた、とご主人と喜んでいたそうです。

中学時代に最愛のおばあちゃんを亡くし、学校ではずーっといじめられ、友だちも多分ほとんどいない人生を送っています。きっと物凄い孤独なんだと思います。施術をしていると何となく私の手にその寂しさが伝わってくる感じがします。その孤独に耐え、何とか生き抜いていく一つの手段が我々周りの大人たちに話し続ける虚言だったのかもしれません。

私事で申し訳ありませんが、私も小学校高学年から中学校までかなり孤独な人生を送っておりました。友達なぞほとんどおらず、中学校に入ってつるむ仲間は出来ましたが、何とかそのグループに入れてもらっているような存在でした。週末に遊ぶ相手もおらずいつも一人でした。勉強も出来ず先生からも親からもあまり相手にされず見捨てられた気分でした。何とか認めてもらいたい、仲良くなりたいと必死でしたが、人とどう付き合ってよいか分からず、空回りする毎日だったことを記憶しています。

そんな日々が何年か続いておりましたが、高校一年の夏休み、アメリカに行く前に英会話学校の夏期講習に行くことになりました。孤独な時間を全て英語にぶつけたせいか、大人ばかりの高いレベルのクラスに入れてもらいました。高校生なのに英語が出来たお陰で社会人から大学生までといったクラスメートから珍しがられ色々話しかけてもらい、ビアガーデンに連れて行ってもらったり、と初めて人として認めてもらった感じがします。皆大人なので私も自分を大きく見せようとする必要なく、初めて人と交わることが楽しいと思え、生きることも悪くないかもしれない、と視界がパッと開けたことを良く覚えております。

クラシカルオステオパシーのキャンベル先生は講義の中で、家庭に問題を抱え、両親と上手くやれない十代の子供たちを治療するときに、「少なくともまともで信頼できる大人が一人ここにいる」ということを伝えるつもりでそういった患者と付き合え、とよくおっしゃられます。その言葉を通訳しながら「そうだよな!!!」という喜びを感じたのと同時に、過去の自分の英会話学校での嬉しかったその経験が蘇ってきたことがありました。

高校生まで自分の経験はあまりにも暗く孤独であったため、違う両親から生まれたかったとずーっと思っておりました。しかしあの孤独な時間に耐え、そして英会話学校で初めて教師や両親以外の大人との交流で何か開けた経験があったからこそ、どうにかその女の子の虚言に対しても、ここで彼女の話を聞けるのは自分しかいない、と気合をいれることで何とか聞き続けることが出来ました。そしてそれが彼女の虚言癖の変化にささやかな貢献したのかもしれません。


私の施術所に来る子供たちは、ご両親と上手くいってない子が少なくありません。そんな子たちに、生きていくのも悪くないよ、と感じてもらえるように少しでもまともなおっさんになっていきたい、と彼女の虚言の変化を見ながら改めて思わされました。
[PR]

by kaiondo102 | 2016-07-04 19:45 | 臨床雑記 | Trackback | Comments(4)