人気ブログランキング |

日々、治療雑感


均整法、長野式、オステオパシーを学び開業している一治療家の雑感
by kaiondo102
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
home interio..
from home interior ..
myspace anim..
from myspace anime ..
attraction f..
from attraction fatal
antioch apar..
from antioch apartm..
himno nacion..
from himno nacional..
cell phone a..
from cell phone ant..
addiction dr..
from addiction drug..
gourmet hous..
from gourmet housew..
canada downl..
from canada downloa..
lock make pi..
from lock make pick..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2018年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧


ムズムズ足症候群

最近、ブログを書くのが億劫、と言いますか20年やっていても相変わらず人の身体一つ分からないヘボ治療家が治った、治らなかった、なんて症例を書いて何の役に立つのだろうか、と思い正直もう終了しようかと思っておりました。が仲間から「こんなブログは他に無いから続けろ」と熱く?語っていただきましたので、今までためていた症例をまた少しずつ書いていこうと思います。

一番初めにムズムズ脚症候群を訴える方を見たのは今から10年前くらいでしょうか。今でもご夫婦で月一で通ってくださる方のご主人が高校生くらいの時から20年近く右ひざのムズムズ感に悩まされておりました。会社の会議や床屋などで一定時間座らなければならない時、右ひざのお皿の後ろがムズムズし始めどうしようもなくなる、とのこと。寝ていてもムズムズが始まる時があり、ストレッチで良くなる時もあれば、それだけでもダメで夜中に1人で散歩にいくこともあったそうです。

その方に対して誇張法的に膝を操作すると急にムズムズが始まり、何をやってもダメで施術を途中で中断したことがありました。2回目の時に誇張法的にじーっとしている施術ではなく、クラシカルのルーティンの脚の回旋技法を行い始めるとすっとムズムズが溶け、何回かクラシカルで施術するとムズムズに悩まされなくなり、それから10年経った今では全然ムズムズは出てこなくなっています。

また30代の女性は確か左半身が施術ベッドの上に寝ているとムズムズしてくる、と訴えられたこともありました。ちなみに夜寝ていてもムズムズすることがあるとのことでした。この方にもクラシカルのルーティンを右半身から行うと、必ずムズムズが解消し数回の施術で左半身ムズムズ症候群から解放されたこともありました。

上記のお二人は実際の施術中にムズムズを訴えられたケースですが、最近来られたお二人の方は夜寝ている時にムズムズして寝れない、とのことで施術をさせていただきました。

1人は40代後半の女性、今から10数年前に不妊で来院されていた方です。無事妊娠、ご出産されて娘さんが10歳になったときに娘さんの不調とご自身のぎっくり腰でまた来院され始めました。ぎっくり腰は数回の施術で良くなりましたが、その時に実は鼠径部から太腿の前が良くムズムズして眠れなくなる時がある、とおっしゃられました。やはり眠れなくて夜一人で起きてストレッチをすることも度々だそうです。

いつも通り背骨と骨盤、帯脈を施術して鼠径部を押さえると強い圧痛がありましたので、そこを中封を押さえて緩めます。太腿の前面の鼠径部に近い所を手のひらで押さえるとここにも強い圧痛がありました。足三里を押さえるとその圧痛が無くなりました。

何回か施術したら「最近はムズムズしません」とのこと。その施術をしてから半年くらい現在では経ちますが、それいらいムズムズには悩まされていないそうです。

次は60代女性、両方のふくらはぎがムズムズします。この方はふくらはぎを私の手のひらでがばっと摘まみますと痛みます。そこで脾兪を押さえるとふくらはぎの痛みが消えますので、ひざ下からアキレス腱のところまで痛い所を全部緩めました。すると一回目の施術の後からムズムズすることは無くなり、週一の施術をそれから2回しましたが、その間ムズムズに悩まされた夜中に起きて体操することはありませんでした。

このムズムズ脚ですが、wikiをみますとまだはっきりとした原因が分かっていないそうです。一応神経伝達物質の低下、中枢神経における異常、神経の異常、遺伝がその原因ではないか、とされていますがまだはっきりとしてはいないそうです。

まだ4例だけですが、そのムズムズでる所の圧痛をとったり、身体を動かしてあげることで消えましたので、もちろん深刻な病気のせいでなっている方もいらっしゃると思いますが、ほとんどは筋骨格系の異常なのかな?凝りを解せばかなりの確率で良くなるのかな、と少ない症例ですがそう思い、ご報告させていただきました。


by kaiondo102 | 2018-04-26 23:29 | 臨床雑記 | Comments(2)

最も良いオステオパシーの治療とは

定期的に来てくださる患者さんとは本当に長いお付き合いになることがあります。そうすると色々な人生模様を伺います。人生とはままならないもので、何でそこまで不運が続くのだろう、こんなに真面目に生きているのに何でこの患者さんがそんな目に逢わなければならないのか、真剣に私自身が考えてしまうこともあります。

病気で高校時代を棒に振り、何とかは入れた大学はこれまた病気との闘い。いわゆる青春時代は送れず、また病気のせいでまともな就職活動は出来ず、自分で芸術関係の仕事をすることに。少しずつ体調は改善してきましたが、その間は世間でいるプータローのような状態。病気がなんとか良くなった所でようやく得た芸術関係の仕事。本人もようやくこれから、という状態が数年続いたところで、あと数か月に打ち切りに。もちろんその後の事はまったく目途がなく、また一からやり直しです。

両親とも不仲で子供の時からヒンヤリした家庭環境。だれにも相談することが出来ず、ひとりぼっちです。折れそうな心で何とか残り数か月の仕事をこなさなければなりません。そしてその仕事が終わったら、その心はどうなってしまうのでしょうか?

こんな患者さんに私は何と言ったらよいのでしょうか?どうその折れそうな心を支えていったらよいのでしょうか?そもそも何故、こんな目に逢わなければならないのでしょうか?神様は本人が乗り越えられない試練は与えない、禍福はあざなえるが縄の如し、なんて良く言われますが、そんな励ましなんてその患者さんの10数年を知っている私は口が裂けても言えません。

そんな人生の歯車が狂いまくっている患者に出来ることは私にはありません。只、ポツリポツリと出てくる言葉に耳を傾け手を当てるだけです。そんな時ふと”the best osteopahthic treatment consists solely of embrace and caress"というジョンワーナム先生のお言葉が頭に浮かびます。ですが果たして自分がそれをどの程度出来ているのでしょうか??




by kaiondo102 | 2018-04-06 23:08 | Comments(2)