日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
たった40分で2キロやせ..
from 失敗しようがないダイエット特集
あなたの落ち込みも解消し..
from 「宇宙科学の法則」知花敏彦公..
エステティックを学ぶなら..
from 資格試験@合格情報館!【資格..
ecfxpqp
from ecfxpqp
こんにちは、いつもお世話..
from 漢方薬のホミカ薬品店
chart seatin..
from chart seating ..
loterie gree..
from loterie green ..
cruises from..
from cruises from g..
endless summ..
from endless summer..
child destin..
from child destineys
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


腎ー喉ー然谷

この秋は非常に風邪を引いて来院される方が多く、私も楽しく施術させていただいておりました。こういった手技や鍼灸による風邪の施術は、もちろん一回ですっきり風邪が治るということはありませんが、患者さんは確実に身体が良い方に変化しているのを実感されるそうです。だいたいその場で喉の痛みや鼻水、咳といった症状は確実に減りますし、薬を飲んで熱は下がったけど身体がだるい、なんて方にもうってつけであります。

その中で最近面白いな、と思うのは喉の痛みに対するツボの効果です。

以前は臂臑をいうツボをよく使っておりました。これは昭和の名灸師、深谷伊三郎先生が喉の痛みに効果があると発見されたツボであります。ですがこの秋はふと然谷を使ってみましたところ、大変効果的でありましたので、ここの所多用させていただいております。

然谷は腎経の火穴です。長野式では腎経上に何か炎症や痛みといった症状があったら然谷に圧痛があり、それを復溜と陰谷というツボでその圧痛を消していきます。ですが手でやるときは直接、然谷の圧痛を消してあげても効果があるようです。

然谷はちょうど土踏まずのところにあるツボです。松本先生はここを押すのではなく擦るような感じで触診します。ということはかなりツボの大きさとしては広いのかもしれません。親指二本分から三本分くらいに広いことがあるように思います。

まず患者さんに喉の痛みを感じてもらいます。何もしなくても痛いか、つばを飲むとさらに痛いかを伺います。次に私は拇指に一番近い所をぐっと押さえてみて圧痛があればそこからとっていきます。とりかたは皮膚に自分の親指を皮下組織の水圧を圧迫する感じで圧定します。しばらくそのままにしておいて(5~6秒)もう一度ぐっとそこを押さえてみます。するとうまくいけばかなり圧痛が減っているはず。そのまままた同じような圧で圧定します。また5~6秒経ったころにぐっと押さえると然谷の圧痛が無くなっているか、さらに減っているはずです。まだ痛みがあれば無くなるまで続けます。ここで一度患者さんに喉の具合を聞いてみてください。きっと楽になったとおっしゃられるはずです。さらに指一本分かかとの方に移動して然谷の圧痛を確認し、圧痛があればまた同様にそれをとっていきます。だいたい指2本、ないし3本分の圧痛をしっかりとると喉の痛みが大幅に軽減、あるいはその時点ではゼロになります。

勿論、然谷の圧痛取りに自信がない場合には足の小趾を捩じりやすい方に捩じってみて喉の痛みが変われば、それでも良いかもしれません。腎経は足底の湧泉というツボから始まりますが、実は足の小趾の内側から本当に始まる、という説もあります。ですから足の小趾を捩じっても腎経に刺激が行き、喉の痛みに変化が感じられるのでしょうか。

最近はお腹や背中の圧痛をとるよりも、手足のツボを使ったほうが内臓への影響が大きいように感じます。やはり経絡治療でいう五行穴が重要だというのは本当なのかもしれない、と強く実感します。

先日、フォッサム先生のモダンなオステオパシーの通訳をして、解剖生理と最新研究に基づいたその最先端度合に感動しましたが、やはりこの古臭いけどものすごく効果のある経穴も良いな、とあらためて思います。

でも手技でツボを積極的に使っている先生って、一体どのくらいいらっしゃるのでしょうか???



[PR]

by kaiondo102 | 2016-11-25 00:49 | Trackback | Comments(2)

フォッサム先生セミナー終了!

先週末、本当に開催できるか不明だったJACOの国際セミナーが無事開催され、大成功の裡に終わりました。今回の先生はいつものクラシカルの先生ではなく、先日も書きましたノルウェーのクリスチャンフォッサム先生。ヨーロピアンスクールオブオステオパシーの副校長、カークスビルでの研究教育臨床に携わり、現在ではノルウェーのオステオパシー大学で准教授をされております。その大学でも研究教育と臨床に携わりながらヨーロッパからアメリカまで、セミナーであちこち引っ張りだこの今最も売れているオステオパスの一人なのかもしれません。


ESO
の副校長をやっているときにそのすぐ近くにワーナム先生の大学があったため、時折訪れてはワーナム先生とよくランチをされていたそうです。それだけでなくロバートフルフォードを始めとするアメリカの有名なオステオパスはほとんど逢ったことのある、オステオパシーの全てを知るのではないか、という物凄い先生であります。


今回のセミナーではオステオパシーの哲学と歴史から話が始まり、呼吸と循環を基本としジンクの筋膜理論というのを使いながら、4つの隔膜の診断、そこから導き出される治療法、それぞれの隔膜へのアプローチ、リンパの解剖・治療などなど、
3日間で講義も実技もみっちりとやってくださいました。


とにかくすごかったです。オステオパシーだけでなく解剖生理も含め、答えられないことがありません。私が合間に個人的に疑問に思っていることを質問すると、その答えと共に、「この本を読んでみると良いよ」とか、「それは論文があるからあげるよ」と参考資料まで教えてくれます。膨大な知識が頭の中に入っています。オステオパシーの成り立ちはその当時のアメリカの歴史を参考にしながら、ご自身の考えも併せお話されておりました。その時には必ず年号つきです。オステオパシーの歴史だけではありません、講義の時にはその事柄が発表された年と論文作成者の名前が時系列で内容も含め出てきます。それも資料を見ることなしにです。頸部と神経、脳の解剖学的繋がりについても、さーっと板書してがーっと説明していきます。それがまた滅茶苦茶分かりやすいのです。オステオパシーの技法が解剖学的にも生理学的にもどのような作用を身体にもたらしているかとてもイメージしやすい講義をしてくださいます。


実技の時間も沢山ありました。骨盤から脊椎、胸郭出口へのスティルテクニック、頸椎、頭蓋底の治療、リンパへのアプローチ、腹部への治療法などなど色々なテクニックを披露してくださいました。講義と同様、実技も大変わかりやすく解説してくださいます。さらにその前の講義で十分詳しく解剖生理を説明してくださっているため、テクニックのイメージが大変しやすかったです。


さらにはとても熱心です。質問したことには一生懸命答えてくださり、実技の時は時間が許せば一人ずつちゃんと触ってくれます。途中で会長への治療が突然始まったり、最後はしっかりとデモ治療を見せてくださり、手抜きは一切なしの
3日間でありました。


英語のスピードも早く、微妙にノルウェー訛りが入る為、私の耳に慣れるまで少々大変でした。また、一応用意はしたつもりだったのですが、それでもまだまだ知らない解剖用語が出てきて訳に苦労しましたが、先生の講義の進め方が非常に良い為とても通訳がしやすかったです。


予想いじよ素晴らしい内容でしたので、参加者の先生方からもフォッサム先生をまた呼んでほしいというリクエストがありました。理事の面々も同意見でしたので交渉してみたところ、是非また来日したいということになりました。今後のテーマは色々ありましたが、覚えている所では全体治療、局所治療、発生学と筋膜、頸椎とアジャストなどなどオステオパシーのありとあらゆる領域を網羅した内容でした。さらには先生が実力、人格ともに兼ね備えている臨床経験
46年の手技だけでやっているアメリカのオステオパスまでご紹介くださいました。


今後、日本クラシカルオステオパシー協会がどのように変貌していくか分かりませんが、もしかしたらクラシカルもモダンも臨床、学術両面最高峰のオステオパスから両方学べる協会になるのかもしれません。


いやあ楽しみです!!


[PR]

by kaiondo102 | 2016-11-17 01:07 | セミナー 海外 通訳 | Trackback | Comments(2)

クラシカルオステオパシー東京ファンデーションコース

どなたか関東近辺でクラシカルオステオパシーを学びたい、という方はいらっしゃるでしょうか?またはクラシカルを一度は学びながら、なんだかよく分らなくて折角学んだのにほとんど使っていない、だけどもう一度学びなおしてみたい、なんて先生はいらっしゃるでしょうか?

私が通訳をさせていただいている日本クラシカルオステオパシー協会はこれまでずっと関西を中心に講習会を開いておりました。ですが来年、2017年は東京でもファンデーションコースといってクラシカルの基礎の基礎を学べるコースが開催されることになりました。1月から5月まで、ひと月に2日×5回の計10回で終了するコースとなっております(過去にファンデーションコースを修了された先生は、全部出席する必要はありません)。

オステオパシー及びクラシカルオステオパシーの歴史から、身体力学やオステオパシーセンター、骨盤、頸椎、リンパなどなどクラシカル特有の哲学と身体観に加え、トータルボディアジャストメントという約20分で全身を調整する技法を学んでいきます。

私も開催場所が地元の大井町ということなので、10回の内今のところ3回ほど講師としてのお役目を仰せつかっております。

クラシカルオステオパシーを学んでみたいけど、どんなんだろう?という皆様は現在日本クラシカルオステオパシー協会のフェイスブックページで以前私がこのブログに書きました「クラシカルオステオパシーのススメ」という記事を少し変えて掲載しております。また、詳しい日程や講義内容は協会のホームページに載っております。ぜひ、そちらをお読みくださって一緒にクラシカルを学んでいければ、と切に希望しております。



[PR]

by kaiondo102 | 2016-11-02 00:09 | セミナーのお知らせ | Trackback | Comments(0)